こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「YouTubeがどのような点を重要視しているのかということを知ることでYouTube運用に生かしたいです。いったいどのような点をYoutubeは評価するのでしょうか?」

確かにYoutubeが動画やチャンネルのどのような点を評価しているのか気になる人も多いのではないかと思います。

そこで今回は、Youtubeアルゴリズムの仕組みと最適化する方法について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでYouTubeにおけるアルゴリズムの仕組みを理解し、動画に生かすことができます。

YouTubeのアルゴリズムを理解し、最適化する方法

YouTubeに投稿する動画にキーワードを含める

YouTubeのアルゴリズムを理解し、動画を最適化したいと考えているならば、動画の隅々にキーワードを含めることがとても重要となってきます。

サムネイルやタイトル、動画概要欄やファイル名などにもキーワードを含めることでYouTube動画を最適化することに繋がります。

キーワードを多く含めることで、アルゴリズムにその動画の内容をきちんと伝えることができます。

再生回数を増やすためにも、こうした細かい部分を詰めることを怠らずに、対策したいキーワードを多く含めるようにしましょう。

YouTube動画のハッシュタグを充実させる

動画につけるハッシュタグを充実させることも重要です。

YouTube動画において最適なハッシュタグの数は、およそ3~5個だと言われています。

投稿する動画と同じジャンルの似た動画が使用しているハッシュタグと同じものを使用することで、関連動画に表示される可能性が高まります。

YouTubeアルゴリズムに影響を与える要素

視聴回数

YouTubeはある動画やチャンネルを評価する際に、視聴回数を重視しています。

同じような内容の動画が複数ある場合、関連動画に表示されやすいのは視聴回数が多いものです。

その為にも、視聴回数を増やすということは重要な要素となります。

しかし、ここで陥ってしまいがちな勘違いがあります。

それは、「ただ視聴回数が伸びればいい」というものです。

YouTubeが重視しているのは、YouTube上でその動画がどれだけ視聴されているかということであり、Webページなどでいくら視聴されてもあまり効果があるとは言えません。

この理由として、YouTubeはWebページ経由で視聴したユーザーについて詳細を知ることができないためです。

YouTube動画の視聴回数を伸ばすための方法については、下の記事を参考にしてみて下さい。

・動画タイトル・・・YouTube動画のタイトルの文字数など、再生回数を爆発的に伸ばす方法を解説!

・ハッシュタグ・・・つけるだけで再生回数が増加?YouTubeハッシュタグの効果を解説!

チャンネル登録者数

視聴回数と同様に、チャンネル登録者数もYouTubeが動画やチャンネルを評価する重要な要素です。

チャンネル登録者数が多ければ多いほどYouTubeに評価され、チャンネルを最適化させることに繋がります。

チャンネル登録者数を増やすための施策に関しては、下の記事を参考にしてみて下さい。

・チャンネル名・・・登録者数が激増!即実践可能なYouTubeチャンネル名の決め方を解説!

・登録者数1000人突破まで・・・YouTubeチャンネル登録者数1000人を突破する方法を解説!

動画の評価

動画の高評価の割合が多いほどYouTubeに評価されるようになります。

視聴回数が多くても半分程度低評価のついている動画は、あまり高い評価をもらうことはできません。

また、気を付けるべきなのは、評価の「数」ではなく「割合」を重視するということです。

その為、例えば低評価が1000個ついていたとしても、高評価が10000個ついているなどという場合は、YouTubeに評価してもらうことが可能です。

視聴維持率

視聴維持率というのは、ユーザーがその動画をおよそ何分程度見たのかというものを平均してパーセンテージ化したものです。

視聴回数が同じで評価の割合も大差ない場合、この視聴維持率が重要視されます。

YouTubeアルゴリズム最適化を行うメリット

関連動画に表示されるようになる

YouTubeアルゴリズム最適化を行う最大のメリットは、関連動画に表示されるようになるということです。

関連動画に表示されるようになれば、自ずと動画の視聴回数やチャンネル登録者数の増加に繋げることができます。

より広範囲に情報を届けることができる

視聴回数やチャンネル登録者数が増えることで、より広範囲に情報を届けることができるように、つまりリーチ力が高くなります。

YouTube上でPRしたい商品やサービスがあるときにも、そのリーチ力を生かして多くの人にその商品やサービスを知ってもらうことが可能となります。

YouTubeのアルゴリズムを理解し、最適化を行おう

本記事では、YouTubeのアルゴリズムについて解説しました。

この記事を参考にYouTubeアルゴリズムの最適化を行い、チャンネル拡大を目指しましょう。

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、企業専門のYouTubeマーケティングを展開しています。

お問い合わせ