こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「YouTubeのブランドアカウントへの引き継ぎを行いたいのですが、なんだか難しそうでなかなか実行に踏み切れません。どうしたら良いでしょうか?」

確かにブランドアカウントへの引き継ぎはやや手順が複雑でなかなか実行できないという方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、YouTubeのブランドアカウントへの引き継ぎの方法について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

KNOCKでは、企業様の予算や目的に合わせた柔軟なYouTube運用代行プランを用意させていただいております。

YouTube運用を検討しているという企業様はお気軽にご相談ください。

弊社実績やサービスの詳細については以下で詳しく説明しています。

目次

ブランドアカウントへの引き継ぎのメリット

この記事ではデフォルトのアカウントをブランドアカウントに引き継ぐ方法を解説していきますが、そもそもその狙いはなんなのでしょうか?

人によって目的は様々であると思いますが、ここでは代表的なものを2つ挙げます。

googleアカウントへの影響なくチャンネル名を変更できる

デフォルトのアカウントをブランドアカウントに引き継ぐことによってgoogleアカウントへの影響なしにチャンネル名を変更することができるようになります。

と言うのも、デフォルトのアカウントはgoogleアカウントと紐づけられているため、チャンネル名を変更するにはgoogleアカウントの名前を変更する必要があるからです。

例えば、YouTubeのチャンネル名を「アニマル動画チャンネル」に変更したとします。すると、ご自身のGoogleアカウントの名前も「アニマル動画チャンネル」になってしまいます。

お仕事等でgoogleアカウントを使用されている方からしたら非常に不便ですよね。

一方、ブランドアカウントではgoogleアカウントの名前と別にチャンネル名を変更することができます。

複数人でアカウントを共有できる

デフォルトのアカウントをブランドアカウントに引き継ぐことによって複数人でアカウントを共有することが可能になります。

これは主にビジネスでYouTubeを活用されている方に当てはまりますが、これにより、企業のYouTubeアカウントを複数人で協力して運用していくということが可能です。

また、複数人で運用することで詳細な役割分担も可能になるため、一人で何から何までやらないといけない、というタスクに追われることがなくなります。

ブランドアカウントへの引き継ぎを行っても引き継げないもの

この記事に記載のある作業方法で引き継げないものとしては以下のものが挙げられます。

  • 以前にご自身が投稿されたコメント(コメントへの返信も含む)
  • 送受信したメッセージ
  • 認証バッジ
  • カスタムURL
  • コミュニティ設定の自動フィルタ

逆に、これ以外の物は基本的に引き継ぎ可能です。

ブランドアカウントへの引き継ぎ方法

それでは本題の引き継ぎ方法の解説に入っていきます。

ここではデフォルトのアカウント「サトウヒロシ」からブランドアカウント「サトウヒロシ2」への引き継ぎを例に解説していきます。

また、この記事では全体の工程を「引き継ぎのブランドアカウントを用意する」「ブランドアカウントへの引き継ぎを実行する」の2つに分けて解説していきます。

手順が若干長いですが、落ち着いてやれば難しいことではないので是非この記事を見ながら実際に手を動かしてみてください。

引き継ぎ先のブランドアカウントを用意する

step1 ご自身のデフォルトのアカウントでYouTubeにログインし、「設定」を開く

youtube アカウント 引き継ぎ

step2 「チャンネルを追加または管理する」を選択

youtube アカウント 引き継ぎ

step3 「新しいチャンネルを作成」を選択

youtube アカウント 引き継ぎ

step4 引き継ぎ先のブランドアカウントの名前を入力する

これに関しては後々変更することができます。

youtube アカウント 引き継ぎ

確認 ここまでの手順がうまくいっているかを確認します

再びYouTubeのホーム画面に戻り、「アカウントを切り替える」を選択

youtube アカウント 引き継ぎ

先ほど作成したアカウントが表示されていればここまでの作業は問題なく実行されています

youtube アカウント 引き継ぎ

ブランドアカウントへの引き継ぎを実行する

step5に移行するにあたって、引き継ぎ元のチャンネル(ここではサトウヒロシ)でYouTubeにログインしてください。

step5 step1と同様に「設定」画面を開き、「詳細設定を表示する」を選択

youtube アカウント 引き継ぎ

step6 「チャンネルをブランドアカウントに移行する」を選択

このあとGoogleアカウントのパスワードの入力画面が出現する場合がありますが、指示に従い入力してください

youtube アカウント 引き継ぎ

step7 step3,4で作成したアカウント(この場合はサトウヒロシ2)を選択

youtube アカウント 引き継ぎ

step8 このような確認画面が表示されるので、「チャンネルを削除」を選択

ここで削除という言葉に惑わされ作業を進めることを躊躇してしまう方がいますが、削除されるのはあくまで引き継ぎ先のアカウント(サトウヒロシ2)のデータであり、元のアカウントであるサトウヒロシのアカウントのデータは削除されません。

youtube アカウント 引き継ぎ

step9 「チャンネルを移動」を選択

youtube アカウント 引き継ぎ

step10 このような確認画面が表示されるので、「チャンネルを移動」を選択

youtube アカウント 引き継ぎ

step11 「OK」を選択

youtube アカウント 引き継ぎこれで全ての手順が完了しました。

この後10分程度待つと引き継ぎが完了されています。

これにより前述の「googleアカウントへの影響なくチャンネル名を変更できる」「複数人でアカウントを共有できる」等のメリットが享受できるようになります。

チャンネル名の変更方法については登録者数が急増!?すぐに実践可能なチャンネル名の決め方を解説!をご覧ください。後半に記述があります。

ブランドアカウントを活用してスムーズな運用を実現しましょう

いかがだったでしょうか。この記事ではYouTubeのブランドアカウントへの引き継ぎの方法を解説しました。

この記事を参考に、実際にブランドアカウントを活用してみてください。

YouTube運用を始めてコンバージョンに繋げたい、または自分たちで運用をしてみたけれど明確な方針が定まらず成果が出ない、リソースが足りないといった悩みを抱えている企業様も多いかと思います。

KNOCKでは、動画制作とマーケティングに精通したメンバーを擁して企業様に寄り添い、企業様の成果を第一に考えます。

そして、豊富な動画制作実績や蓄積されたYouTubeノウハウをもとに、企画・撮影・編集・投稿・分析をワンストップで行い、企業様の中長期的なYouTube運用のお手伝いをさせていただいております。

KNOCKは、YouTube業界におけるネットワークを生かした大物インフルエンサーのアサインも可能となっています。 以下はKNOCKが制作した動画の一例です。 ぜひご覧ください。

また、KNOCKは登録者や視聴回数だけでなく、その先の”売り上げや認知にコミットした運用”を行っています。

予算や目的に合わせたプランをご用意いたしておりますので、YouTube運用代行を考えている企業様は、お気軽にご相談ください。


    お名前
    会社名
    メールアドレス
    電話番号
    お問い合わせ内容

    ※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。
    ※お問い合わせは2営業日以内に順次ご返信いたします。