こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

今回は、YouTube広告の種類とその特徴について、 動画マーケティング部が紹介します。

YouTube広告について詳しく知りたいという方は是非ご覧ください!

株式会社KNOCKはこの度、「YouTube運用を学びたい」という声にお応えすべく、YouTube動画講座の「KITEN.」をリリースさせていただきました。

所属・提携YouTuberの累計登録者数350万人月間視聴回数1億回以上を誇る株式会社KNOCKが日々YouTubeと向き合う中で培ってきたYouTubeノウハウを全てオンデマンド上で視聴していただくことが可能です。

また、現在、リリース記念として7月末日までにご購入いただいた100社様限定で、最大30%offの価格で販売させていただきます。

ご興味のある方は上のバナーもしくはこちらをクリックして詳細をご確認ください。

YouTube広告について

YouTubeにおいては、広告を出稿することによって動画の再生回数の増加を見込むことができます。

広告は5種類あり、その中から費用、効果などを比較して出稿する方法を決定していきます。

ただ、YouTube広告は必ず必要というものではありません。

YouTube広告を出稿することは、一時的な再生回数の増加につながりますが、狙っている視聴者層と実際の視聴者層との間に乖離が生じたり、アルゴリズムからの評価が下がりかねないなどの弊害もあるためです。

オーガニック流入で視聴回数をある程度獲得できている場合は、広告が絶対必要であるということはないといえます。

もちろん、何かしらの目的があって広告を出稿することもあると思います。

チャンネル開設初期に認知を拡大させていきたいという場合などでは非常に有効です。

今回は、そんなYouTube広告の種類とそれぞれの特徴について解説していきます。

インストリーム広告

インストリーム広告は、動画の前後や途中に表示される広告のことを指します。

おそらく「YouTubeの広告」と聞いた時に最も多くの人が思い浮かべるのが、このインストリーム広告です。

再生開始から5秒が経過するとユーザーは広告をスキップできるようになるのが特徴です。

また、このインストリーム広告は、YouTube以外のサイトに埋め込まれたYouTube動画においても配信されます。

スキップ不可のインストリーム広告

同じくインストリーム広告ですが、スキップが不可となっていることが特徴です。

このスキップ不可のインストリーム広告は、15秒以下の動画に限定されます。

それ以外は、前述のインストリーム広告と同様です。

バンパー広告

インストリーム広告と同じように、動画前後や途中に表示される広告です。

バンパー広告は6秒以内の動画となっており、ユーザーは動画のスキップが不可。

このバンパー広告も、YouTube以外のサイトに埋め込まれたYouTube動画においても配信されます。

アウトストリーム広告

こちらのアウトストリーム広告は、モバイル専用広告となっています。

Google動画パートナー上のWebサイトやアプリにのみ表示されるのが特徴です。

(※YouTube上では表示されません。)

TrueViewディスカバリー広告

TrueViewディスカバリー広告は、YouTubeの関連動画の横や検索結果部分、モバイル版YouTubeのトップページなどに表示されます。

この広告は動画のサムネイル+テキストで構成されており、ユーザーがサムネイルをクリックし、視聴した場合のみ課金対象となるのが特徴です。

YouTubeからビジネス展開をしていきたいと考えているチャンネルは、基本的にこのTrueViewディスカバリー広告を運用します。

YouTube広告の種類を知り、チャンネル運用に活用しよう

今回は、YouTube広告の種類とその特徴について解説しました。

それぞれの違いについて理解し、チャンネル運用に役立ててみて下さい。

また、より詳しくYouTube広告運用、そしてYouTubeチャンネル運用について知りたいという方は、ぜひ弊社が販売している「KITEN.」もあわせてご覧ください。

現在「KITEN.」は、リリース記念として7月中にご購入いただいた100社様限定で、最大30%offの価格で販売させていただいております。

ご興味のある方は上のバナーもしくはこちらをクリックして詳細をご確認ください。