こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。 先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「YouTube Liveを活用して自社の商品やサービスをより多くの人に見てもらいたいのですがどのようなことに配信すれば良いでしょうか?」

確かに動画を投稿したことはあってもYouTube Liveを利用したことのない方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、YouTube Liveのやり方について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでYouTube Liveとは何か、やり方、メリット、活用方法、注意点などが詳しく理解ができます。

Youtube Live とは

YouTube Live やり方

Youtube Liveとは文字通りYouTube上でリアルタイムの配信を行う事です。

以前まではYouTubeが設けた基準値のチャンネル登録者数が無いと配信できない機能でありましたが、現在ではチャンネル登録者数の有無に関わらず誰でも配信できるような仕組みになっています。(※モバイル端末での配信には制限あり。後に説明。)

近年様々な生配信の媒体が拡大していますが、YouTubeもその一つであり非常に大きな影響力を持っています。

このYouTube Liveをうまく活用すればより多くのユーザーを自身のチャンネルに呼び寄せることができます。

YouTube Liveのやり方

YouTube Live やり方

PC

①「作成」のカメラアイコンをクリックし、「ライブ配信を開始」を選択

youtube live やり方

②今すぐ配信を始めるか、予約配信するかを選択する

youtube live やり方

③PC付属のカメラで配信するか、エンコーダで配信をするか選択する

youtube live やり方

※参考(YouTube):エンコーダ

④配信設定を行う

youtube live やり方

⑤サムネイルの設定をしたら配信を開始

youtube live やり方

モバイル

モバイル端末を使った配信をするには以下の3点を満たしている必要があります。

・チャンネル登録者数1000人以上

・YouTubeアカウントがYouTubeに確認されていること

・過去90日間YouTubeから利用制限を受けていないこと

以上の条件を満たしているのであれば、アプリをダウンロードしてPCと同じような手順で配信しましょう。

YouTube Liveをすることで得られるメリット

YouTube Live やり方

①宣伝効果・集客効果が高められる

YouTube Liveという機能は先程紹介した通り、予約機能があります。

自身のチャンネルを登録しているユーザーには登録チャンネル動画の一覧に予約配信される予定の動画が表示されます。

それを見たユーザーがSNSなどで宣伝した場合、配信以前に拡散されその動画がより認知されやすくなるという宣伝・集客効果が生まれます。

また、投稿者自身がSNSで宣伝してフォロワーなどに拡散してもらうなども効果はあるでしょう。

特に企業アカウントなどは自社の新製品やサービスを告知する際に利用するとより注目度が上がります。

この機能を利用して自社の製品やサービスをLive配信で紹介してみましょう。

また、YouTubeのプレミア公開の機能にも宣伝効果や集客効果があります。

YouTubeのプレミア公開については注目度アップ?YouTubeのプレミア公開について徹底解説をご覧ください。

②生でフィードバックが得られる

YouTube Liveの機能の中には「リアルタイムチャット」が存在します。

視聴者が配信を観ながらコメントできるので、反応を確認しながら配信を進めていくことができます。

視聴者の反応を見ながら臨機応変に進行や内容を調整していくのが良いでしょう。

また視聴者目線でも生の雰囲気が楽しめる点はメリットになります。

視聴者とのコミュニケーションを図る時間を設けてみるのも良いでしょう。

③アーカイブでそのまま残せる

配信した動画は削除することも可能ですが、アーカイブとして残しておくこともできます。

そのため、配信したライブは動画としてそのまま無編集で残しておけるので編集の手間がかかりません

その動画が後に話題になった場合、アーカイブとして残しておけば更なる再生回数や再生時間が見込めます。

④スーパーチャットが使える

YouTube Liveではスーパーチャットというリアルタイムチャットで投げ銭ができる機能があります。

これは生配信中にしか行えません。

配信する前にSMS認証、アドセンスの設定、スーパーチャットでの投げ銭受け取りを設定しておくと、この機能を通じて視聴者から直接収益を得ることができます。

YouTube Liveの活用方法

YouTube Live やり方

YouTube Liveの活用方法として一番効果的であると思われるのは、「視聴者とコミュニケーションを取る」ことであると思われます。

リアルタイムチャットを通じてのコミュニケーションを取ることで、視聴者もその配信に参加する形になるのでよりエンターテインメント性が増して楽しめるコンテンツになります。

質問コーナーなどを設けたり、視聴者にリクエストをしてもらって配信内容を変えても良いでしょう。

YouTube Liveをする上での注意点

YouTube Live やり方

①内容の事前準備はしておく

配信をする前にある程度の台本は用意しておきましょう、特に初めての配信をする人はおすすめします。

何も決めない状態で配信を始めると途中でダラダラとした内容になってしまうことがあります。

どのように進行していくか時間配分を意識しておくと良いでしょう。

②通信環境を整えておく

配信中にWi-Fiによる通信障害が起こるとタイムラグが発生したり、配信自体が止まってしまうこともあります。

思わぬハプニングが起こった際に慌てないためにもWi-Fiの強さはチェックしておきましょう。

③コンテンツに気を付ける

動画をアップする際と同様にYouTubeのコミュニティガイドラインに則って配信を行わなければいけません。

暴力、性的、危険、著作権、不快、脅迫、スパムなどに注意しましょう。

YouTube コミュニティガイドラインをよく読んで確認してください。

YouTube Liveを活用してみよう!

いかがだったでしょうか?

今回はYouTube Liveについてやり方、メリット、活用方法、注意点などを解説しました。

この記事を参考にYouTube Liveを行ってみてください。

YouTube運用を始めてコンバージョンに繋げたい、または自分たちで運用をしてみたけれど明確な方針が定まらず成果が出ない、リソースが足りないといった悩みを抱えている企業様も多いかと思います。

KNOCKでは、動画制作とマーケティングに精通したメンバーを擁して企業様に寄り添い、企業様の成果を第一に考えます。

そして、豊富な動画制作実績や蓄積されたYouTubeノウハウをもとに、企画・撮影・編集・投稿・分析をワンストップで行い、企業様の中長期的なYouTube運用のお手伝いをさせていただいております。

登録者や視聴回数だけでなく、その先の”売り上げや認知にコミットした運用”を行っています。

予算や目的に合わせたプランをご用意いたしておりますので、YouTube運用代行を考えている企業様は、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