こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「自社動画の再生回数を増やそうと社員たちにも動画の視聴を促しているのですが、再生回数が伸びません。これはどうしてでしょうか?」

確かに 何度も動画を見ているのに再生回数は増えていないというときもありますよね。

そこで今回は、YouTube動画の再生回数のカウントの仕組みについて、

YouTubeでオーガニックのみで(広告を用いずに)500万再生以上/本を獲得したこともある株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

この記事を読むことで再生回数のカウントの仕組みについて理解し、誤った方法で再生回数を伸ばそうとすることを防ぐことができます。

再生回数のカウントの仕組みは?

詳細なカウント方法は公開されていない

結論から言うと、再生回数の具体的なカウント方法は公表されていません
しかし、ある程度の通説は存在します。以下ではそれらを紹介していきます。

こちらはYouTubeヘルプの「動画の視聴回数のカウント方法」というページの抜粋になります。

再生回数 カウント

(出典:https://support.google.com/youtube/answer/2991785?hl=ja

 

こちらを要約すると、

「再生回数を増やすために再生している場合などは除き、本当に動画を見たくて見ている人のみ再生回数としてカウントしています。でも、仕組みは言えません。」

と言う感じでしょうか。

カウントされない場合は?

では、どのような場合は再生回数としてカウントされ、どのような場合はカウントされないのでしょうか?

これを明らかにするために、一般的に再生回数にカウントされないと認識されている場合を見ていきましょう。

  • 短時間で何度も再生
  • 再生画面でページ更新(F5キーでリロード)
  • 再生時間が極端に短い(※反対に、最後まで再生されなくても視聴回数としてカウントされると言われます。)

前述の通り、これらの場合は再生回数にカウントされないとされています。

では、これに基づきみなさんが再生回数を増やすためにやってしまいがちな誤った方法を見ていきましょう。

再生回数を増やす誤った方法

何度も自分で再生する

現在のYouTubeの仕様は、1つのIPアドレスから一定期間に1回しか再生回数がカウントされないようになっています。

要するに、一定時間内に自分の動画を何回再生しても再生回数は1回ということになります。

しかし、この 一定時間を開けて再び再生すれば再生回数にカウントされます(この期間についてもYouTubeは公表していません。)

とにかくリロードする

前述のように現在のYouTubeの仕様は、1つのIPアドレスから一定期間に1回しか再生回数がカウントされないようになっています。

そのため、F5キー」を連打したところで1日に1回の再生回数しか記録されません

このような仕様になったきっかけとしては、韓国のアーティストである「PSY」が2012年に投稿した「江南スタイル」が挙げられます。

この動画は公開後2ヶ月以内で4億回再生され、当時の最多再生回数記録を更新し大きな反響を呼びました。(当時のYouTube上の最多再生回数は約2億回でした。)

しかし、これを不審に感じたYouTubeが調査をすると、数百万人体制でF5キーによるリロードを行っていたことが判明しました。

結果的に「江南スタイル」はペナルティを受け、ランキング圏外にまで飛ばされてしまいました。

再生回数を買う

結論から言うと再生回数の売買は行われており、実際に再生回数を販売している業者も存在します。

しかし、このような行為はYouTube規約に反するものと認識されており、発覚するとYouTubeからペナルティを受けます。

具体的には動画の削除やチャンネルの停止、最悪の場合にはチャンネルの削除も考えられます。

これをきっかけに、YouTubeはF5キーによるリロードを再生回数にカウントしない仕様に変更されました。

再生回数が増えないとき、考えられる原因は?

投稿した動画の再生回数がが急に伸びなくなってしまった、あるいは減少してしまったと言う方はいらっしゃるのではないでしょうか。

考えられる原因をいくつか見ていきましょう。

再生回数が反映されるまでのラグ

前述の公式声明に書いてあったように、動画が公開されて最初の数時間はシステムが作動中であるため、正当な再生回数が表示されるとは限りません。

正式な再生回数が確認されると、再生回数は随時更新されていくようになりますが、この処理も動画の人気度や視聴状況によって変わってきます。

不正確認中

再生回数が301回から増えなくなった、と言う方はこの可能性が非常に高いです。

YouTubeは常に不正のチェックを行なっていますが、その際の基準の1つが「再生回数が301回に達したとき」です。

ここで不正が検知されなければ数時間〜数日で元に戻ります。

不正が確認され、ペナルティを受けた

上記の不正チェックで不正が検知されてしまうと、再生回数が増えないどころか減少してしまいます。

具体的には、不正回数で稼いだと考えられる再生回数分差し引かれます。

再生回数を増やすには?

では、再生回数を増やすためにはどうすればいいのでしょうか?

結論としては、再生回数は一朝一夕で増やすことのできるものではないです。

しかし、小手先のテクニックを用いて若干増やすことも可能です。そこでそのテクニックをいくつか見ていきましょう。

再生リストの先頭に

再生回数を増やしたい動画を 再生リストの先頭に入れておきましょう。

再生リストとは、以下のように同じような内容の動画、もしくはシリーズごとにいくつかの動画をまとめた動画になります。

再生回数 カウント 方法

再生リスト内では、 先頭に近い動画ほど再生回数が多くなる傾向があります。

再生リストを見ている場合、多くの人は何本目かの動画で視聴をやめてしまうことが予想されるからです。

例えば10本の動画から構成される再生リストの1本目の動画は100%再生されますが、10本目の動画が再生される確率はこれと比較して低いことが容易に予想できますよね。

高評価、コメント、共有を促す

動画内で高評価、コメント、共有を促しましょう

高評価、コメントの数が多いことでブラウジング機能によりトップページに表示される可能性が高まり、必然的に再生回数も伸びてきます。

ブラウジング機能がよくわからないという方はYouTubeブラウジング機能とは?プロがわかりやすく解説!をご覧ください。

また、共有を促すことでユーザー間で動画が拡散され、必然的に再生回数が増加します。

このときの注意点として、執拗に促さないことです。単純に視聴者の気分を害してしまう可能性もありますし、何より視聴者から見てみっともなく映ってしまいます。

YouTubeカードを用いる

YouTubeカードという機能を活用しましょう。

この機能についてご存知ですか?端的にいうと、視聴者を自分が誘導したい動画やwebサイトに誘導することができる機能です。

YouTubeカードについては概要から設定方法までYouTubeカードとは?YouTubeのプロが解説!わかりやすく解説しています。

こちらの動画カード、再生リストカードを用いて再生回数を増やしたい動画に誘導してみましょう。あなたの動画を視聴している時点で、他の動画にも関心がある可能性が高いです。

ぜひ活用してみてください。

再生回数の仕組みは把握しきれないが、対策のしようはある!

いかがだったでしょうか?

youTubeの再生回数のカウント方法は把握しきれない部分も多いですが、その中でもいくつか対策のしようがあることを理解いただけたかと思います。

誤った方法だけは取らないように注意して、再生回数を増やしましょう!

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、 YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、企業専門のYouTubeマーケティングを展開しています。

実績はこちら

YouTubeチャンネルの運用についてご検討されている方は、ぜひお問い合わせください!

記事に関するご不明点や、映像に関するご相談、さらには無料のお見積り等も承っております。

お問い合わせはこちら