こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。 先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「弊社はBtoC企業なのですがYouTubeを利用してうまくマーケティングしてみたいです。何か良い方法はないでしょうか?」

確かにYouTubeを活用してマーケティングを行ってみたいというBtoC企業も多いのではないかと思います。

そこで今回は、BtoC企業が行うYouTubeマーケティングの活用方法について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

この記事を読むことでBtoC企業のYouTubeマーケティングの基礎から活用方法まで詳しく理解することができます。

現在KNOCKでは、長期インターン生及びカメラマン兼動画ディレクター職の募集を行なっています。

YouTubeマーケティングに興味のある方、インフルエンサーのマネジメントに興味のある方などはぜひご覧ください!

長期インターンのご応募はこちら

カメラマン兼動画ディレクター職に関してはこちら  

YouTubeについて

YouTubeは現在圧倒的なユーザー数を抱えており、実際にそのユーザー数を裏付けるデータとして、

  • 全世界で毎日数十億回、時間にすると10億時間以上再生されている
  • 全世界でユーザー数は20億人以上(インターネット人口の3分の1)
  • 日本では6,200万人がYouTubeを利用
  • 18~64歳のネット人口の82%がYouTubeを利用

(以上は全て2018年YouTube調べ)

等のデータが挙げられます。

これだけ多くのユーザーを抱えているプラットフォームでマーケティングを行うことにより、多くのユーザーへのタッチポイントが創出されます。

また、幅広い世代へのリーチと同時に詳細なターゲティングも可能です。

コンテンツやタイアップするYouTuber、広告を出稿する際のターゲティングを調整することによって見込み顧客に効率的にリーチすることが可能です。

市場規模の大きさを活かして、高い集客効果を発揮するのがYouTubeの特徴であるといえます。

BtoC企業のYouTubeマーケティングについて

デジタル社会が発達していく中で、スマートフォンやPCの利用がますます活発になってきています。

そんな中「5G」の時代が訪れはじめていることもあり、インターネットを利用した動画マーケティングが注目度を上げています。

特に、YouTubeを活用したマーケティングに乗り出している企業が増加傾向にあります。

その理由としては、YouTubeで自分の欲しいものを検索する人が急増していることが挙げられます。

BtoC向けにビジネスを行っている企業様は、YouTubeを活用することで大きな成果を上げられる可能性を大いに秘めているため、この記事を参考にぜひ導入を検討してみてください。

BtoBとの根本的な相違点

BtoB企業とBtoC企業では、YouTubeマーケティングを行っていく上で内容やその目的に違いがあることが多いです。

まず、BtoB企業との大きな違いといえば「ターゲットにしている顧客が違う」ということです。

BtoB企業は商品やサービスの提供を企業が他企業に対して行うタイプのビジネスであり、BtoC企業は商品やサービスの提供を企業が消費者に対して行うタイプのビジネスです。

前者は一度企業間の関係を築くと長期的に取引を行うことが多く、単価も大きいため安定して利益を得ることができます。

一方、後者は消費者がリピートしてくれない限りは企業と消費者の関係が続くことありません。

それに加え単価が低いので、商品やサービスを売り上げる量がとても重要になってきます。

購買タイミング

次に、BtoB企業とBtoC企業における商品やサービスを購入するタイミングについてお話したいと思います。

一般的にBtoB企業では、商品やサービスを社内で十分に比較検討にしてから購入に至るため、理論的に購入すべき理由を説明するという長い時間を要するものになります。

それとは対照的に、BtoC企業の場合は各個人の心理状態によって大きく左右されます。

商品やサービスが個人の趣味嗜好に当てはまっていれば、購入へのハードルが下がるので即購入される可能性が高いです。

記事をご覧の方も経験したことがあるであろう「衝動買い」というものがまさに最たる例です。

BtoBマーケティングに比べBtoCマーケティングでは購入に至るまでのスピードが早いということが大きな特徴です。

そのため、BtoC企業はアプローチの仕方を工夫すれば売上向上につながる確率が高くなります。

アプローチ方法

ここからは、どのように購入者にアプローチしていけば良いかということを解説します。

先程も触れた部分と重複しますが、BtoB企業のマーケティングでは商品やサービスを購入するにあたり、長い時間を使って比較検討する場合が多いので、購入することでどのような恩恵が得られるのかという部分を合理的に説明する必要があります。

