宮迫さんとMAX鈴木のコラボ動画撮影現場に突入!

「YouTubeの動画ってどうやって撮影しているのでしょうか?」というお声を多数いただいたので、YouTubeの撮影現場の様子を定期的に更新していきたいと思います!また、今回は記念すべき第一回です!

YouTube用の動画を撮影する際に参考にしていただけたら幸いです。

また、弊社が普段行っている撮影の様子、雰囲気を少しでも感じ取っていただけたらと思います。

今回は、先日公開された「MAX鈴木TV×宮迫ですッ!コラボ企画」の撮影現場の様子を公開いたします。

動画はこちらになります。ぜひご覧ください!

動画の内容

まずは簡単に動画の内容をご説明いたします。

制限時間ありのざる蕎麦大食い限界バトル!!」と題して、宮迫さん率いるチーム宮迫ですッ!VS日本一のフードファイターMAX鈴木のフードファイトを行います。

宮迫さんチームにはハンデとして、宮迫さん、ニシキドさん、ツツミさんの3人で交代しながら蕎麦を食べても良いことに加え、最強助っ人も参戦しています。

詳細についてはぜひ動画をご覧ください。

また、本日の対戦食材はこちらになります!とても美味しそうですね。

この写真ではわかりづらいかと思いますが、こちらのざるそばは1枚あたり280gとかなりボリュームがあります。

一般的なざる蕎麦は1人前で100g程度なので、こちらは1枚で2.8人前分の量があります。

それでは早速ですが以下、撮影当日の様子を紹介していきます。

撮影開始前

撮影場所

まず今回の撮影場所ですが、茗荷谷駅改札を出てすぐの「蕎麦蔵結 茗荷谷店」になります。

改札を出てすぐ左に入り口があります。

先程の階段を降りると「蕎麦蔵 結」の看板が見えます。本日はこちらのお店で撮影を行わせていただきます。

撮影準備

撮影準備の様子をお伝えする前に、機材を紹介します。今回撮影に使用する機材はこちらの2つになります。

まずはこちらがSONYのAX45というハンディカムになります。

続いてこちらがSONYのSF5というシネマカメラになります。

つぎに、撮影の準備の様子をご紹介します。
今回は企画の趣旨が大食いということもあり、出演者の位置を固定して撮影を行うので、撮影開始前の準備として撮影場所のセッティングを行います。
カメラを設置して映りを確認しながら机や椅子の位置、カメラの角度等の微調整をしていきます。

また、弊社の社員が出演者を想定した位置につき、入念に映りを確認していきます。(ガッツリカメラ目線ですね)

ちなみに、このこれは出演者の立ち位置や転換のタイミング、段取りなどを確認する作業を「場当たり」と言います。

機材等のセッティングが済んだら、スケジュール通り撮影を行うため、また良質なコンテンツを作成するため入念に打ち合わせを行います。

MAX鈴木さんもこの真剣な表情です。

弊社の社員は事前に撮影の段取りを頭に入れて撮影に臨んでいますが、それでも本番前に入念な打ち合わせを行います。

撮影本番

では、いよいよ撮影本番です。

今回の撮影では、オープニング、本番(実食)、エンディングの3つの部分から構成されます。

オープニングの撮影

今回のオープニングは、お店の前で撮影しました。

また、こちらはオフショットですが、出演者のみなさんに大食い対決に向けての意気込みを写真で見せていただきました。

最強助っ人のえびまよさん(YouTubeチャンネルはこちら

宮迫さんチーム(YouTubeチャンネルはこちら

MAX鈴木さん(YouTubeチャンネルはこちら

実食開始

それでは、みなさんでいただきますをしたのと同時に大食い対決スタートです。

MAX鈴木さんの食べっぷりに宮迫さんも呆気にとられています(笑)

また、えびまよさんも負けじと大量の蕎麦を頬張ります。

中盤になると、みなさん苦悶の表情を見せる場面もみられました。

弊社の社員も、大食いシーンを一瞬も取り損ねないよう集中しています。

こちらは制限時間が終了した後のみなさんの様子です。

満身創痍という感じですね(笑)

エンディング撮影

※ここからはネタバレを含みますので、まだ動画をご視聴になっていないという方はこちらをご覧ください!

最後に、結果発表とエンディングを撮影します。

気になる結果は…※2枚目の写真がネタバレを含みます。

僅差で宮迫さんチームの勝利です!おめでとうございます!

その後も順調にエンディングの撮影が続きます。

と思いきや、MAX鈴木さんが頭を下げています。何があったのでしょうか?

気になる方はぜひ、動画をご覧ください!動画はこちら

最後にみなさんで記念撮影です。みなさんとても良い笑顔ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

弊社の運用するKNOCKtimes!!では、定期的にYouTubeの撮影現場の様子を公開していく予定です。

YouTube運用を始めてコンバージョンに繋げたい、または自分たちで運用をしてみたけれど明確な方針が定まらず成果が出ない、リソースが足りないといった悩みを抱えている企業様も多いかと思います。

KNOCKでは、動画制作とマーケティングに精通したメンバーを擁して企業様に寄り添い、企業様の成果を第一に考えます。

そして、豊富な動画制作実績や蓄積されたYouTubeノウハウをもとに、企画・撮影・編集・投稿・分析をワンストップで行い、企業様の中長期的なYouTube運用のお手伝いをさせていただいております。

登録者や視聴回数だけでなく、その先の”売り上げや認知にコミットした運用”を行っています。

予算や目的に合わせたプランをご用意いたしておりますので、YouTube運用代行を考えている企業様は、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