こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「自社の商品は複雑で、取扱説明書等では十分なお客様の商品に関する理解促進をサポートできません。何か打ち手はあるでしょうか?」

確かに 商品によっては取扱説明書等のみでは十分な情報提供が難しいケースもあるのではないかと思います。

そこで今回は、動画を用いて商品やサービスについて消費者に説明するhowto動画について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでhowto動画とは、そしてそのメリット、さらには制作時のポイントを理解することができます。

howto動画とは?

howto動画とは商品やサービスの使い方を 詳細に、わかりやすく説明する動画のことを指します。

例えば、説明書によるテキストでの説明やコールセンターによる口頭での説明だけでは消費者が使用方法を完全に理解することが難しいような 複雑な商品に適した動画です。

また、近年のスマートフォンの普及により、消費者がhowto動画を視聴する環境(例えばYouTubeやその他SNS等)が整備されたことで、howto動画の需要も高まっています。

howto動画のメリットは?

主に以下の4つのメリットが挙げられます。

メリット1 多くの情報を短時間でわかりやすく伝えられる

動画媒体を用いることで多くの情報を短時間で、しかもわかりやすく伝えることができます。

テキストや写真などの紙媒体が1枚あたり1,000文字分の情報量を伝えるとすると、動画は1分間で180万文字文の情報量を伝えることができると言われています。

このように伝えられる情報量に大きな違いがあるため、動画を用いることで消費者に「多くの情報を」「短時間で」伝えることができます。

また、動画を用いることで紙媒体では伝わりづらい細かなニュアンスまで伝えやすいです。

このような差から、動画を用いることで商品、サービスについて消費者に「わかりやすく」伝えることができます。

メリット2 見込み客の不安要素を解消し、購買意欲を高められる

howto動画を用いることで見込み客の「この商品の使い方って難しそう。自分にも使いこなせるかな。」という不安を解消することができます。

メリット1の「多くの情報をわかりやすく伝えられる」という特徴から、消費者に自社の商品やサービスについてより詳細に知ってもらうことができるからです。

消費者がまだ使用したことのない商品、サービスの購入を検討するとき、上記のような不安を抱くことがあるかと思います。

逆に考えれば、howto動画を用いてこの不安要素を取り除くことで 購買意欲を高めることができます。

メリット3 カスタマーサポートの負担を軽減できる

カスタマーサポートへの問い合わせ数が減少し、結果的にカスタマーサポートへの負担が軽減されます。

これは前述の通り、紙媒体と比較して動画媒体はわかりやすく情報を伝えることができるので、消費者の使用方法の理解が促進されるからです。

使用方法が複雑な商品や、 使用時にある程度の専門性が求められる商品は、消費者が自ら使用方法を理解することが難しく、自然とコールセンターへの問い合わせが増加するかと思います。

このような商品の取扱説明にhowto動画を導入するだけでも、 全体として問い合わせ件数が減少することが予想されます。

howto動画の事例

こちらは弊社が制作した「プロディジュー オイル 使い方のご紹介~フェイス編~」という動画で、faceboookの公式アカウントに投稿されています。

使用量や手順はテキストや写真でも理解できる点もありますが、馴染ませ方等動画でなければ理解しづらい点もあります。

また、実際に使っているところを見なければ伝わりづらいポイント(サラサラ感)も動画にすることで訴求できています。

こちらは「【 コメリ Selectなび動画 】フローリングスプレーモップ JS-16S」という動画で、YouTubeの企業公式アカウントに投稿されています。

この35秒のhowto動画を視聴するだけで、製品の使用方法を一通り理解し、すぐに使用することができます。

このように、howto動画を用いることにより使い方を 短時間で、詳細にわかりやすく説明することができます。

how-to動画制作時の注意点は?

1.消費者の視点に立って制作する

howto動画を制作するときには、その商品、サービスを利用するにあたって消費者がどのような問題に直面するのかということを考えて制作しましょう。

これは、howto動画の目的が視聴者の使用方法に対する理解を促進することであるからです。

また、この際に 消費者のメリットを視覚化すると、消費者の購買意欲の向上にもつながります。

2.消費者が求めている情報に容易にたどり着けるような工夫をする

これには主に2つの方法があります。

1つ目は1つの商品に1つのhowto動画を制作するのではなく、 悩みごといくつかのhowto動画を制作するという方法です。

同じ商品に関するhowto動画でも、1本の動画があまりにも長くなってしまうようなときには複数の動画に分けて1本あたりの尺を短くしましょう。

この方法のメリットとしては、1本1本の動画が長いと消費者が求めている情報にたどり着くまでに視聴をやめてしまい、 結局悩みが解決されないということになってしまうことが挙げられます。

逆にデメリットとしては、過度な細分化によって、消費者が自分の悩みを解決してくれる howto動画を見つけづらくなってしまうことが挙げられます。

2つ目は1つの商品に関して1本のhowto動画を制作し、 概要欄で時間ごとの悩みの内容を記述するという方法です。

例えば掃除機に関する4分間のhowto動画を考えます。

最初の1分で起動方法、次の2分間で効果的な掃除方法、最後の1分で片付け、収納方法について説明していたとします。

この場合概要欄に

0:00~ 起動方法について

1:00~ 効果的なお掃除の方法について

3:00~ 使用後の片付け、収納方法について

のような記述を入れることで消費者が求めている情報を容易に見つけることができます。

この方法のメリットとしては、 消費者がhowto動画にたどり着くことが容易であることです。1つの商品に対して1つのhowto動画が対応しているので、商品名を検索することで動画自体は容易に見つけることができます。

デメリットとしては、概要欄を見てもらえなかった場合に 消費者が自分の求めている情報と異なる情報を数分間にわたって見続けなければならないということです。

これを避けるためには、howto動画の冒頭で「概要欄に動画内容と時間について記載してありますので、そちらを参照ください。」のような断りを入れておくと良いでしょう。

このように2つの方法で消費者が求めている情報に容易にたどり着けるよう工夫することが重要です。

3.わかりやすいものにする

howto動画はグラフィックや演出にこだわることなく、わかりやすいものにしましょう。

また、動画だけでは理解が難しいようなシーンにはテロップや図を挿入しましょう。

4.動画を見つけやすくする

制作したhowto動画は自社の公式アカウントなどからSNSに投稿し、できるだけ多くの人に知ってもらえるようにしましょう。

せっかくhowto動画を制作しても、消費者のもとに届かなかったら意味がありません。

5.テロップを大きめにする

消費者がスマートフォンで見ることを考慮して、 テロップは見やすいフォントで大きめに入れましょう。

PCの大きな画面で視聴した際にはテロップが読めることを確認できても、スマートフォンの小さな画面で視聴した場合にはテロップが読み取れない可能性があります。

そうなってしまうと、howto動画の強みである分かりやすさを損なってしまうので気をつけましょう。

howto動画を是非取り入れてみましょう!

今回はhowto動画のメリット、そして制作時の注意点について解説しました。

この記事を参考にして、実際にhowto動画を取り入れてみてください!

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、 YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、数多くの企業様の映像関連の仕事のお手伝い等々をさせて頂いております。

実績はこちら

動画・映像制作についてご検討されてる方は、ぜひお問い合わせください!

記事に関するご不明点や、映像に関するご相談、さらには無料のお見積り等も承っております。

お問い合わせはこちら