こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。 今回は、YouTube動画の再生時間を増やすことのメリットについて、 動画マーケティング部が紹介します。 YouTube運用を行っているけれど再生時間が増えなくて困っているという方は是非ご覧ください! KNOCKでは、企業様の予算や目的に合わせた柔軟なYouTube運用代行プランを用意させていただいております。 YouTube運用を検討しているという企業様はお気軽にご相談ください。 弊社実績やサービスの詳細については以下で詳しく説明しています。

「クオリティの高い動画を作成しても中々再生回数が増えない」

「再生時間を増やして収益を上げたい」

この記事では、総再生時間を増やすことのメリット、再生時間・視聴時間を増やすためのポイントについて解説しています。

これから再生時間を増やして、さらにチャンネルを成長させていきたい人はぜひ参考にしてみてください。

株式会社KNOCKはこの度、「YouTube運用を学びたい」という声にお応えすべく、YouTube動画講座の「KITEN.」をリリースさせていただきました。 所属・提携YouTuberの累計登録者数350万人月間視聴回数1億回以上を誇る株式会社KNOCKが日々YouTubeと向き合う中で培ってきたYouTubeノウハウを全てオンデマンド上で視聴していただくことが可能です。 また、現在、リリース記念として4月中にご購入いただいた100社様限定で、最大30%offの価格で販売させていただきます。 ご興味のある方は上のバナーもしくはこちらをクリックして詳細をご確認ください。

総再生時間とは

総再生時間とは、「動画を視聴したユーザーが動画を再生した時間の合計」のことです。

総再生時間の確認方法など詳しいことはこちらの記事をお読みください。

https://knock.co.jp/knock_times/youtubeoperation-total/

 

総再生時間を増やすことのメリット

再生回数が増える

総再生時間が増えると、再生回数の増加に繋がります。どういうことかというと、再生時間が多い動画は、YouTubeのおすすめ蘭や関連動画への表示が増えます。

YouTubeのアルゴリズムは各ユーザーの行動を分析して、それぞれのユーザーに適した動画をおすすめ欄に表示しているので、クリックされやすく再生回数アップに繋がります。

また、関連動画に表示されると、次にその動画を見るきっかけになります。

おすすめと関連動画に表示されることで、その動画の再生回数が増え、再生時間も増えると、自身の動画がおすすめや関連動画に表示されるという正のサイクルが生まれ、結果的に広告収入アップに繋がります。

広告収益が増える

総再生時間を増やすと、広告を見られる回数も増えるので、広告収益アップに繋がります。

再生時間を伸ばすことで、動画の最初の広告だけでなく、途中に出てくる広告も見てもらうことができます。収益を伸ばしたい人は、冒頭の広告だけでなく、再生時間を増やして途中の広告も見てもらえるように、再生時間を伸ばすことを意識してみましょう。

チャンネルのファンになってもらいやすい

上記にもある通り、総再生時間が増えるとユーザーのおすすめ欄や関連動画に表示されやすくなります。そこで、魅力的なタイトルやサムネであれば、その人の動画を見たことがなくても、動画をクリックしてくれる可能性があります。そこでクリックしてくれた新規視聴者を獲得するために、視聴時間を伸ばす工夫(=企画の内容や編集の仕方など)をしておきましょう。チャンネルのファンになってもらうことができれば、結果的にインプレッション数が増えて、再生回数が増えることに繋がります。

再生回数・視聴時間を増やすためのポイント

概要欄に適切なキーワードを入れる

動画の前にまず目に入るのは、概要欄です。また、動画をクリックする前に表示されるのは、最初の100文字なので、この100文字を工夫して視聴者の目に留まるようにする必要があります。この文章で視聴者の興味を引き出し動画をクリックさせましょう。

再生リストの作成

再生リストのメリットは、ユーザーが操作しなくても動画が自動再生される点です。似たトピックを多く配信していれば、再生リストを作成し、まとめて動画の視聴を促すことができます。

終了画面で別の動画に誘導

参考動画:HikakinTV(170万のイヤホン福袋買ったら中身ブっ飛びすぎててワロタwww)

 

上図のように関連動画へ誘導したり、チャンネル登録のボタンを配置するなどして、別の動画の視聴やチャンネル登録を促します。

他のSNSで動画を宣伝する

YouTube上で動画を宣伝することはもちろん、他にも利用しているSNS(Instagram、Twitter等)があれば、そちらでも積極的に宣伝していきましょう。Instagramのストーリーズや、Twitterにリンクを貼る、TikTokで動画の切り抜きを上げるなど方法は様々です。

適切なタイミングで投稿する

動画を投稿する時間帯も重要になってきます。朝に投稿しても、通学・通勤と被ってしまうため、あまり再生は見込めません。校が終わる17時以降や、寝る前の21時以降が良いとされています。詳しくはこちらの記事をお読みください。

https://knock.co.jp/knock_times/youtubeoperation-postingtime/

動画のコメントに返事をする

視聴者は動画にコメントをしてくれることがあります。全てのコメントに返事をするのは難しいかもしれませんが、できる限りコメントを返すのが良いです。ただ、必ずしも全てのコメントに返事をしなければならないのではなくて、あえて返事をしないのも戦略の1つです。返事がもらえなかった視聴者は、「次は返事をしてもらいたい!」という思いから、別の動画でもコメントをしてもらえる可能性があるからです。あまりにも返事をしないと視聴者が離れてしまうかもしれないので、そこは注意が必要です。

まとめ

Youtube動画の再生時間を増やすことのメリットについて
・途中の広告も見てもらうことで広告収益が増える
・再生リストを作ることが重要
・放課後や就寝前を狙った時間帯に投稿することが大事

以上、再生回数を増やすことのメリット、再生回数を増やすポイントについてお伝えしました。ファンを大切にしたり、自分のチャンネルを分析することが、再生回数増加に繋がり、自身のチャンネルの成長に繋がります。再生回数・視聴時間が増えれば、収益化もできるようになるので、「再生回数・視聴時間」という点に注力していきましょう。

株式会社KNOCKはこの度、「YouTube運用を学びたい」という声にお応えすべく、YouTube動画講座の「KITEN.」をリリースさせていただきました。 所属・提携YouTuberの累計登録者数350万人月間視聴回数1億回以上を誇る株式会社KNOCKが日々YouTubeと向き合う中で培ってきたYouTubeノウハウを全てオンデマンド上で視聴していただくことが可能です。 また、現在、リリース記念として4月中にご購入いただいた100社様限定で、最大30%offの価格で販売させていただきます。 ご興味のある方は上のバナーもしくはこちらをクリックして詳細をご確認ください。