こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

今回は、YouTubeの字幕代行のメリットや字幕代行会社について、 動画マーケティング部が紹介します。

この記事を読むことでYouTubeの字幕を付けることのメリット、字幕代行をしてもらうメリット、どのような会社に字幕代行を頼めば良いかということが理解できます。

KNOCKでは、企業様の予算や目的に合わせた柔軟なYouTube運用代行プランを用意させていただいております。

YouTube運用を検討しているという企業様はお気軽にご相談ください。

弊社実績やサービスの詳細については以下で詳しく説明しています。

YouTubeにおいて字幕を付けるメリット

YouTube SEO対策になる

YouTubeにおいて動画に字幕をつけることで、SEO効果を生み出すことができます。

そもそもYouTube SEOとは、「YouTube内での検索エンジン最適化」という意味で、自身のチャンネルの動画を上位に表示させるために必要になります。

YouTubeの場合は動画であるためVSEO(Video SEO)という呼び方になります。

このVSEOの一要素として、字幕が含まれるということです。

他にもタイトル、概要欄、タグ、サムネイルなどいくつかの要素はありますが、ここで説明するには長くなってしまうので、詳細はこちらの記事をご覧ください。

詳細記事
YouTubeでもSEO対策は必要!動画を上位表示させるには?

動画を見るときの負担が減る

動画を視聴する際に字幕があることで、聴覚だけでなく視覚からの情報を得ることができます。

そうすることで、動画内で話している人が何を話しているのかということの理解がより深まることになります。

また、聴覚に支障がある方や高齢者の方などがYouTubeを視聴したい場合には、字幕があることでそういった方に対しても臨機応変に対応することが可能です。

ミュートしていても見ることができる

最近ではYouTubeの動画をミュートにして再生する人も増えています。

スマホなどの端末でYouTubeを視聴する場合は、音を出せない場所で見ることもあると思われます。

例を挙げると、電車の中でのミュート再生などが一番分かりやすいかと思われますが、皆さんも経験があるのではないでしょうか。

ミュート再生における字幕効果の有無に関する事例を1つ紹介すると、アメリカのInstapage社が行ったFacebook動画の字幕の有り無しでのA/Bテストがありました。

すると、字幕の無い動画は、再生回数や平均総視聴時間など視聴に関する指標については5%程度、シェアやクリックなどのリアクション関連指標については15%以上、字幕なしの動画の数値が減少しました。

このような例を考慮すると、字幕をつけるメリットは十分にあるということが伺えます。

国外のユーザーにも視聴してもらえる

日本語字幕以外にも様々な言語の翻訳字幕を付けることでより多くの視聴者や再生数の獲得が見込まれます。

特に英語はほとんどの国で通用する言語のため、一番最初に導入するべき他言語字幕であるでしょう。

海外専用のチャンネルや特定の国の言語に対応したチャンネルを持っている有名YouTuberもいます。

今やYouTube市場も国際化が進んでおり、世界市場を視野に入れた動画マーケティング戦略を行っていくと良いでしょう。

視聴者増加に繋がる

こちらは、前述した要素があることによる結果になります。

以上の要素があることで、より多くのユーザーに動画を見てもらい、視聴するのが快適であると思われた場合にはチャンネル登録や動画のリピートしてもらえる可能性が高まります。

つまり、より多くの潜在層へのアプローチができ、チャンネルの拡大にも繋がってくるということです。

YouTubeで字幕代行を頼むことのメリット

自社内でのコスト削減ができる

字幕代行を行うことで、自社内で割くリソースを減らすことができ、人的・時間的リソースにかかる負担の軽減ができます。

自社内で字幕編集を行う場合には時間がかかることが多いため、他業務にかかる時間を割く必要が生じてきます。

特に編集に慣れていない場合の字幕編集というのは、きちんとしたノウハウが無いために通常よりも時間がかかることになります。

そうしたときに、字幕代行を依頼することでプロが効率よく編集を行ってくれるため、本来の業務に注力することができます。

字幕以外のことをやってくれる会社もある

YouTubeで字幕代行だけを頼むのではなく、YouTubeの企画、撮影、編集、投稿、分析など一通りのプロセスを代行してもらいらたいという方も中にはいるのではないでしょうか。

字幕代行を頼みたいという企業様などは既にある程度の内製体制が整っているかと思われますが、YouTubeの運用を一任することで自社内の他業務に完全に注力することができます。

YouTubeのプロに運用を代行することのメリットとしては、内製した場合よりも成果を実感できる確率を上げることが可能である、ということが挙げられます。

そのため、YouTubeのマーケティング効果を最大限引き出すためにも、YouTube運用はYouTube運用代行会社に外注するべきであると言えます。

では、具体的にはどのようなプランや料金があるのかということが気になる方もいらっしゃると思いますが、ここで解説するには長くなってしまうので詳しくは以下の記事をご覧ください。

詳細記事
YouTube運用代行会社の費用や選び方について徹底解説!
【比較】YouTube運用代行会社の料金相場や特徴を徹底解説!

字幕代行を行っている会社

字幕代行を依頼する場合には、字幕サービスを主なサービスとして行っている会社、もしくはYouTube運用代行会社で字幕のみを入れるサービスをプランとして用意している会社を選ぶことをおすすめします。

東京反訳

YouTube 字幕代行

東京反訳は動画字幕作成サービスをメインサービスとして展開している会社になります。

字幕代行を主なサービスとして行っているだけあるので、字幕入れに関してはプロであると言えます。

サイトにあるサンプル動画を見てみると、どのような型で字幕を入れているのかが知ることができるのでご覧ください。

こちらは日本語字幕だけでなく、英語、中国語、韓国語の字幕入れにも対応しています。

料金と納期は以下のようになっているのでご確認下さい。

YouTube 字幕代行

株式会社pamxy

YouTube 字幕代行

株式会社pamxyはYouTubeの運用代行をメインサービスとして行っている会社になります。

プロデュースしているチャンネルとしては「あるごめとりい」(チャンネル登録者数55万人)、「ナイツ塙の自由時間」(チャンネル登録者数10万人)、「腰痛・肩こり駆け込み寺【山内義弘】」(チャンネル登録者数26万人)などが存在します。

以上のような実績のある企業が、英語限定の翻訳字幕のサービスを展開しています。

翻訳字幕を付ける手順としては、

①翻訳したい動画をpamxy担当へ指定。

②pamxy担当から送付するファイルをYouTubeへアップロードで字幕化完了。

というようになっています。

価格・納品期間に関しては問い合わせが必要なので、企業HPからお問い合わせ下さい。

YouTubeで字幕代行を依頼してみよう

いかがだったでしょうか、この記事ではYouTubeでの字幕代行について解説しました。

この記事がYouTubeの字幕代行を依頼する際の助けになれば幸いです。

KNOCKでは、今回紹介したYouTube動画への字幕の挿入など豊富なYouTubeノウハウをもとに、企画・撮影・編集・投稿・分析をワンストップで行い、企業様の中長期的なYouTube運用のお手伝いをさせていただいております。

企業様に寄り添い、成果を実感していただけるような運用を行わせていただきますので、 YouTubeマーケティングをご検討の方は、お気軽にご相談ください。


    お名前
    会社名
    メールアドレス
    電話番号
    お問い合わせ内容

    ※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。
    ※お問い合わせは2営業日以内に順次ご返信いたします。