こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「自社の商品の品質に自信はあるのですが、なかなか認知してもらえず、売り上げにつながりません。どうしたらいいでしょうか?」

確かに自社の商品やサービスの認知度が上がらないせいで購入してもらえないというのは歯がゆいですよね。

そこで今回は、ブランディング動画とは何か、どのようなメリットがあるのかについて、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでブランディング動画について一通り理解し、自社の商品やサービスの認知度のアップにつなげることができます。

ブランディング動画の制作

映像制作会社に依頼するのがベスト

結論から言うと、ブランディング動画は社内で制作するよりも、プロである映像制作会社に依頼する方がよいです。

その理由として、社内でブランディング動画を制作しようとすると、人的コストがかかる上に、ノウハウがないことによるタイムロスが多くなってしまうなどが挙げられます。

このような理由から、ブランディング動画の訴求点や着地点を明確にし、それを映像制作会社に伝えて制作してもらう方が失敗しないやり方であるといえます。

ブランディング動画の概要

「ブランディング動画って何?」という方のために説明すると、自社の商品やサービスの価値を伝える方法として最も適しているものです。

動画だと、画像や文字だけでは伝えきれない情報を組み込むことができます。

たった1分間の動画で、WEBページ3600ページ分の情報量と同等と言われており、どれだけ膨大な情報を含んでいるのかということを理解していただけると思います。

情報量を多くすることで、動画の視聴者が商品やサービスについて深く理解し、信頼することに繋がります。

このブランディング動画の特徴として、商品の売り上げを直接の目的としていないということが挙げられます。

商品の売り上げを目的とするPR動画についてはPR動画の作り方をわかりやすく解説!をご覧ください。

それでは、どのような場面で効果を発揮するのかといった事や、どんなメリットがあるのかということを解説していきます。

ブランディング動画が効果を発揮する場面

自社サイトやメディアでの商品やサービスの紹介

自社の商品やサービスを紹介したいというときにブランディング動画は大きな効果を発揮します。

下の動画をご覧ください。

株式会社KNOCKが制作を担当した、トモエ商事株式会社様の靴のブランディング動画。

画像でも魅力を伝えることは可能ですが、視覚と聴覚に訴える動画の方がより多くの情報を得ることができるということをお分かりいただけると思います。

このように、商品やサービスの魅力を豊富な情報量の動画によって伝えることで、文字や画像だけでは伝わらなかったことを伝えることができるようになり、認知度アップやブランド力の向上といった効果を実感することができます。

テレビCM

多くの人が視聴するテレビCMも効果を発揮する場面の一つです。

何気なく見ているという人がほとんどのため、直接コンバージョンにつながるといったようなことはありませんが、多くの人に商品やサービスを認知してもらうことが可能です。

逆に言うと、多くの人が見ているため、ブランドイメージを下げるなどの逆効果になってしまうことのないように気を付ける必要があります。

テレビCMについてもっと詳しく知りたい方は、CM出稿はそこまで難しくない?TVCMの費用について解説!をご覧ください。

動画広告

YouTubeやInstagram、Twitterなどに出稿されている動画広告なども、ブランディング動画の効果を発揮できる一例です。

ただ、こうしたアプリにおける広告は視聴者が邪魔だと感じてしまい、こちらも逆効果になってしまう恐れがあるため、出稿する頻度や内容をしっかりと吟味するようにしましょう。

ブランディング動画のメリット

1.自社の商品やサービスの認知度を上げることができる

これはブランディング動画の目的でもあるのですが、商品やサービスについて紹介することで認知度をアップさせ、最終的にはその企業によいイメージを持ってもらうことに繋がるということが大きなメリットであるといえます。

また、どんなにその商品が良いものでもその魅力をペルソナに伝えることができなければ購入してもらうことはできません。

余すことなく商品・サービスの魅力、ひいては企業の魅力を伝えきるためにもブランディング動画を上手く活用できるようにしましょう。

2.視覚と聴覚の両方に訴えかけることができる

文字や画像などで商品・サービスを紹介する場合、ペルソナの視覚のみに訴えかけることになりますが、動画の場合は視覚に加えて聴覚にも訴えかけることができます。

これにより伝えられる情報量が圧倒的に多くなり、ブランディングの効果を最大限高めることが可能となります。

ブランディング動画の事例紹介

ここまでブランディング動画について解説してきました。

そこで、より具体的にブランディング動画というものを理解していただくために、弊社が制作した動画をいくつかご紹介します。

・灯-mawali 様「防災-灯-mawaliブランディング動画」

株式会社KNOCKが制作を担当した、灯-mawali 様のブランディング動画。

・ザ・プリンスパークタワー東京様「〜NewYorkers X’mas〜ブランディング動画」

株式会社KNOCKが制作を担当した、ザ・プリンスパークタワー東京様のブランディング動画。

・フルーツギャザリング様「彼氏から彼女へのサプライズプレゼント」ブランディング動画

株式会社KNOCKが制作を担当した、フルーツギャザリング様のブランディング動画。

ブランディング動画を活用しよう

今回はブランディング動画について解説しました。

この記事を参考にブランディング動画を制作し、企業のイメージアップや認知度の向上を目指しましょう!

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、数多くの企業様の映像関連の仕事のお手伝い等々をさせて頂いております。

動画・映像制作についてご検討されてる方は、ぜひお問い合わせください!

記事に関するご不明点や、映像に関するご相談、さらには無料のお見積り等も承っております。