こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

今回は、YouTubeオーディオライブラリーについて、 動画マーケティング部が紹介します。

オーディオライブラリーを活用できていない、YouTube運用における音源に関して困っているという方は是非ご覧ください!

現在KNOCKでは、カメラマン兼動画ディレクター職美容関連のPR職の募集を行なっています。

YouTubeマーケティングに興味のある方、インフルエンサーのマネジメントに興味のある方などはぜひご覧ください!

カメラマン兼動画ディレクター職に関してはこちら

美容関連PR職に関してはこちら

YouTubeオーディオライブラリーとは

YouTubeのオーディオライブラリーとはYouTubeの提供する、BGMや効果音などの音源を無料でダウンロードできるサービスです。

YouTubeにログインしている状態であれば誰でも使うことができ、ダウンロードした音源を丸ごと動画に使用することも、カット等の編集をして部分的に使用することもできます。

詳しいことは後ほどのメリットの部分で紹介しますが、無料であるにもかかわらず音源の種類、クオリティともに十分なレベルで、活用しない手はない便利なツールと言えるでしょう。

実際、有名YouTuberや企業の公式のチャンネルなどでも多く活用されています。

YouTubeオーディオライブラリーを活用するメリット

では、YouTubeオーディオライブラリーを活用するメリットを3点紹介します。

著作権に関する心配が不要

1点目は著作権に関する心配が不要である点です。

YouTubeオーディオライブラリー以外にもインターネット上に無料で音源をダウンロードできるサイトは数多く存在しています。

しかし、それらのサイトでダウンロードできる音源はいずれも著作権に関するリスクをはらんでいます。

というのも、YouTube外でダウンロードした音源が著作権に関する規約に抵触した場合は動画の削除や、最悪の場合にはチャンネルの削除などの事態に陥ってしまう可能性があるからです。

一方、YouTubeオーディオライブラリーはYouTube自体が提供しているため、YouTube上で使用しても問題ないという保証のついた音源のみダウンロード可能となっています。

このことから、YouTubeオーディオライブラリーを活用することで、著作権リスクを考慮する必要がなくなると言えます。

種類が豊富

2点目は種類が豊富である点です。

YouTubeオーディオライブラリーでは約4万種類のBGMと約1万種類の効果音がダウンロード可能です。

これだけ多くの音源があれば、自分のイメージしている音源が見つからないことはあまり考えられません。

反対に、あまりにも膨大な音源が用意されているため、いかに自分のイメージしている、もしくはチャンネルや動画にマッチしている音源を見つけるかが重要になります。

こちらに関してはこの記事で後ほど解説します。

クオリティが高い

3点目はクオリティが高い点です。

無料で音源をダウンロードできると聞くと質の低い音源なのではないかと疑ってしまいますよね。

しかし、YouTubeオーディオライブラリーに登録されている音源はいずれも無料とは思えない高品質になっています。

気になる方はぜひ一度音源を試聴してみることをおすすめします。

音源の試聴方法に関してもこの記事で後ほど解説します。

YouTubeオーディオライブラリーの使い方

では早速、YouTubeオーディオライブラリーの使い方をみていきましょう。

YouTubeオーディオライブラリーを開く方法

step1 右上のアイコンをクリック

YouTube オーディオライブラリー

step2 YouTube Studioをクリック

YouTube オーディオライブラリー

step3 アイコン下、左側のメニューからオーディオライブラリーをクリック

YouTube オーディオライブラリー

YouTubeオーディオライブラリー上の音源を検索する方法

step4 音楽か効果音かを選択

YouTube オーディオライブラリー

step5 赤枠で囲った中から基準を選択してソート

YouTube オーディオライブラリー

また、効果音の場合は以下のようにソートすることができます。

YouTube オーディオライブラリー

その他の便利な機能

step6 スター機能を活用する

赤枠で囲った星印をクリックすることで特定の音楽をお気に入り登録することができます。

これにより、何度も使用するような楽曲にいつでもアクセスすることができるようになります。

YouTube オーディオライブラリー

YouTubeオーディオライブラリーのを使用する際の注意点

続いて、YouTubeオーディオライブラリーを活用する際の注意点を2点紹介します。

帰属表示に注意

1点目は帰属表示の有無に注意することです。

YouTubeオーディオライブラリーでダウンロードできる音楽には、帰属表示が必要なものとそうでないものの2種類があります。

帰属表示が必要なものの場合には、その音楽の概要や音楽の著作者の情報などを指定された形式で動画の概要欄に記載する必要があります。

これを怠るとチャンネルに何らかのペナルティが与えられることもあるので注意してください。

また、帰属表示が必要な場合には上記のCCマークをクリックして帰属表示のテキストをコピーすることができます。(以下参考)

