こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「YouTubeのチャンネルメンバーシップについての知識が無いのですが詳しく教えていただけないでしょうか?」

確かにYouTubeのチャンネルメンバーシップについてよくわかっていない方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、YouTubeのチャンネルメンバーシップとは何か、詳しい仕組み、メリット、注意点などについて、株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでYouTubeのチャンネルメンバーシップについて詳しい知識をつけることができます。

YouTubeのチャンネルメンバーシップの概要

「チャンネルメンバーシップ」とは、視聴者が毎月料金を支払うことによって「チャンネルメンバー」になり、バッジ、絵文字、その他のアイテムなどの特典を得られる仕組みのことです。

このチャンネルメンバーになるための月額料金はそれぞれのYouTuberが設けた金額ごとに異なります。

登録すると、そのチャンネルが提供するチャンネルメンバー限定の特典が付与され、映像を観ることができます。

YouTuberがチャンネルメンバーシップを始めるための条件

YouTubeのチャンネルメンバーシップの利用資格の最低条件は以下の通りです。

チャンネル登録者数が3万人を超えている

ゲームチャンネルの場合はチャンネル登録者数が1,000人を超えている

チャンネルがYouTubeパートナープログラムに参加している18歳以上である

チャンネル所有者の居住地が利用可能な地域に含まれている

チャンネルが子ども向けとして設定されていない

チャンネルにポリシーに違反する相当数の動画がない

子ども向けとして指定されている動画、または音楽に関する申し立てがある動画は、対象外と判断される

ャンネル所有者がYouTubeの利用規約とポリシーに同意し、それらを遵守している

以上が条件ですが、登録者が3万人をこえてないといけないので、ある程度のハードルがあることに注意です。

チャンネルメンバーシップの特典

全メンバー共通特典

以下の2つは、各チャンネルメンバーになれば必ず得られる共通特典になります。

ライブ配信中にメンバーになると、5分間チャット欄の上部にユーザー名が表示される

コメントすると、チャット欄でのユーザー名にメンバー限定バッジが付く

これらは通知やバッジが付くことで、配信者に気づいてもらいやすくなります。

オリジナル特典

以下の3つは、配信者が独自に設定できる追加特典になります。

メンバー限定のチャット

メンバー限定のカスタム絵文字の利用

メンバー限定バッジの獲得

チャンネルメンバー限定の動画や生配信が公開される

チャンネル配信者の写真・日記・メッセージなどがメンバー限定で公開される

これらはメンバーになっている期間ごとに変わるものもあります。

例えばチャンネル登録者数が523万人の人気YouTuber「SUSHI RAMEN【Riku】」さんの場合は以下の特典になります。

YouTube チャンネルメンバーシップ

チャンネルによっては、このようにメンバーにも種類があったりもします。

メンバーシップ加入方法

チャンネルのホーム画面から、「メンバーになる」というところを選択し、「クレジットカード」または「PayPal」で支払いをします。

YouTube チャンネルメンバーシップ

クレジットカードが無い方は、Visaプリペイドカードを作れる無料アプリの「バンドルカード」を利用して登録することも可能です。

加入するメリット

メリットとして挙げられる点で一番大きいのはやはり他の視聴者と差別化を図ることができる点であると考えます。

冒頭にも述べましたが特典を上手に利用することで、YouTuberに認知してもらうことなども可能であると言えます。

またそのYouTuberがメンバー限定で公開する動画や写真やメッセージなど、一般の視聴者が見ることのできないコンテンツがあるため、ファンでメンバーの方はファンクラブというイメージでより楽しむことができます。

メンバーになる事でYouTuberの収益の手助けにも繋がるのでお互いにメリットがある関係性を構築できます。

注意点

YouTubeの視聴者側

メンバーシップというのはチャンネルごとに異なるのでYouTubeのサブスクライブの中に一つしか存在しないというものではありません。

そのため、自分でどのYouTuberのメンバーになるかしっかりと考えましょう。

YouTuber側

メンバーシップというものは必ずしも良い印象を得られるものではありません。

この制度が始まった当初は「余計な金儲けだ」などという人も少なからずいました。

メンバーシップ制度を導入する前に自分の視聴者の反応を伺うなどしてから導入を検討するのが賢明であると言えます。

YouTubeのチャンネルメンバーシップを利用してみよう!

今回はYouTubeのチャンネルメンバーシップについて詳しく解説しました。

この記事を参考に是非チャンネルメンバーシップの導入や購入を検討してみてください!

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、企業専門のYouTubeマーケティングを展開しています。

お問い合わせ