こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「自社サービスをわかりやすく具体的に伝えたいと考えているのですが、何かいい方法はないでしょうか?」

確かに自社の商品やサービスを具体的かつ的確に伝える方法を心得ている方は多くはないのではないかと思います。

そこで今回は、会社の魅力を具体的に伝えることができるPR動画について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでPR動画について理解し、会社の宣伝に生かすことができます。

 

そもそもPR動画とは?

この部分は、PR動画について知っている方は飛ばしていただいて構いません。

PR動画は以下のようなものになります。
“サービス・商品を単に主張するだけではなく、顧客に寄り添った形でストーリーを構成します。顧客の悩みや課題意識を共有/共感した上で、サービス・商品がいかに顧客の為になるかを動画が語りかけます。その中で、絞り込んだ強み、客観的な数値、信頼たる第三者の意見、CTAなどを可能な限り盛り込み、サービス・商品の利用価値を高めます。”(当社HPより引用:https://knock.co.jp/service/

要するに、PR動画とは顧客を中心に据えて自社の製品・サービスの認知拡大、販売促進を目指す動画です!

PR動画のメリットは?

では、上記のPR動画を制作するメリットは何なのでしょうか?

メリット1 多くの情報を短時間でわかりやすく伝えられる

動画媒体を用いることで多くの情報を短時間で、しかもわかりやすく伝えることができます

テキストや写真などの紙媒体1枚が伝える情報量が1,000文字分であるのに対して、動画1分間の情報量は180万文字分にもなると言われています。

このように伝えられる情報量に大きな違いがあるため、動画を用いることで消費者に「多くの情報を」「短時間で」伝えることができます。

また、動画を用いることで紙媒体では伝わりづらい細かなニュアンスまで伝えやすいです。このような差から、動画を用いることで消費者に「わかりやすく」伝えることができます。

メリット2 抽象的なものでも理解促進することができる

動画媒体を用いることで抽象的な商材に関する視聴者の理解を促進できます。

抽象的なサービスや、複雑な商品のPRをするとなると、見込み客にいかにその商材について理解してもらうかが鍵となります。

このとき、紙媒体やテキスト媒体で上記のような商材をPRしても、見込み客がよく理解できずに尻込みしてしまうことがあります。

そこで、動画媒体を用いる、例えばCGやアニメーション、テロップや図表を用いることで見込み客の理解を促すことができます。

メリット3 記憶に残りやすい

動画媒体を用いることで見込み客にあなたの商材を覚えてもらうことができます。

というのも、動画媒体は紙媒体と比較して記憶の定着率が大きく異なるからです。実際に、動画媒体で認知した情報はテキスト媒体で認知した情報の2倍の定着率があると言うアメリカの研究データがあります。

メリット4 スマートフォンで視聴される可能性もある

近年のスマートフォンの普及によって見込み客がPCだけでなくスマホでも動画を見ることが一般化しているので、PR動画が見込み客の目に触れる機会が増加してきています。

PR動画の事例

株式会社KNOCKが制作を担当した、横浜のPR動画。「街や旅先での寄り道」をコンセプトに、見込み客である2,30代女性が横浜での寄り道を楽しむ様子を動画にしている。

こちらは私たちが制作した横浜のPR動画です。

「街や旅先での寄り道」をコンセプトに、見込み客である2,30代女性が横浜での寄り道を楽しむ様子を動画にしています。

PR動画作りの手順

結論から言うと、PR動画制作は映像制作会社に依頼する方が効率がよいです。

映像制作経験者などリソースが自社内に揃っていれば内制も可能ですが、このような会社は少ないのではないでしょうか。

そこで、ここでは依頼に至るまでのステップを紹介します。

また、以下のステップに関しては依頼した映像制作会社からのヒヤリングもあるかと思いますが、まずはご自身で整理されると良いかと思います。

Step1 目的の把握

まずは「何を」「どのように」PRするのかを決定します。

ここを明確にしておかなければ、制作時に軸がぶれてしまい、結局何を伝えたい動画なのか曖昧になってしまいます。また、それによって視聴者が混乱してしまい、せっかく制作したPR動画が視聴者の印象に残らなくなってしまいます。

Step2 ターゲットの把握

PR動画のターゲットを設定します。

より明確なターゲット(ペルソナ※)を設定することで、特定の見込み客に寄り添った内容が構成できます。

例えば同じ高校生でも、「運動系の部活に所属している高校生」をターゲットにするのか、「文化系の部活に所属している高校生」をターゲットにするのかでPR動画の構成が大きく異なると思います。

Step3 制作会社に依頼

ここまで明確にできたら、制作会社に依頼しましょう。

依頼に至るまで「2ステップだと不十分なのでは?」と思われるかもしれませんが、ここからは制作会社が深掘りするので、ここまでご自身で整理されていれば十分です。

PR動画を制作して自社製品の認知向上、販売促進を図ろう!

今回はPR動画の作り方について解説しました。

この記事を参考に実際にPR動画を制作しましょう!

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、数多くの企業様の映像関連の仕事のお手伝い等々をさせて頂いております。

実績はこちら

動画・映像制作についてご検討されてる方は、ぜひお問い合わせください!

記事に関するご不明点や、映像に関するご相談、さらには無料のお見積り等も承っております。

お問い合わせはこちら