こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「再生回数を増やす上でブラウジング機能からの流入が重要と聞いたのですが、ブラウジング機能とはどのような機能なのでしょうか?」

確かにブラウジング機能と聞いてその詳細を説明できる方は多くはないのではないかと思います。

そこで今回は、ブラウジング機能の仕組み、そしてブラウジング機能を活用するためのポイントについて、

株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでブラウジング機能について一通り理解し、大幅な再生回数の増加を目指すことができます。

ブラウジング機能の概要

ブラウジング機能は「YouTubeからのおすすめ」

ブラウジング機能とは、今までの視聴者の行動履歴からYouTubeが視聴者のトップページ、再生履歴、登録チャンネルなどの画面におすすめ動画を表示する機能です。

といっても、ブラウジング機能からの流入の9割程度がトップページからの流入になることがほとんどです。なので、ブラウジング機能のアクセス=トップページからのアクセスと認識していただいて問題ありません。

確認方法

では、動画のブラウジング機能からの流入の有無を確認する方法はあるのでしょうか?

実際に弊社が運用しているYouTubeチャンネルを例に確認しましょう。

Step1 YouTube Studioをクリック

ブラウジング機能とは

Step2  左のメニューバーからアナリティクスをクリック

ブラウジング機能とは

Step3 上のバーからリーチをクリック

ブラウジング機能とは

Step4 少し下にスライドしてトラフィックソースの種類の部分からブラウジング機能の割合を確認

ブラウジング機能とは

Step5 左のメニューバーの動画の部分をクリック→確認したい動画のアナリティクスリーチの順にクリック

ブラウジング機能とは

ブラウジング機能の重要性

このブラウジング機能に認知されると一気に再生回数が伸び、チャンネル登録者数も増えるため、YouTubeチャンネルを運用していく際に最も重要な流入源のうちの1つです。

実際に、以下のアナリティクスは弊社が運用するYouTubeアカウントでブラウジング機能の恩恵を受けて一気に再生回数が伸びた事例になります。

ブラウジング機能とは

ブラウジング機能を活用するための方法

YouTubeのアルゴリズムは公開されていないため、確証があるわけではありませんが、以下が弊社がブラウジング機能からの流入を増やす上で重要であると考える要因になります。

  • 同じようなジャンルの動画をアップし、1つのチャンネル内で回遊(次から次へと別の動画を見てもらう)してもらうこと
  • 一定間隔で定期的に動画を配信すること
  • 高評価、コメントを多くつけてもらうこと
  • トレンドに即した動画を投稿すること
  • インプレッションのクリック率は7%以上を達成すること
  • 10分以下の動画に関しては3分以上の総再生時間を達成すること
  • 10分以上の動画に関しては30%以上の視聴維持率を達成すること

これら全てを達成するのは難しいかもしれませんが、1つでも多くを達成することができれば自ずとブラウジング機能からの流入は増えてくるかと思います。

ブラウジング機能以外の主要なアクセス流入源

YouTube上の視聴者の流入源としては以下のようなものがあります。

  • YouTube検索
  • ブラウジング機能
  • 関連動画
  • チャンネルページ
  • 再生リストページ
  • 終了画面
  • 通知
  • 外部(webページやtwitterなど)

この中で特に重要なものはブラウジング機能を除いてYouTube検索、関連動画、チャンネルページの3つになります。それぞれを簡単に見ておきましょう。

関連動画

動画を視聴している際、画面内にYouTubeのおすすめする動画が表示されます。

基本的には、関連動画からの流入が最も多いことがほとんどです。

YouTube検索

検索欄でユーザーが検索して表示されます。

例えばあなたが台湾旅行を企画していて、下調べに「台湾 旅行」と検索したとします。

この時にあなたの動画が表示された場合、YouTube検索からの流入といいます。

チャンネルページ

文字通りYouTubeチャンネルのページにそのチャンネルの動画が全て表示されます。

ブラウジング機能を活用してチャンネル拡大を目指そう!

今回はブラウジング機能について解説しました。

この記事を参考にブラウジング機能を活用し、チャンネル拡大を目指しましょう!

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、企業専門のYouTubeマーケティングを展開しています。

YouTubeチャンネルの運用についてご検討されている方は、ぜひお問い合わせください!

記事に関するご不明点や、映像に関するご相談、さらには無料のお見積り等も承っております。