こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「YouTubeの終了画面という機能が便利と伺ったのですが、作り方が釈然としません。どのように活用すれば良いのでしょうか?」

確かに終了画面の作り方(設定方法)がよくわからないという方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、活用することでチャンネルの成長が見込める終了画面について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでYouTubeの終了画面について完全に理解し、実際に設定することができます。

YouTubeの終了画面とは?

終了画面とは、動画の最後の5〜25秒に設定することのできる、関連した動画へ誘導したり、チャンネル登録を促したりすることのできる機能です。

要するに最後まで動画を視聴してくれた聴者を再生回数やチャンネル登録者数増加に向けて特定の行動に誘導することができます。

※20秒以上の動画でしかこの機能を用いることはできません。

実際に、以下は弊社の運用するチャンネルの動画で終了画面を用いた例になります。

以下をクリックすると動画が再生されます。(32:41から終了画面が表示されます。)

この機能は表示する場所やタイミング、配置を自由に編集できるなど自由度が高い一方、同時にテンプレートやインポートという効率化のための機能もあります。

これらも踏まえて解説していきます。

YouTubeの終了画面の設定方法(作り方)

step1  YOUTUBE STUDIOの動画をクリック

step1

step2 動画の編集をクリック

step2

step3 少し下にスクロールしていただき、終了画面をクリック

step3step4 左上のをクリックし、追加したい要素を選択

step4

step5 配置、タイミングを編集

step5

以上になります。

少し大変ですが、慣れればすぐなので練習してみてください。

YouTubeの終了画面の構成要素

終了画面の構成要素としては以下の4つのものがあります。

  • 動画または再生リスト
  • チャンネル登録
  • 承認済みウェブサイト
  • チャンネル

では、以下でそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

動画または再生リスト

他の動画に誘導することができます。

さらに、この動画または再生リストには動画に関しては3つの選択肢があります。

1つ目は最新のアップロードです。これを用いると、あなたのアップロードした動画の中で最新のものが自動的に表示されます。

2つ目は視聴者に適したコンテンツです。これを用いると、あなたのチャンネルから視聴者に合うと思われる動画が自動的に表示されます。

3つ目は動画または再生リストを選択です。これを用いると、あなたが視聴者に見せたい動画を自分で選択して表示させることができます。

再生リストの場合は、「最新のアップロード」や「視聴者に適したコンテンツ」という選択肢はありません。

自分で選択した再生リスト表示させる機能のみ利用可能です。

再生回数の増加や回遊率の上昇が見込めるので非常に重要な機能です。

チャンネル登録

終了画面に「チャンネル登録」ボタンを表示させることができます。

チャンネル登録者数の増加が見込めるので 非常に重要な機能です。

承認済みウェブサイト

この機能はYouTubeパートナープログラムのメンバーのみに提供されています。

関連するウェブサイトや承認済みのクラウドファンディング、ECサイトへの誘導が可能となります。

企業の公式チャンネル等はぜひ活用したい機能です。

チャンネル

別のチャンネルを宣伝できます。

サブチャンネルのようなものがある場合は有効な機能です。

YouTubeの終了画面設定を効率化する方法

いちいち終了画面を設定するのはなかなか骨が折れますよね。

そこで、大幅な効率化を実現できる機能を2つ紹介したいと思います。

インポート機能

1つ目はインポート機能です。インポート機能とは過去の動画の終了画面をそのまま他の動画にも適用させる機能です。

実際に設定方法を見ていきましょう。

step1 終了画面の設定方法のstep3まで実行した後、右上の動画からインポートを選択

インポート step1

step2 終了画面をインポートしたい動画を選択

インポート step2

これで終わりです。

非常に簡単なので、是非一度練習してみてください。

テンプレート機能

2つ目はテンプレート機能です。これは、YouTube側から提案された終了画面のレイアウトをそのまま用いるという機能です。

実際に設定方法を見ていきましょう。

step1 終了画面の設定方法のstep3まで実行した後、表示されているテンプレートの中から適用したいものを選択

テンプレート

これで終わりです。

こちらも非常に簡単なので、是非一度練習してみてください。

終了画面利用時のポイント

サムネイルが重要

終了画面から再生回数を増加させるためにはサムネイルが最も重要です。

これは動画または再生リストに関して言えることなのですが、終了画面に表示されるのはサムネイルのみであるため、なるべくシンプルで目立つ、また一見して動画の内容が伝わるようなサムネイルを意識しましょう。

配置、タイミングが重要

モバイルからの視聴を考慮し、ボタンがなるべく 下部に表示されるようにしましょう。

最近はモバイル端末からの視聴が主流になってきていますが、仮にチャンネル登録ボタンが画面上部に表示されたら押しにくいですよね。

モバイルから視聴している視聴者のこと意識して、下部にボタンが集中するよう意識しましょう。

しかし、同時にあまりに多くのボタンが表示されても混み合った印象を与えてしまうため、時間差で表示させる等の工夫をしましょう。

カードと併用しない

YouTubeカード機能の表示と重ならないようしましょう。

これは単純に、終了画面に隠れてYouTubeカードが表示されなくなってしまうからです。

Youtubeカード機能についてはYouTubeカードとは?YouTubeのプロが解説!をご覧ください。

終了画面を用いて再生回数、チャンネル登録者数増加を目指そう

いかがだったでしょうか?この記事では終了画面の設定方法やポイントについて解説しました。

これを参考に終了画面を設定し、再生回数、チャンネル登録者数の増加を目指しましょう。

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、企業専門のYouTubeマーケティングを展開しています。

YouTubeチャンネルの運用についてご検討されている方は、ぜひお問い合わせください!

記事に関するご不明点や、映像に関するご相談、さらには無料のお見積り等も承っております。