こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「今朝Youtubeを開こうとしたら、アカウントがBANされてしまっていました。どうすれば良いでしょうか?」

確かに唐突にYoutubeのアカウントがBANされてしまったという方もいるのではないかと思います。

そこで今回は、YoutubeのアカウントがBANされた時の対処法や、垢BANを防ぐための対策について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでYoutubeのアカウントがBANされる仕組みを理解し、健全なチャンネル運営に生かすことができます。

Youtubeで垢BANされた時の対処法

Youtubeに対して異議申し立てを行う

まず、垢BANとは俗語であり、公式に使われている単語ではありません。

垢BANのおおよその意味としては、アカウントが使用禁止にされる、停止されるといったようなものです。

心当たりがないにもかかわらずYoutubeのアカウントがBANされてしまった際は、Youtubeに対して異議申し立てを行いましょう。

下の画像にあるように、氏名・Youtubeチャンネルのログインに使用するメールアドレス・Googleからの連絡に使用できるメールアドレス・停止されたYoutubeチャンネルのURL・チャンネルが停止されたと思われる理由を記入して送信することで、Youtubeに対しての異議申し立てが完了します。

Youtube 垢BAN

Youtube 垢BANYoutubeで垢BANされてしまう理由

コミュニティガイドライン違反による停止

YoutubeでアカウントがBANされてしまう原因の一つとして、この「コミュニティガイドライン違反による停止」があります。

その内容としては、性的なコンテンツや、人種・宗教などの差別を含むコンテンツ、暴力的なコンテンツ、違法行為を促す危険なコンテンツなどがあります。

平たく言うと、「Youtubeという、多くの人が閲覧する場所にふさわしくないコンテンツを投稿するチャンネルは許さない」ということになります。

動画を投稿する際は、マナーやモラルを守ったものを投稿するようにしましょう。

著作権侵害による停止

YoutubeでアカウントがBANされるもう一つの理由が、「著作権侵害による停止」です。

他の人が作成した音楽や映像、絵などを許可を取らずに動画内に登場させてしまうと、この著作権侵害にあたります。

フリー素材以外の著作物は、許可を取るか、動画に登場させないようにしましょう。

Youtubeで垢BANされないための対策

健全なチャンネル運営を心がける

YoutubeでアカウントをBANされないための対策としては、まず第一に健全なチャンネル運営を行うことが挙げられます。

上記で述べたような危険・有害なコンテンツや性的なコンテンツを発信しない、著作権に抵触しないようにフリー素材を使用するなどといった対策をすることで、アカウントをBANされる可能性が大きく減少します。

それでもBANされてしまった場合は、最初に述べた方法を参考に異議申し立てを行いましょう。

Youtubeで垢BANされずにチャンネルを拡大する方法

YoutubeのSEO対策を行う

チャンネル拡大のためにはSEO対策がとても重要となってきます。

動画のタイトルや概要欄を最適化する、ハッシュタグを有効活用する、サムネイルをわかりやすいものにするなどが主な対策として挙げられます。

Youtube動画のタイトルの決め方についてはYouTube動画のタイトルの文字数など、再生回数を爆発的に伸ばす方法を解説!、チャンネル概要欄の設定方法についてはチャンネルの魅力を余すことなく伝えられる概要欄の編集方法を解説!、ハッシュタグの効果についてはつけるだけで再生回数が増加?YouTubeハッシュタグの効果を解説!をそれぞれご覧ください。

また、YoutubeのSEO全体についてまとめたものについては、YouTubeでもSEO対策は必要!動画を上位表示させるには?をご覧ください。

登録者数が多いチャンネルからヒントを得る

対策はたくさんしているのにどうしてもチャンネル登録者数が増えないという方は、同じようなジャンルのチャンネルを参考にしてみるのも一つの方法です。

他のチャンネルと自分のチャンネルを見比べることで課題が浮き彫りになったり、足りない点を洗い出すことができます。

しかし、競合チャンネルと同じことばかりしていては二番煎じになってしまうため、参考にしつつ独自色を出せるようにしましょう。

Youtubeで垢BANされない健全なチャンネル運営を心がけよう

ここまで、Youtubeで垢BANされた時の対処法や垢BANを防ぐための対策について解説しました。

この記事を参考に、垢BANされないような健全なチャンネル運営を心がけましょう。

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、企業専門のYouTubeマーケティングを展開しています。

YouTubeチャンネルの運用についてご検討されている方は、ぜひお問い合わせください!

記事に関するご不明点や、映像に関するご相談、さらには無料のお見積り等も承っております。