こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

今回は、YouTubeとTikTok、それぞれの違いや特徴などについて、 動画マーケティング部が紹介します。

YouTubeとTikTok、どちらを始めようか迷っているという方は是非ご覧ください! 

現在株式会社KNOCKでは、長期インターン生を募集しております。

SEO等のWebマーケティング業務や、YouTubeチャンネル運用などの業務に興味がある大学1,2年生の方は、お気軽にご応募くださいませ。

【長期インターンのご応募はこちら

YouTubeとTikTokの特徴

近年、世界中で非常に多くの人が利用している動画プラットフォームである「YouTube」と「TikTok」。

両者とも動画コンテンツを視聴するプラットフォームということで、比較対象に挙げられることも多いですが、この2つは全く異なるものであると思っていただいて構いません。

そこで、それぞれの特徴について解説していきます。

YouTube

YouTubeの特徴としては、10分程度の尺の動画が多いということが挙げられます。

そのため、動画の構成として「導入→本編→まとめ」というようになっており、比較的起承転結を意識している動画が多くみられることが特徴です。

また、画面上に動画のタイトルとサムネイルが一覧で表示されるため、視聴者はそこから自分の見たい動画を選択して視聴します。

また、ビジネス利用も活発に行われており、企業の認知拡大やブランディング、販促などのために活用されることも少なくありません。

実際にYouTubeの広告効果を示すデータとして、

・「YouTube利用者のうち50%がYouTubeを視聴し購買を決定した経験がある」(2019年Google調べ)

・「YouTuberのタイアップ動画の視聴者と非視聴者を比較した場合、商材に対する認知度の向上に加え、興味関心・好感度・購買意欲も約30%上昇する」(2015年UUUM調べ)

・「10代の6割が商品購入を検討する際にYouTuberの動画を参考にする」「10代の4割以上がYouTuberが紹介していた商品を購入したことがある」(2018年サイバー・バズ調べ)

等があります。

こうしたデータからもわかるように、単なるエンタメに留まらず、ビジネスを推進させていく目的でも使用されることが多いのが、YouTubeの大きな特徴です。

TikTok

TikTokはYouTubeと異なり、15秒〜1分程度の短尺の動画が多く見られます。

また、大きな特徴として、視聴者が見る動画を選ぶことができないということが挙げられます。

TikTokは、スワイプするとランダムに動画が再生されるため、YouTubeのように自身が見たい動画を選択するという行為は存在しません。

短尺であるために、YouTube以上にわかりやすく、エンタメ色の強い動画が多いことも一つの特徴です。

YouTubeとTikTok、それぞれの強み

ここまでYouTubeとTikTok、それぞれの特徴について解説してきました。

次に、それぞれのプラットフォームは具体的にどういった点が強みとして挙げられるのかという点について解説いたします。

YouTube

YouTubeの強みとしては、上述のように広告効果が高く、他の媒体と比べて認知拡大や販促といった目標を達成しやすいといった点が挙げられます。

企業でチャンネル運用を行っていく場合であれば、その企業の認知拡大や取り扱う商品・サービスの販促などに繋げることが可能です。

また、個人の方であっても自身のファン形成や、その後のグッズ販売、案件収入などにより収益の獲得を見込むことができます。

このように、ビジネスシーンにおいても活発に利用されているという点がYouTubeならではの強みであるといえます。

TikTok

TikTokの強みは、非常に幅広い人々にリーチすることができるという点にあります。

YouTubeのように視聴者が自発的に動画を選択するのではなく、流れてくる動画の中から面白い動画を選択するというのが大きな特徴です。

TikTokに投稿された動画は、どのような動画であってもまず一回は「おすすめ」に掲載されるため、視聴者の方々に面白いと思っていただけるか否かが動画を伸ばしていくための肝となります。

YouTubeとTikTokはどのような人にオススメか

ここまで、YouTubeとTikTokそれぞれの特徴や強みについて解説してきましたが、この2つのSNSがどのような人にオススメかということについても解説します。

YouTube

YouTubeは、認知拡大にとどまらず、商品やサービスの販促といった目的へと視聴者を遷移させていきたいというような方におすすめです。

TikTokに比べてビジネスシーンでの活用も活発に行われているため、より明確な目的がある方はYouTubeを利用することを推奨します。

TikTok

TikTokは、これまでSNSを運用した経験がなく、これからフォロワーを獲得していきたいという方におすすめです。

動画撮影や投稿に特別な技術を必要としないため、「始めやすい」SNSであるといえます。

YouTubeとTikTokについてのまとめ

まとめ
・YouTubeは販促向き
・TikTokは認知拡大向き
・それぞれの特徴を活かした目標設定が重要

株式会社KNOCKでは、以下のような事業を手掛けています。

  • 企業×YouTuberのコラボプロデュース支援(YouTuberと企業によるプロモーション活動をワンストップでサポート)
  • YouTube活用支援(YouTubeの基礎から学べる動画講座)
  • YouTuber及びクリエイターのマネジメント、育成事業

やりたいことを自分の仕事にしたい」「好きなことで生計を立てる」

このような夢を叶えるお手伝いをしております。

上記サービスに興味のある方は、フォームよりお問い合わせください。

※恐れ入りますが、設定方法等のYouTubeのノウハウに関する質問は承っておりませんので、ご理解いただけますと幸いです。


    お名前
    メールアドレス
    電話番号
    チャンネルURL
    お問い合わせ内容

    ※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。
    ※いただいたお問い合わせは3営業日以内に順次ご返信しておりますが、お返事を差し上げられない場合もございます。必ずしも回答をお約束するものではないことを、あらかじめご了承ください。