About KNOCK

私たちは人の心を動かす
「きっかけ」となる動画を
世界中へ発信します。

心を打つ、ひらく。

現代はかつてないほどに動画が溢れている時代で、Bernstein Research社のアナリストであるCarlos Kirjner氏によれば、YouTube全体には20億本を超える動画がアップされています。
その一方で、YouTube上では1%の動画が全動画の再生回数の93%、全再生時間の94%を占めているといいます。つまりYouTubeにアップされている99%の動画はほとんど再生されることなく終わってしまっているのと変わりありません。
ユーザーが適切な動画に出会う機会が希少になっているこの時代。
インターネットを通じ、より多くの人に心動かす動画を届けるためのルートを作り、1人でも多くの人に「きっかけを与える動画」を届けることがKNOCKの使命です。
「コンコンコンコンとあなたの心をKNOCK(ノック)するような動画」をKNOCKはお届けします。

代表挨拶

【事業について】
現在、様々な媒体を通して数多くの「動画」が世の中に映し出されています。

TVやサイネージだけではなく、PC・スマートフォンを通して動画を視聴するライフスタイルが定着していると言えるでしょう。

特に、インターネット技術の発達により、いつどこにいても莫大な容量のデータを通信できるようになり、様々なデバイスで動画が視聴され続けています。

また、動画が視聴者に与える影響力は非常に高く、マーケティングとして有用視されているのも周知のことです。

さらに、かつてリッチコンテンツと呼ばれた動画は、カメラやソフトの機能向上も相まって、低単価で大量に制作可能となっています。

しかし、とりわけインターネット上において、動画が氾濫しすぎて、せっかく想いを込めて制作され、世に出された動画が「見て欲しい人に届いていない」ことが多いのが現状です。

この先、5Gの導入など一層、インターネットの通信速度が加速化し、より動画配信が増えることが確かですが、「動画は視聴されて」初めて価値を発揮するものです。

KNOCKでは、動画をただ制作するだけではなく、なぜその動画が創り上げられたのかの本質を捉え、「見てもらいたい人」に「動画を届けるルート設計」をするところまで思考を凝らします。