YouTube オーディオライブラリー

YouTube オーディオライブラリー

そして、そのコピーしたテキストを動画概要欄に貼り付ければ、帰属表示は完了です。

帰属表示を行うことが面倒だという方は、さきほど紹介した帰属表示の必要性の有無で音源をソートして帰属表示が必要な音源を避けることをおすすめします。

音源を選ぶ際のポイント

2点目は音源を選ぶ際のポイントです。

結論から言うと、音源を選ぶ際の基準は音源がチャンネル、そしてチャンネルの配信する動画とマッチしているかの1点のみです。

例えば怖い話などオカルト系の動画に、陽気なBGMが挿入されていたら雰囲気が台無しですよね。

これは極端な例ですが、実際に音源のテイストと動画のテイストが一致していない動画が見受けられるので、音源を選ぶ際には一度この点を検討するようにしましょう。

YouTubeオーディオライブラリーに関してよくある質問

最後に、YouTubeオーディオライブラリーに関していただくことの多いよくある質問を6つ紹介します。

動画にBGM、効果音を挿入することは重要?

こちらに関しては、言わずもがなBGM、効果音を挿入することは重要です。

なぜかと言うと、BGM、効果音を挿入することによって以下のように多くのメリットを享受することができるからです。

  • 動画が盛り上がる
  • ノイズなどをかき消す
  • ユーザーの感情、イメージを誘導する

可能であれば、自身が作成されている動画でBGM、効果音ありのものと、そうでないものを用意して比較してみるとその差が明確にわかると思います。

注意すべきYouTube規約は?

こちらはYouTubeオーディオライブラリーを活用する際に気をつけるべきYouTube規約を教えて欲しいという質問なのですが、結論から言うと特別に気をつけるべきものはありません。

YouTubeオーディオライブラリーに掲載されている音源は帰属表示さえ気をつければ、その音源を使用することがYouTube規約に抵触することは全くありません。

ただし、チャンネル自体もしくは特定の動画がYouTube規約に違反していた場合はペナルティを受けてしまう上、YouTubeオーディオライブラリーを活用できない場合があるので、その点は理解しておきましょう。

YouTubeオーディオライブラリーはスマホからでも利用可能?

結論として、可能ですがおすすめしません。

理由は、スマホの小さな画面はYouTubeオーディオライブラリーを開いて音源を選ぶことに向いていないからです。

膨大な量の音源からチャンネル、動画にマッチする音源を選ぶためにはやはりパソコンで操作することをおすすめします。

他サイトからダウンロードした音源との併用は可能?

動画制作にこだわっている方の中には、YouTubeオーディオライブラリーの音源だけでは質の高い動画を制作することができないという方もいるのではないでしょうか。

そういった場合には、YouTubeオーディオライブラリー以外からダウンロードした音源を併せて動画のBGMにすることも可能です。

ただ、そのような音源はYouTubeのお墨付きを得ているわけではないので、著作権に関する規約の違反や動画の削除等のペナルティのリスクをはらんでいることには注意が必要です。

YouTube以外の媒体で活用することは可能?

こちらに関してはYouTube規約に明文化された条項が見当たらないので甲乙つけ難いですが、基本的にはYouTubeオーディオライブラリーでダウンロードした音源を用いた動画を他の媒体に転載することは控えた方がいいでしょう。

また、YouTubeに投稿する動画を制作すること以外の用途でYouTubeオーディオライブラリーでダウンロードした音源を用いることはできないので、この点も注意しましょう。

YouTube Musicとの違いは?

こちらは全く別のサービスなっています。

YouTube MusicとはYouTubeが運営する、個人が音楽を楽しむためのサービスで、例えばApple MusicやSpotifyのようなサービスと同じ類になります。

YouTube Musicに載っているからYouTubeの動画にも使用していい音源なんだな、というようには考えないよう注意しましょう。

YouTubeオーディオライブラリーについてのまとめ

おすすめのポイント
・無料であるものの有用
・帰属表示の有無に気を付ける

株式会社KNOCKでは、以下のような事業を手掛けています。

  • 企業×インフルエンサーのコラボプロデュース支援(インフルエンサーと企業によるプロモーション活動をワンストップでサポート)
  • YouTube活用支援(YouTubeの基礎から学べる動画講座)
  • インフルエンサー及びクリエイターのマネジメント、育成事業

やりたいことを自分の仕事にしたい」「好きなことで生計を立てる」

このような夢を叶えるお手伝いをしております。

お気軽にご相談ください。

※恐れ入りますが、設定方法等のYouTubeのノウハウに関する質問は承っておりませんので、ご理解いただけますと幸いです。


    お名前
    メールアドレス
    電話番号
    チャンネルURL
    お問い合わせ内容

    ※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。
    ※お問い合わせは2営業日以内に順次ご返信いたします。