こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。 先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「YouTubeのチャンネルアートの変更方法がわかりません。どう変更すればよいのでしょうか? 」

確かにチャンネルアートの変更方法がわからずに困っているという方は多いのではないかと思います。

そこで今回は、チャンネルのトップページにおいて重要な役割を担うチャンネルアートの変更方法について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことで独力でチャンネルアートを変更することができます。

YouTubeのチャンネルアートの重要性

youtube チャンネルアート 変更

チャンネルアートとはYouTubeのチャンネルページのトップ画面に表示されるヘッダー画像のことです。
youtube チャンネルアート 変更

デバイスにもよりますが、画面上部に表示され視聴者の目に入りやすいためチャンネルの趣旨やイメージを伝えるという重要な役割を担っています。

チャンネルアートを設定し、視聴者にどのようなチャンネルなのかを認識してもらいましょう。

YouTubeのチャンネルアートの変更方法

youtube チャンネルアート 変更

それでは早速、チャンネルアートの設定方法を解説していきます。

step1 プルダウンバーから「チャンネル」をクリック

youtube チャンネルアート 変更

step2 「チャンネルをカスタマイズ」をクリック

youtube チャンネルアート 変更

step3 右上の「ペンマーク」をクリック

youtube チャンネルアート 変更

step4 「チャンネルアートを編集」をクリック

youtube チャンネルアート 変更

step5 「パソコンから写真を選択」をクリック(※に関しては後述します)

youtube チャンネルアート 変更

step6 デバイスごとのプレビューをみながら必要に応じて「切り抜きを調整」をクリック

ここでプレビューに問題がなければ、「選択」を押すと作業は完了します。

youtube チャンネルアート 変更

step7 調整が完了したら「選択」をクリック

youtube チャンネルアート 変更

step8 step2の画像と比較してチャンネルアートが変更されていることがわかります

youtube チャンネルアート 変更

チャンネルアート変更の際のポイント

youtube チャンネルアート 変更

チャンネルアートはYouTube側から提示されている画像を使用する方法もあります。

具体的には、上記のstep5の※部分、「ギャラリー」を選択するとYouTube側から何枚かの画像が提示され、いずれかを選択すればそれをチャンネルアートに設定することができます。

しかし、その方法は以下の3つのポイントと照らし合わせて推奨しませ

チャンネルアートにチャンネル名を入れる

これによって視聴者のリピート率が高まることが期待されます。

チャンネル名をチャンネルアートに入れることでチャンネル名を覚えてもらいやすくなり、もし視聴者がまたあなたの動画を見たいと思ったときにあなたのチャンネルにたどり着きやすくなるからです。

チャンネルアートの画像とチャンネルの趣旨と一致する

これによってあなたのチャンネルに関心を持った視聴者がトップページを見た際に、あなたのチャンネルがどのような動画を配信しているのかを直感的に訴求することができます。

視聴者はあなたのページに長い間滞在する必要がないため、よっぽどあなたの動画に関心がない限り基本的に数秒で次のページに遷移してしまいます。

その際、直感的にあなたのチャンネルの趣旨を掴み取ってもらう必要があります。

チャンネルアートにチャンネルを象徴するロゴを入れる

主に企業やブランドのチャンネルに当てはまりますが、これによってあなたのチャンネルと企業、ブランドの関連性を訴求することができます

企業やブランドがYouTubeチャンネルを運用する最終的な目的は自社製品、サービスのブランディング、さらには購買につなげることです。

そのため、いくらYouTubeチャンネルが成功しても企業、ブランドの認知を確立しなければ期待される効果はあまり期待できません。

注意点

youtube チャンネルアート 変更

チャンネルアートはPCからしか変更できない

チャンネルアートは現状、PCからのみ変更可能となっています。

チャンネルアートはデバイスによって表示されるサイズが違う

チャンネルアートに表示されるサイズはデバイスによって異なります。

厳密に言うと、PCが2560×423、TVが2560×1440、スマホが1546×423です。

しかし、上記のstep6の画面でデバイスごとのチャンネルアートの表示プレビューを確認することができるので、ここで調整しましょう。

また、上記3つの中で最も小さいスマホの1546×423の中にテキストやロゴを収めることでどのデバイスから見てもきれいに表示されるようになるので、ご自身でチャンネルアートを作成されるという方は参考にしてみてください。

YouTubeポリシーに注意

YouTubeのポリシーとガイドラインに違反しないよう注意しましょう。

YouTubeのポリシーとガイドラインについてはYouTubeCreatorAcademyをご覧ください。

例えば

  • ヌードや性的な画像
  • 暴力的で生々しい画像
  • 他者を不快にさせる画像
  • 他者の著作物

等は上記のガイドラインで規制されています。

チャンネルアートを変更してより多くの視聴者を獲得しよう

いかがだったでしょうか?

この記事ではYouTubeのチャンネルアートの変更方法、さらにはそのポイントや注意点を解説しました。

この記事を参考にぜひご自身でチャンネルアートの変更を行ってみてください。

YouTube運用を始めてコンバージョンに繋げたい、または自分たちで運用をしてみたけれど明確な方針が定まらず成果が出ない、リソースが足りないといった悩みを抱えている企業様も多いかと思います。

KNOCKでは、動画制作とマーケティングに精通したメンバーを擁して企業様に寄り添い、企業様の成果を第一に考えます。

そして、豊富な動画制作実績や蓄積されたYouTubeノウハウをもとに、企画・撮影・編集・投稿・分析をワンストップで行い、企業様の中長期的なYouTube運用のお手伝いをさせていただいております。

登録者や視聴回数だけでなく、その先の”売り上げや認知にコミットした運用”を行っています。

予算や目的に合わせたプランをご用意いたしておりますので、YouTube運用代行を考えている企業様は、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