一方BtoC企業では、消費者の感情に訴えかけるようなアプローチが大切になってきます。

BtoC企業では消費者の購買速度は非常に早く、「購入したい」と一瞬でも思わせることができればマーケティングの成功となります。

そのため、動画では見ている消費者の共感や感動を誘う内容を意識して制作することを強くおすすめします。

BtoC企業がYouTubeを活用するメリット

販促効果が高い

動画を使って消費者にアプローチをかけることは、非常に高い効果があります。

テキストや画像情報だけではその企業についてイメージしにくく、記憶に残りにくいものになってしまいます。

それに対し、動画は文字媒体よりも多くの情報を短時間で伝えられるという利点があります。

テキストや写真などの紙媒体1枚が伝える情報量が1,000文字分であるのに対して、動画1分間の情報量は180万文字分にもなるといわれています。

動画は視覚と聴覚から視聴者にアプローチすることができ、文字だけでは伝わりにくい細かいニュアンスなどの非言語要素を分かりやすく伝えることができます。

そのため、消費者の感情に訴えかけるという、BtoCマーケティングを行う上で一番必要な要素を十分に満たすことができます。

つまり、企業は動画を活用することで消費者の購買意欲をより高めることができます。

また、上記の話に付随してYouTubeの媒体価値に関する記事も執筆しましたので、興味のある方は是非ご覧ください。

関連記事
YouTubeのプロが語る!YouTubeの媒体価値とは?

 

企業ブランディングに繋がる

YouTubeチャンネルというのは動画がどんどん増えていくので、運用の仕方によっては企業情報を効果的に発信することができます。

そのため、社風、働き方、社員や社内の雰囲気などを一貫したコンセプトで伝えることができれば、企業のブランディングに繋がります。

こちらに関しては別の記事で詳しく述べているので是非ご覧ください。

関連記事
企業必見!自社を魅力的に見せるブランディング動画について解説
YouTubeで企業ブランディングを行うメリットと方法を解説!

 

CMと比べて費用対効果が高い

テレビCMやWeb広告などを出稿すると多くの費用がかかってしまう反面、YouTubeは無料で動画を投稿することができます。

また、前者は放送や掲載の期間が設けられており、その期間が終わってしまうと宣伝することができなくなってしまいますが、YouTubeはチャンネルや動画を削除しない、もしくは運営によって削除されない限りは残り続けるため広告費をかけずに半永久的に宣伝を行うことが可能です。

これは会社の予算を大きく助けることに加え、広告活動を長く続けることができるので一石二鳥であるといえます。

また、YouTube広告を出稿することにより、さらに認知拡大や販促に繋げやすくなります。

広告の出稿にもあまり費用はかからないため、あわせて活用することをおすすめします。

BtoC企業がYouTubeマーケティングを成功させるためのポイント

ターゲットを明確にする

まずは商品やサービスをどの層に届けたいのかを定めることから決めることが大切です。

特定の層に伝えたいのであればその層に伝わりやすいネタや表現を多く盛り込む、また幅広い層に届けたい場合にはどの層にも伝わる分かりやすい話や言葉を使う必要があります。

