こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「YouTubeではチャンネル登録URLというものが有効と伺ったのですが、その作成方法、活用方法がわかりません。」

確かにチャンネル登録URLの存在は知っていても、作成、活用を自在にできるという方は少ないのではないかと思います。

そこで今回は、チャンネル登録URLの作成、活用方法とその際の注意点について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

KNOCKでは、企業様の予算や目的に合わせた柔軟なYouTube運用代行プランを用意させていただいております。

YouTube運用を検討しているという企業様はお気軽にご相談ください。

弊社実績やサービスの詳細については以下で詳しく説明しています。

YouTubeのチャンネル登録URLの作成方法

自分のYouTubeチャンネルのIDを確認する

チャンネル登録URLを作成するにはまず、ご自身のYouTubeチャンネルのIDを確認する必要があります。

以下の手順でチャンネルIDを確認してください。

step1 右上のアイコンをクリックし、「チャンネル」をクリック

youtube チャンネル登録 URL

step2 URLの「/channnel/」と「?view」の間をコピー

youtube チャンネル登録 URL

※この写真のように「?view-as=subscriber」が表示されない場合は、「/channnel/」以降をコピーしてください

雛形に打ち込む

次に、先程コピーしたご自身のチャンネルIDをこの雛形の「ここにチャンネルIDをペースト」の中にペーストしてください。

https://www.youtube.com/channel/ここにチャンネルIDをペースト?sub_confirmation=1

これでチャンネル登録URLは完成です。

確認のため、今作成したURLをgoogleのタブに打ち込んでみてください。

このようなポップアップが出現したら正常に作成されています。

youtube チャンネル登録 URL

チャンネル登録URLの活用方法

概要欄に書き込む

先程作成したチャンネル登録URLを活用する方法として、動画概要欄に貼ることが挙げられます。

そうすることで、動画を視聴している視聴者にチャンネル登録を促すことが可能になります。

このとき、「日頃から〇〇に関する動画を上げています。是非チャンネル登録お願いします!」のように、簡単なチャンネルの紹介とチャンネル登録を促す文言を添えると、

視聴者のチャンネル登録率が飛躍的に上昇するので是非このような文言を付け加えてください。

ボタンを作成する

先程作成したチャンネル登録URLを活用するもう一つの方法として、webサイトやブログにYouTubeチャンネル登録ボタンを埋め込むことが挙げられます。

これにより、YouTube以外のページからのチャンネル登録を促すことが可能になります。

まずYouTube公式-Subscribe Buttonを開いてください。

step1 「チャンネル名またはID」の欄にご自身のIDを入力

youtube チャンネル登録 URL

チャンネル名を入力しても、プレビューの部分にエラーと表示されてしまうのでIDを入力しましょう。

step2 好みに合わせてボタンの外観をカスタマイズ

youtube チャンネル登録 URL

それぞれの項目とそのオプションについて解説します。

項目 プション
レイアウト ・デフォルト→ボタンのみ表示される

・フル→チャンネルアイコンも表示される

テーマ ・デフォルト→白基調

・ダーク→黒基調になる

チャンネル登録者数 ・デフォルト→登録者数が表示される

・非表示→登録者数が表示されない

step3 ソースコードをコピーする

youtube チャンネル登録 URL

コピーしたコードをwebサイトやブログに貼り付け、チャンネル登録を促しましょう。

チャンネル登録URL活用の際の注意点

短縮形はしない方が良い

YouTubeのチャンネル登録URLは長いので、短縮URLを活用しましょう、というような記事を多く見かけますが、これはあまりお勧めしません。

なぜかというと、短縮URLを活用することでチャンネルのYouTubeでのパフォーマンスが悪くなってしまうからです。

例えば、短縮URLを使っているチャンネルの動画は関連動画に表示されづらくなるという話は有名ですね。

なぜこのようなことが起きるかというと、短縮URLを用いることでURLをクリックした人が一時的にYouTubeの外に遷移してしまうからです。

YouTubeはこれを嫌うため、短縮URLの活用を好まないのです。

概要欄のデフォルト設定を活用したほうが良い

先程、動画概要に貼ることでにチャンネル登録URLを活用しましょうという話をしました。

しかし、毎回チャンネル登録URLをコピペするのは面倒ですよね。

そこで、アップロード動画のデフォルト設定というものを紹介します。

step1 「YouTube Studio」を開く

step2 左のメニューから「設定」を開く

youtube チャンネル登録 URL

step3 「アップロード動画のデフォルト設定」をクリック

youtube チャンネル登録 URL

step4 「説明」の欄に固定の文言とチャンネル登録URLを入力

youtube チャンネル登録 URL

step5 「保存」をクリック

youtube チャンネル登録 URL

以上でアップロード動画のデフォルト設定は完了です。

YouTubeのチャンネル登録URLを活用しましょう!

いかがだったでしょうか?

この記事ではYouTubeのチャンネル登録URLとその作成方法、活用方法、さらにはその注意点について説明しました。

この記事を参考に、チャンネル登録URLを作成、活用し、チャンネル登録者数を増加させましょう。

YouTube運用を始めてコンバージョンに繋げたい、または自分たちで運用をしてみたけれど明確な方針が定まらず成果が出ない、リソースが足りないといった悩みを抱えている企業様も多いかと思います。

KNOCKでは、動画制作とマーケティングに精通したメンバーを擁して企業様に寄り添い、企業様の成果を第一に考えます。

そして、豊富な動画制作実績や蓄積されたYouTubeノウハウをもとに、企画・撮影・編集・投稿・分析をワンストップで行い、企業様の中長期的なYouTube運用のお手伝いをさせていただいております。

KNOCKは、YouTube業界におけるネットワークを生かした大物インフルエンサーのアサインも可能となっています。 以下はKNOCKが制作した動画の一例です。 ぜひご覧ください。

また、KNOCKは登録者や視聴回数だけでなく、その先の”売り上げや認知にコミットした運用”を行っています。

予算や目的に合わせたプランをご用意いたしておりますので、YouTube運用代行を考えている企業様は、お気軽にご相談ください。


    お名前
    会社名
    メールアドレス
    電話番号
    お問い合わせ内容

    ※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。
    ※お問い合わせは2営業日以内に順次ご返信いたします。