こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

今回は、YouTubeにおける縦動画について、 動画マーケティング部が紹介します。

YouTubeの縦動画について詳しく知りたいという方は是非ご覧ください! 

株式会社KNOCKはこの度、「YouTube運用を学びたい」という声にお応えすべく、YouTube動画講座の「KITEN.」をリリースさせていただきました。

所属・提携YouTuberの累計登録者数350万人月間視聴回数1億回以上を誇る株式会社KNOCKが日々YouTubeと向き合う中で培ってきたYouTubeノウハウを全てオンデマンド上で視聴していただくことが可能です。

また、現在、リリース記念として4月中にご購入いただいた100社様限定で、最大30%offの価格で販売させていただきます。

ご興味のある方は上のバナーもしくはこちらをクリックして詳細をご確認ください。 

YouTubeの縦動画とは

まずは、YouTubeの縦動画とはどういうものなのかということについて解説していきます。

縦動画とは、その名前の通り、縦長になっている動画のことを指します。

この縦動画は、最近になって投稿数が増えてきており、主にYouTubeのショート動画で利用されることが多くなっています。

YouTubeであまり縦動画を見たことが無い方は、TikTokやInstagramのストーリー動画を思い浮かべていただければと思います。

一般的なYouTube動画よりも尺が短い場合がほとんどであるのが、この縦動画の特徴となっています。

YouTubeで縦動画を活用するべき理由

スマホユーザーへの訴求効果が高い

YouTubeをスマホから視聴しているユーザーは非常に多くなっています。

縦動画は、スマホの画面を目いっぱい活用することができるため、多くの視覚的情報を視聴者に届けることができます。

視聴者への訴求効果が横動画の場合よりも大きいという観点から、積極的に縦動画を活用していくべきだといえます。

YouTubeで縦動画を活用するメリット

宣伝効果が高い

縦動画は横動画よりも手軽に視聴できるため、最後まで視聴される可能性が高いです。

そのため、伝えたい情報をより多く伝えられるという特性があります。

これは宣伝にうってつけの特性であるため、縦動画を活用することで宣伝に繋げることが可能です。

チャンネル登録者以外にも訴求できる

縦動画は主にショート動画で活用されることが多いですが、このショート動画はチャンネル登録者以外に訴求することができます。

これまでの一般的な動画では、タイトルやサムネイルなどにSEO対策を施すことで、視聴者に動画の視聴を促していました。

しかし、このショート動画は、視聴者が見る動画を選択することはなく、ランダムに再生されます。

そのため、これまで視聴していなかった系統の動画を、視聴者側も視聴するようになるということです。

これは投稿する側にとっても、新規視聴者層の開拓につながる大きなチャンスであるといえます。

いまはチャンネル登録者数の少ないチャンネルであっても、ショート動画の視聴回数を爆発的に伸ばすことができれば、チャンネル登録者数の大幅な増加に繋げることも夢ではありません。

チャンネルを拡大していくためにも、ショート動画を積極的に活用していくようにしましょう。

ただ、ショート動画ばかりを活用して本来の動画投稿が疎かになってしまっては、元も子もありません。

動画にSEO対策を施し、再生回数を獲得していくことが正攻法です。

SEO対策の詳しい内容については、YouTubeでもSEO対策は必要!動画を上位表示させるには?をご覧ください。

編集の手間がかからない

縦動画は尺が短いものが多く、また画面に映るのも人物だけ、というような場合が多いため、普通の動画と比べて編集の手間がかからないのが特徴です。

短いスパンで動画を投稿していくことが可能になるため、単純計算で動画が「バズる」可能性も高くなります。

YouTubeにおける縦動画の活用方法

ここからは、YouTubeにおける縦動画の活用方法について解説していきます。

切り抜き動画

縦動画の活用方法としてまず挙げられるのが、この「切り抜き動画」です。

これまでは10分~15分ほどの尺の動画が一般的でしたが、そうした尺の動画に取って代わる勢いで加速度的に人気度を増してきています。

切り抜き動画は、10分~15分の動画や、長時間のライブ配信からトピックを抽出し、短い動画にまとめたものになります。

また、切り抜き動画の人気の高まりとともに、自チャンネルで切り抜き動画を投稿する方も増えてきました。

他チャンネルの切り抜き動画は、自身が投稿したものではない第三者の動画を切り抜いて投稿しているため、著作権的にはグレーです。

しかし、YouTuberの方も恩恵を受ける部分が大きいため、公認、または黙認されることが多くなっています。

切り抜き動画に関しては、以下の動画でも詳しく解説されていますので、ぜひご覧ください。

宣伝や販促

新商品やグッズなどを販売する際に、YouTubeの縦動画(ショート動画)をうまく活用することで、効果的な宣伝につながります。

YouTubeで広告を出稿するときと同様に、短い時間で大きなインパクトを視聴者に与え、販促につなげられるようにしましょう。

広告と異なるのは、YouTubeのショート動画は無料で配信できるという点です。

コストをかけずに高い販促効果を生み出したいという場合は、ショート動画をうまく活用すると良いでしょう。

もちろん、ショート動画以外でもYouTubeをうまく活用することで販促効果を高めることができます。

YouTubeを活用した販促方法については、【企業向け】販促効果の高いYouTubeマーケティングについて解説をご参照ください。

YouTubeにおける縦動画についてのまとめ

まとめ
・近年影響力が増している
・多くの人にリーチしやすい
・編集の手間がかからない

株式会社KNOCKはこの度、「YouTube運用を学びたい」という声にお応えすべく、YouTube動画講座の「KITEN.」をリリースさせていただきました。

所属・提携YouTuberの累計登録者数350万人月間視聴回数1億回以上を誇る株式会社KNOCKが日々YouTubeと向き合う中で培ってきたYouTubeノウハウを全てオンデマンド上で視聴していただくことが可能です。

また、現在、リリース記念として4月中にご購入いただいた100社様限定で、最大30%offの価格で販売させていただきます。

ご興味のある方は上のバナーもしくはこちらをクリックして詳細をご確認ください。