また、層だけでなくペルソナを設定することで、どういった動画内容にしていくかということもスムーズに進めることができます。

基盤を固めることでより効果の高い動画を作ることができるので、この部分は突き詰めてイメージを広げていくようしましょう。

YouTube BtoC

ペルソナを設定する際は、ペルソナとなり得る架空の人物を一人詳細に作り上げるという方法がおすすめです。

上の画像は、弊社がオーガニック系の飲食店のYouTubeチャンネルの運用代行を行った際に設定したペルソナです。

このように詳細にペルソナを設定することにより、チャンネルの方向性や発信するコンテンツの内容を明確に定めることができます。

動画を制作する目的を決める

BtoCマーケティングに使用する動画を制作する際には、その動画でどんな目的を達成したいのかというゴールを設定するのが重要です。

例えば、商品を直接宣伝して販売促進したいのか、とりあえず集客を図るためにブランディングを中心としたものにするのかなど制作する意図は様々です。

その意図によって動画の魅せ方が変わってくるため、動画をどう作るのかではなくその動画で何を達成したいのかという目標をまずは定めましょう。

動画を企画する段階からゴールについて考えることを常に意識しておくことが重要です。

感情に訴えかける内容を意識する

この記事では何度も触れていますが、BtoCマーケティングでは消費者の感情に訴えかけることが重要なポイントになります。

では、どのような動画が感情を訴えやすいのかというと、一貫したメッセージを持ったストーリー性のある動画などが挙げられます。

軸として動画のターゲットと目的を据え、その周りに肉付けしていく形でストーリーを考えましょう。

そうすることで伝えたい事をブレずに視聴者に届けることができます。

また、最初の掴みの部分が最も大切なので、飽きさせないように最初に伏線を仕掛け、最後までオチを引っ張って気になるようにするなどといった内容は効果的です。

BtoC企業のYouTubeマーケティング成功事例

B.R.CHANNEL Fashion College

YouTube BtoC

B.R.CHANNEL Fashion CollegeはオンラインサイトであるB.R.ONLINEが運営するチャンネルです。

有名な編集長などを多数起用し、ファッションのジャンルに特化した専門的なコンテンツの配信を行っています。

こうした発言力のある方々を起用することで、「大人カッコいい服のトレンドはバッチリ」というブランディングへと繋げています。

このチャンネルの事例から、YouTubeは「誰が」発信するかが重要であるということがうかがえます。

発言力を持った人物の発言は、そうでない人の発言よりも信憑性が高まります。

「この人がこう言っているなら正しいのだろう」という心理が働くため、商品・サービスの購買やサイトへの遷移などにもつなげやすくなります。

実際、このB.R.CHANNEL Fashion Collegeで紹介した高額商品が一晩でECサイトから売り切れるということもありました。

企業チャンネルを開設する際は、どのような人物を起用するのかということにもこだわって行っていくようにしましょう。

また、B.R.CHANNEL Fashion Collegeは自社のオウンドメディアとも連携しており、サイトへの遷移、そして最終的にはECサイトでの購買へと繋げています。