そして、動画をみていただいた方の「心を打ち、ひらく」ことができるよう、常にクリエイティブの向上に努めて参ります。

動画というフィルターを通して、一人でも多くの方々に貢献できるかを挑戦し続けていきたいと思います。


【代表の想い】
会社という一つの組織を築き上げていく上で、私にとって、大切かつ重要なMissionがあります。

「生き生きと、輝く人を一人でも多く輩出する組織づくり」
です。

日本のみならず、世界の人々がより生き生きと歩んでいけるような組織を目指します。

大人になり、社会人になり長い時間を向き合っていくのが
「仕事」であり、「会社」(仕事をする場という意味)です。

その仕事を共に励むKNOCKの仲間たちには、プロフェッショナルとしてのプライドを持ちながら、それぞれが生き生きと人生を謳歌してほしい。

私の座右の銘は「人生一度きり。」

アフリカの旅や持病など過去、自身の体験より「死」というものを身近に感じてから、強く想うようになったのですが、本当に人生は一度きりなんです。

その一度きりの人生の中で、長い間、大切な時を共にする仕事・会社をもっともっと楽しんでもらいたい。

仕事だからこそ、辛い時も悲しい時も大変なこともあるでしょう。
そこも全てひっくるめて、仕事を楽しく真面目にできる環境を、組織を世界へと作り上げたい。

仕事が生き生きすれば日常生活も、さらに充実します。

KNOCKメンバーの人生が充実し、それぞれが目標に向かって生き生きと歩んでいく組織の輪が広がれば広がるほど、

一人でも多くの輝く人が増える社会になっていけば、日本、世界は盛り上がり、後世の世代にまで強固なバトンをしっかりと繋ぐことができると信じています。

人生を振り返った時「KNOCKでよかった。幸せだった」
と思ってもらうような会社を作り上げていく所存です。

会社概要

会社名
株式会社KNOCK
代表取締役
加藤 芳郎
取締役
菅 智晃 岡村 将
資本金
10,000,000円
住所
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-5-10 中目黒マンション413
TEL
03-6310-6055
FAX
03-6310-6055
E-mail
info@knock.co.jp
事業内容
動画制作 動画配信 写真(Instagram)
動画マーケティング(YouTube・Web制作・広告運用)
その他関連事業
主要取引先 (敬称略順不同)
グリー株式会社
グリーライフスタイル株式会社
株式会社デイリースポーツ案内広告社
株式会社コージー本舗
株式会社プリンスホテル
ヒルトン小田原リゾート&スパ
全日本空輸株式会社
株式会社ファインドスター
スターツ出版株式会社
株式会社クインテット
国立大学法人 東京外国語大学
公立大学法人 都留文科大学
順天堂大学医学部付属順天堂医院
学校法人中部大学
レタリズム株式会社
K2パートナーリングソリューションズ株式会社
ワタベウェディング株式会社
株式会社アルビオン
ブルーベル・ジャパン株式会社
株式会社サンシャインシティ
株式会社スペースエージェント
東京都
株式会社リクルートキャリア
株式会社インテリジェンス
ホームテック株式会社
狂言 善竹家
株式会社これから
株式会社aquwa
ダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社
株式会社中萬学院
Wahl&Case株式会社
武田コンシューマーヘルスケア株式会社
株式会社マイナビ
株式会社 COSBEAUTY JAPAN
LINE株式会社
株式会社グラニ

中目黒オフィス・スタジオ アクセス

住所:〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-5-10 中目黒マンション413
東急東横線・日比谷線「中目黒駅」より徒歩2分

道に迷った際には、お気軽に03-6310-6055までお電話下さい。お電話にて弊社までの道のご案内、もしくは近くまでお迎えに参ります。

沿革

2011年 5月 山梨県・静岡県にてウエディング撮影を開始(代表 加藤)
2011年 10月 公立大学法人 都留文科大学の広報を支援(代表 加藤)
2012年 静岡県のウェディングパーク「エスプリドナチュール」「ハートフィールド」にて
結婚式のエンドロール制作を担当(代表 加藤)
2013年 7月 山梨県にてKNOCKの前身となる動画プロダクション「kic.production」を設立
2013年 8~10月 東アフリカにて撮影取材【ケニア, ウガンダ, ルワンダ, タンザニア(ザンジバル諸島)を訪問】(代表 加藤)
2013年 12月 屋号をkic.productionからKNOCKへ変更
動画制作事業を本格化
2014年 1月 KNOCK事務所を埼玉県さいたま市武蔵浦和に設置
2014年 7月 株式会社KNOCK設立
現 取締役 菅智晃 役員参画
東京都東久留米市に事務所を移転
2014年 8月 Webマーケティングを取り入れた動画制作をサービス化し集客・販売促進事業を展開
家族のための出張写真撮影サービス famiphotoを開始
2016年 グリーグループGlossom株式会社様(現グリーライフスタイル株式会社)の動画事業「WOOZ」と事業提携
株式会社Destination Japan様(現株式会社インバウンドプラットフォーム)と事業提携しインバウンド動画制作サービスを開始
2017年 大学講義のWEB配信サービス開始
公立大学法人都留文科大学と長期のプロモーション契約を締結
提携会社と共同で実施したYouTubeチャンネルにて2億PV達成
2018年 北欧へドキュメンタリー動画取材
大手LIVEレギュラー配信を展開
民放TV CMの制作実施
2019年 1月 現 取締役 岡村 将 加入
2019年 2月 レタリズム株式会社と事業提携

KNOCKの精神

社会に価値ある仕事に取り組む。
KNOCKは常に「社会の為になっているか?!」を問いかけ、胸を張って仕事に取り組みます。
相手を尊敬する礼節を持ってクライアントと接する。
すべての仕事が人と人の関係で成り立っている以上、ビジネスをする前に人としての礼儀を備えていることをKNOCKは重要視します。
クオリティーは決して手放さない。
KNOCKは常に自分たちのできる最高の動画を作り、クライアント、視聴者に価値ある作品を創り上げます。
常にプロフェッショナルであるという自覚を持って行動する。
クライアントとのコミュニケーション。最適なソリューションの提供。クリエイティビティに富んだ作品制作。KNOCKでは、社員全員がKNOCKを代表しているという意識のもと、すべての仕事にプロフェッショナルとしてのプライドを求めます。
一人ひとりの意見や気持ちを尊重する。
誰よりも仲間に配慮し、仲間を支え、仲間のために行動します。「仲間を大事にできるからこそ、クライアントやパートナーを大切にすることができる。」という信念を抱いています。
常に素直である事。
社員同士はもちろん、クライアントとも「想いを語り合える心の開いたコミュニケーション」をKNOCKは大切にします。その上でいつも素直さを忘れることなく、謙虚に行動します。
夢を夢で終わらせない。
KNOCKでは、社員の夢を応援します。夢を夢で終わらせずに、各々の夢=実現する目標として、KNOCK一丸となり、切磋琢磨し、高め合い、前に進み続けます。
一人一人が主役。
人生の主役は自分自身。KNOCKメンバーは、それぞれが各々の分野・担当領域でスポットを浴び、誰もが「主役級」に活躍します。