こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

今回は、YouTubeの切り抜き動画について、 動画マーケティング部が紹介します。

YouTubeの切り抜き動画に興味があるという方は是非ご覧ください!

現在KNOCKでは、長期インターン生及びカメラマン兼動画ディレクター職の募集を行なっています。

YouTubeマーケティングに興味のある方、インフルエンサーのマネジメントに興味のある方などはぜひご覧ください!

長期インターンのご応募はこちら

カメラマン兼動画ディレクター職に関してはこちら

YouTubeの現状

YouTubeは現在圧倒的なユーザー数を抱えており、実際にそのユーザー数を裏付けるデータとして、

  • 全世界で毎日数十億回、時間にすると10億時間以上再生されている
  • 全世界でユーザー数は20億人以上(インターネット人口の3分の1)
  • 日本では6,200万人がYouTubeを利用
  • 18~64歳のネット人口の82%がYouTubeを利用

(以上は全て2018年YouTube調べ)

等のデータが挙げられます。

これだけ多くのユーザーを抱えているプラットフォームでマーケティングを行うことにより、多くのユーザーへのタッチポイントが創出されます。

また、幅広い世代へのリーチと同時に詳細なターゲティングも可能です。

コンテンツやタイアップするYouTuber、広告を出稿する際のターゲティングを調整することによって見込み顧客に効率的にリーチすることが可能です。

市場規模の大きさを活かして、高い集客効果を発揮するのがYouTubeの特徴であるといえます。

YouTubeの媒体価値に関しては、YouTubeのプロが語る!YouTubeの媒体価値とは?もあわせてご覧いただけますと幸いです。

YouTubeの切り抜き動画とは

YouTubeを視聴者として視聴している際に、【切り抜き】とタイトルに入っている動画を目にしたことのある方も多いかと思います。

これは「切り抜き動画」と呼ばれるものです。

これまでは10分~15分ほどの尺の動画が一般的でしたが、そうした尺の動画に取って代わる勢いで加速度的に人気度を増してきています。

切り抜き動画は、10分~15分の動画や、長時間のライブ配信からトピックを抽出し、短い動画にまとめたものになります。

この切り抜き動画の代表例としては、「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」開設者のひろゆきこと西村博之さんの事例が挙げられます。

このように、ひろゆきさんがライブ配信で話した内容を短尺の動画にしてまとめてYouTubeに投稿した動画は、現在非常に多く出回っています。

また、切り抜き動画の人気の高まりとともに、自チャンネルで切り抜き動画を投稿する方も増えてきました。

他チャンネルの切り抜き動画は、自身が投稿したものではない第三者の動画を切り抜いて投稿しているため、著作権的にはグレーです。

しかし、YouTuberの方も恩恵を受ける部分が大きいため、公認、または黙認されることが多くなっています。

切り抜き動画に関しては、以下の動画でも詳しく解説されていますので、ぜひご覧ください。

YouTubeの切り抜き動画で成果を上げているチャンネル

ここからは、実際にYouTubeの切り抜き動画が非常に多くの再生回数を得ているチャンネルについて紹介していきます。

ひろゆき, hiroyuki

先ほども紹介したひろゆきさんは、切り抜き動画をいち早く活用し、収益の増加や認知の拡大につなげました。

ひろゆきさんの発言を切り取った切り抜き動画は、非常に多くの視聴回数を獲得しているものも多く、ひろゆきさん自身もその有効性を認めています。

ひろゆきさんは、収益化対象となった切り抜きチャンネルから連絡をもらった後に話し合い、収益の分配方法などを決めているそうです。

メンタリストDaigo

メンタリストとして有名なDaigoさんも、切り抜き動画を活用しています。

Daigoさんのチャンネルの切り抜きを運営するためには、Daigoさんが運営しているサービスである「Dラボ」に加入することが条件のようです。

Dラボ内で、切り抜きチャンネル運営のための情報の共有などを行っているそうなので、その情報に従っていないチャンネルは削除されてしまうとのことです。

収益は、広告収益の20%をDaigoさんが受け取るという取り決めになっています。

加藤純一

ゲーム実況を主に行っている加藤純一さんも、切り抜きチャンネルを黙認しています。

切り抜きチャンネルの登録者数は約50万人弱となっており、収益は折半しているとのことです。

こちらも非常に多くの視聴回数を獲得しているため、収益の増加に大きく寄与していることが推測されます。

YouTubeの切り抜き動画を活用するメリット

ここからは、切り抜き動画を活用するメリットについて解説していきます。

認知拡大につながる

切り抜き動画によってより多くの人に動画を届けることで、チャンネルの認知拡大につなげることが可能です。

理由として、切り抜き動画は視聴に至るまでのハードルが低いということが挙げられます。

尺が短いため、長時間に及ぶライブ配信よりも気軽に視聴を開始できるという利点があります。

実際にひろゆきさんのライブ配信は平均視聴回数が5~60万回ほどですが、切り抜き動画は100万回再生を超える動画も多く存在しており、こうした事実からも切り抜き動画の有用性を見て取ることができます。

収益の増加につながる

認知拡大とあわせて切り抜き動画を活用するメリットとして挙げられるのが、収益の増加につながるという点です。

多くの切り抜きチャンネルが存在していれば、それだけ収益源が増えるということになります。

こうした点からも、切り抜き動画はメリットの大きい選択肢であるといえます。

YouTubeの切り抜き動画に関してのまとめ

まとめ
・法律的にはグレーである
・公認または黙認が一般的
・認知拡大や収益増などにつながる

 

株式会社KNOCKでは、以下のような事業を手掛けています。

  • 企業×インフルエンサーのコラボプロデュース支援(インフルエンサーと企業によるプロモーション活動をワンストップでサポート)
  • YouTube活用支援(YouTubeの基礎から学べる動画講座)
  • インフルエンサー及びクリエイターのマネジメント、育成事業

やりたいことを自分の仕事にしたい」「好きなことで生計を立てる」

このような夢を叶えるお手伝いをしております。

お気軽にご相談ください。

※恐れ入りますが、設定方法等のYouTubeのノウハウに関する質問は承っておりませんので、ご理解いただけますと幸いです。


    お名前
    メールアドレス
    電話番号
    チャンネルURL
    お問い合わせ内容

    ※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。
    ※お問い合わせは2営業日以内に順次ご返信いたします。