LʼOPERAIO Channel

YouTube BtoC

LʼOPERAIO Channel」は、輸入中古車の売買やメンテナンスを行う株式会社ロペライオが運営しているチャンネルです。

このチャンネルは、車のプロであるスタッフたちが忖度なしに車の情報を発信するというスタンスが視聴者からの人気を博しています。

動画の内容は、スタッフが中古車に試乗し、そのレビューを行うといったものが主となっています。

企業のブランディングや、将来高級車に乗りたいと考えている見込み顧客への種まきなどに機能しているチャンネルです。

楽待チャンネル

YouTube BtoC

「楽待チャンネル」は、同名の不動産投資情報サイトによって運営されているチャンネルです。

不動産投資などで活躍されている方々をゲストとして起用することで、「濃い」コンテンツを発信しています。

あまり聞くことのできない不動産投資の失敗談などがチャンネルの中でも需要が高く、サイトの利用者の増加や認知拡大に繋げています。

不動産投資をしようか悩んでいる人にとってのHelpコンテンツを発信することが、このチャンネルが成功したポイントです。

燦鳥ノム

YouTube BtoC

「燦鳥ノム」は飲料メーカーのSUNTORYの公式VTuberです。

2次元キャラクターを使用したブランディングを確立し、PRや購買に繋げています。

主な動画内容は、他のVTuberと同じように、歌ってみた動画などです。

YouTube BtoC

こちらのコメント欄を見ていただくとわかるように、燦鳥ノムの影響によりSUNTORY製品を買うようになったというコメントが多く見られます。

近年存在感を増しているVTuberを上手く活用し、視聴者からの支持を得ることができた成功例であるといえます。

BtoC企業がYouTubeでタイアップを活用すべき理由

YouTubeのタイアップとは、企業とYouTuberの双方が協力して、企業が売り出したい商品やサービスの認知拡大や販促を目的とした宣伝手法になります。

YouTuberに企画の一環として商品やサービスを紹介してもらい、そのYouTuberの視聴者に動画を視聴してもらうことで、宣伝効果が見込まれ、認知拡大や購買促進などの効果が期待できます。

YouTube市場が高まりを見せている中、企業がYouTuberとタイアップして宣伝していることは珍しくない手法となってきています。

Youtube BtoC

上の画像はUUUMによる、「タイアップ動画視聴により消費者の商材に対する態度はどのように変容するか」の調査結果になります。

この調査から、YouTuberのタイアップ動画の視聴者と非視聴者を比較した場合、商材に対する認知度の向上に加え、興味関心・高感度・購買意欲も約30%上昇するということがわかりました。

YouTuberとのタイアップは、様々な面で効果的であるため、BtoC企業も積極的に活用していくべきであるといえます。

KNOCK所属のYouTuber

ここからは、弊社に所属しているYouTuberについて、一部紹介させていただきます。

タイアップ相手の選定にお役立ていただけますと幸いです。

えびまよ【海老原まよい】

YouTubeのチャンネル登録者数25万人弱を誇ります。

テレビにも多数出演しており、現在最も勢いのある女性フードファイターです。

ぞうさんパクパク 大食い

YouTubeのチャンネル登録者数30万人弱を誇ります。

登録者数以上の再生回数を獲得しており、YouTubeで大きな成果を挙げています。

しのけん大食い

チャンネル登録者数30万人を誇ります。

天の声(アフレコ)で大食い動画を面白く実況する独自スタイルのコンテンツが人気を博しており、動画の自由度+PR力が高いのが特徴です。

サブカルにも精通しており、若年男性ファン(24歳以下~)が多くなっています。

すいかちゃんねる

日常生活を重視した大食いYouTuberです。

可愛らしい顔立ちから繰り出される鋭いトークが人気を博しており、自宅でゆるく喋りながら、酒飲み配信を行うのがメインスタイルとなっています。

若年女性の人気が非常に高く、大食いのみならずメイクやダイエットなどの女性向けコンテンツも配信しているのが特徴です。

KNOCKの事例紹介

弊社が手がけたYouTube動画の事例として、「侍イーティング」というチャンネルを挙げさせていただきます。

侍イーティングは「喰王」と呼ばれる大食い対決の企画を定期的に配信しています。

第4回の「喰王」では、株式会社ファインという健康食品、サプリメントを販売する会社がスポンサーについてくださりました。

企画内では、フードファイターたちが社名入りのユニフォームを着て対決に臨んだため、株式会社ファイン様の認知拡大につながったと考えられます。

動画は以下よりご覧くださいませ。

BtoC企業もYouTube活用に関してのまとめ

まとめ
・様々な面でメリットがある
・タイアップが非常に有効

 

株式会社KNOCKは、以下の事業を手がけています。

  • 企業×インフルエンサーのコラボプロデュース支援(インフルエンサーと企業によるプロモーション活動をワンストップでサポート)
  • 企業様のYouTube活用支援(YouTube運用代行・コンサル)

企業様に寄り添い、成果を実感していただける運用を行わせていただきますので、 YouTubeマーケティングをご検討の方は、お気軽にご相談ください。


    お名前
    会社名
    メールアドレス
    電話番号
    お問い合わせ内容

    ※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。
    ※お問い合わせは2営業日以内に順次ご返信いたします。