こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「たまにチャンネル登録者数を非表示にしているチャンネルを見かけるのですが、あれにはどのような意図があるのでしょうか?」

確かに チャンネル登録者数を非表示にする理由を正確に理解されている方は多くはないのではないかと思います。

そこで今回は、チャンネル登録者数を非表示にする理由、そしてその方法について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでチャンネル登録者数を非表示にする意図を理解し、必要があればその設定をすることができます。

チャンネル登録者数を非表示に設定する理由

チャンネル登録者数を非表示にするのには、主に3つの理由があります。

1と2はチャンネル開設当初によくある理由、3はチャンネル拡大後によくある理由になっています。

それでは、それぞれ見ていきましょう!

1.小規模なチャンネルであると誤解されないため

視聴者から小規模なチャンネルであると思われないようにするためです。

これは、視聴者はチャンネル登録者数が少ないことでそのチャンネルの 動画を見ることやチャンネル登録することをためらう傾向があるからです。

確かにチャンネル登録者数が多いということは、それだけ視聴者を満足させる動画を配信していると捉えられます。

一方、YouTubeアカウントを開設してすぐは、どれだけ視聴者にとって有意義な、良質な動画を配信していてもチャンネル登録者数が100人にも満たないという状況は十分考えられます。

この際にチャンネル登録者数の少なさが足を引っ張ってしまったらせっかくの良質な動画がもったいないですよね。

このような理由から、特にチャンネル開設初期に、チャンネル登録者数を非表示にするチャンネルが存在します。

2.チャンネル登録する際の抵抗を和らげるため

1の理由と重なる部分があるのですが、視聴者がチャンネル登録する際の心理的抵抗を和らげるためです。

例えば同じジャンルの動画を配信している2つのチャンネルのチャンネル登録者数が「15人」と「7,000人」であったら、後者の方がチャンネル登録しやすいはずです。

これは「みんなが選んでいるからその選択(後者のチャンネルを登録するという選択)は正しい」という考えが根底にあるからです。

これはバンドワゴン効果と言って、行動心理学でも実証されている効果になります。

3.悪い意味で注目されてしまうことを防ぐため

悪意のあるユーザーから通報や低評価、悪質なコメントなどの行為を受けることを防ぐためです。

これは、チャンネルがある程度の規模まで拡大すると、同じジャンルの動画を配信するチャンネルや自身のチャンネルが伸び悩んでいるユーザーからのこのような行為を受ける可能性が出てきてしまうからです。

要するに妬みや嫉みの対象にならないようにするためということですね。

チャンネル登録者数を非表示に設定する方法

チャンネル登録者数を非表示にする理由を理解していただいたところで、次は実際にどのように設定するのかを見ていきましょう。

5ステップ、約1分で簡単に設定できます

Step1 YouTube Studioを開く

チャンネル登録者数 非表示

Step2 画面左側のメニューから設定を開く

チャンネル登録者数 非表示

Step3 設定画面の左側のメニューからチャンネルをクリックする

チャンネル登録者数 非表示

Step4 詳細設定をクリック

チャンネル登録者数 非表示

Step5 チャンネル登録者数のチェックボックスをオフにして、右下の保存をクリック

チャンネル登録者数 非表示

これであなたのチャンネルのチャンネル登録者数は非表示にすることができます。

チャンネル登録者数を非表示設定にしてみましょう!

今回はチャンネル登録者数を非表示にする理由と実際に設定する方法について解説しました。

この記事を参考にチャンネル登録者数を非表示にしてみましょう!

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、企業専門のYouTubeマーケティングを展開しています。

YouTubeチャンネルの運用についてご検討されている方は、ぜひお問い合わせください!

記事に関するご不明点や、映像に関するご相談、さらには無料のお見積り等も承っております。