どうも、株式会社動画KNOCKマーケティング部です!

今回はYouTubeにおいて最も重要な要素のうちの1つであるタイトルの付け方について解説していきます!

タイトルをつけるにあたって重要なこと

タイトルはYouTubeにおいて動画の伸びを左右する最も決定的な要素のうちの1つです。タイトルはどのような点で動画の視聴回数に影響を与えるのでしょうか?

結論から言うと、①視聴者を惹きつけるという点②YouTubeの検索エンジンにあなたの動画をアピールするという点の2点でタイトルは非常に重要になってきます。

①に関して、視聴者が思わずクリックしてしまう、もしくは視聴者が「見たい!」と思うようなタイトルをつけることで動画の視聴回数が伸びていくことは容易に理解いただけるかと思います。

では、②に関してはどうでしょうか。この際考えていただきたいのは、動画のタイトルが①を満たしていても、そもそも視聴者の画面にあなたの動画が表示されなかったら視聴回数の増えようがないと言うことです。では、あなたの動画を視聴者の画面に表示するのは誰でしょうか?それは、YouTubeの検索エンジンです。検索エンジンがあなたの動画のタイトル等の情報を参考に、コンテンツ内容とマッチするような視聴者の画面にあなたの動画を表示します。

要するに、動画にタイトルをつける際には①視聴者はもちろん、②YouTube検索エンジンのことも考慮するべきと言うことです。

それでは、実際にそれぞれどのような点に留意すべきなのか見ていきましょう。

タイトルの付け方(対視聴者)

対視聴者で効果的なタイトルの付け方はざっくり言うと「視聴者の気持ちになってタイトルをつける」ことになります。以下、具体的なポイントを見ていきましょう。

ポイント1 思わずクリックしてしまうキーワードを含める

タイトルの中に思わずクリックしてしまうようなキーワードを含めることで、視聴者が無意識的に動画を再生してしまう、という効果が期待できます。

ここで言う思わずクリックしてしまうキーワードとは、例えば「驚愕」「衝撃」「爆笑」「閲覧注意」などです。

しかし、このような思わずクリックしたくなるようなキーワードがなかなか思いつかないという方も少なくないかと思います。

そのような方は有名YouTuberのタイトルを参考にすると言う方法と、5chなどの掲示板を参考にするという方法があります。いずれの場合も、自分がユーザーとして魅力的であると思うタイトルを抽出し、分析してみると良いでしょう。

ここでの注意点として、そこまで衝撃的ではない動画に「衝撃」とつけたり、あまり面白くない動画に「爆笑」などとつけてしまうと、短期的には再生回数自体は伸びるかもしれないけれど、長期的に低評価や視聴維持率が低下して視聴回数が悪くなってしまうという点です。

ポイント2 タイトルで結果は言わない

タイトルで結果を言わないようにしましょう。

むしろ、結果以外をタイトルにすることで視聴者が「結果はどうなるの?気になる!」と考え、視聴してもらえる可能性が高まります。

ここまでのポイント2つは理解していただけたかと思うので、実際にどれだけ効果的かと言うことを示したいと思います。

例えば、「激辛ラーメン10人前を食べたらお腹を壊してしまった」と言う内容の動画に関して、以下の2つのタイトルの付け方があるとします。どちらのタイトルの方が、より動画を見たいと感じますか?

(A)【衝撃】激辛ラーメン10人前を食べた結果…

(B)激辛ラーメン10人前食べたらお腹壊した

(A)を選びますよね。

ここで強調しておきたいのは、(A)と(B)の違いは前述のポイント1、2をタイトルに取り入れているか否かの違いだけであるということです。

タイトルの付け方(対検索エンジン)

結論から言うと、YouTubeの検索結果を意識したタイトル付けが好ましいです。具体的には、YouTubeで検索されているキーワードをタイトルに含めるということです。

では、YouTubeで検索されているキーワードは何を用いて調べたら良いのでしょうか。それは、サジェストキーワードという機能です。

例えば、以下YouTubeの検索窓で「ファッション」と検索した場合の検索結果です。

YouTube タイトル 付け方

この検索結果をみると、上から8つ目に「ファッション チェック」というキーワードが表示されています。

この結果をタイトル付けに活用するとしたら、以下のような事例が考えられます。

例えば、「ファッション診断!このコーデは何点?」というタイトルを「ファッションチェック!このコーデは何点?」に変更します。

これによって、あなたの動画がより多くの視聴者の目に触れることになり、結果的に視聴回数も伸びやすくなるでしょう。

また、+αとして、上記のキーワードをなるべくタイトルの先頭に含めると良いです。これは、タイトルの先頭にその動画が狙っているキーワードを含めることで、YouTubeのシステムに動画のコンテンツをアピールすることができるからです。

タイトルを付ける際の注意点

注意点1 文字数も注意しましょう

タイトルの文字数は30字前後にしましょう。

なぜかと言うと、視聴者の利用する媒体によってタイトルが全文表示されなくなってしまう、という事態を避けるためです。

例えば、以下はgoogleでYouTubeの動画の検索結果を表示したときのスクリーンショットです。

YouTube タイトル 付け方

この場合は32文字以上、「伝説のゴール」は「…」となってしまっています。これでは、せっかくつけたタイトルが表示されずもったいないですよね。

これはPCでの検索結果ですが、スマホに関しても約30文字(機種によりますが)が一つの目安となっているので、やはりタイトルは30文字前後が好ましいです。

注意点2 釣り動画にはならないように注意しましょう

これは対視聴者のポイント1でも簡単に解説した内容なのですが、クリックしてほしさばかりにコンテンツとかけ離れたタイトルをつけてしまうと、短期的には視聴回数が伸びるかもしれませんが、長期的にみると動画が伸びなくなります。これは、多くの低評価がつくことや、視聴開始後すぐに視聴をやめてしまうことで視聴維持率が低下することでYouTubeのシステムが価値のない動画であると判断し、その動画を視聴者におすすめしなくなるためです。

なので、タイトル付けの際には動画の内容からあまり逸脱したタイトルはつけないよう注意しましょう。

より良いタイトルをつけて動画を視聴回数を増加させましょう!

今回はYouTubeの動画のタイトルの付け方について解説しました。

この記事を参考により良いタイトルを付け、動画を大きく伸ばしましょう!

また、動画のタイトルは動画公開後も変更可能なので、伸びなかったらタイトルを変えてみる、といった方法も試してみてください。

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、企業専門のYouTubeマーケティングを展開しています。

お問い合わせ