こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

今回は、YouTubeでのお金の稼ぎ方について、 動画マーケティング部が紹介します。

YouTube運用を行ってお金を稼いでみたいという方は是非ご覧ください! 

株式会社KNOCKはこの度、「YouTube運用を学びたい」という声にお応えすべく、YouTube動画講座の「KITEN.」をリリースさせていただきました。

所属・提携YouTuberの累計登録者数350万人月間視聴回数1億回以上を誇る株式会社KNOCKが日々YouTubeと向き合う中で培ってきたYouTubeノウハウを全てオンデマンド上で視聴していただくことが可能です。

また、現在、リリース記念として4月中にご購入いただいた100社様限定で、最大30%offの価格で販売させていただきます。

ご興味のある方は上のバナーもしくはこちらをクリックして詳細をご確認ください。

YouTubeでお金は稼げるのか

結論からいうと、「チャンネルによる」ということになります。

誰しもがYouTubeをやれば稼げるというわけではなく、その中で工夫を重ね、しっかりと登録者数、視聴回数を獲得できているチャンネルが収益を得ていくことができます。

上で述べたように、収益を獲得していくためには「チャンネル登録者数」「視聴回数」を獲得していくことが重要となってきます。

また、収益といっても様々な収益源がYouTubeには存在しています。

そこで本記事では、YouTube上でのお金の稼ぎ方、そしてお金を稼いでいくために必要なことについて解説していきます。

YouTubeでのお金の稼ぎ方

ここからは、実際にYouTubeでお金を稼いでいく具体的な方法について解説していきます。

YouTubeでお金を稼ぐ方法としては、主に「広告収入」「案件収入」「スーパーチャット」「グッズ、イベント等の収入」の4つが挙げられます。

それぞれの方法について、具体的な稼ぎ方を解説していきます。

広告収入

YouTubeで収益を獲得している方の大きな収入源として、「広告収入」があります。

YouTubeの広告収入でよくいわれるものとして、1再生0.5円という基準があります。

週に4本の動画を投稿し、それぞれの再生回数が10万回に達するとすると、1本の動画にあたり5万円、週間で20万円、月収だと80~100万円ほどと推測されます。

しかし、この点に関しては正確な数値をネット上で得ることはできません。

というのも、YouTubeのクリエイターは、自身の広告収入に関して口外することを規約違反とされているためです。

ただ、多くのチャンネルのRPM(1000再生あたりの広告収入)が500円付近に収束しているあたりからも、基準としてはかなり正確性が高いと考えられます。

案件収入

一般的にいわれている案件収入の基準としては、登録者数×1~1.5円というものがあります。

ただこちらに関しても、ターゲットや案件の内容に左右されることが多いので、あくまで1つの基準ということになります。

この案件収入も、一度で多くの金額を得ることができるため、有力な収益源となります。

YouTubeのスパチャ、メンバーシップからの収入の相場

スーパーチャットからの収入に関しては1人の視聴者あたり1日の上限を5万円に、1回100円〜5万円の間で自由に設定することが可能なので、視聴者の金額設定に依存します。

メンバーシップからの収入に関しては月額が90~6,000円の間で設定可能ですが、基本的には月額500円あたりがボリュームゾーンになっています。

そのため、500円×メンバーシップ会員数が毎月の収入の相場となります。

グッズ、イベント等の収入

これはファンの多い人気のYouTuberによく見られます。

オリジナルの商品を作り、ファンの人たちに購入してもらうことで収入を得ます。

企業案件と同じように、YouTubeを介することなく視聴者側から直接YouTuber側へとお金が流れるため、大きな収入を得ることができます。

YouTubeでお金を稼ぐために必要なこと

視聴回数を増加させる

チャンネルの動画の視聴回数を増加させることで、広告収入の増加につながります。

また、視聴回数を多く獲得できているチャンネルがライブ配信などを行うことで、そこでも多くの視聴者に見てもらい、投げ銭などで多くの収益を獲得することができます。

チャンネル登録者数を増加させる

チャンネル登録者数が増加すると、案件収入を増加させることができます。

また、固定のファン層を増加させていくことにより、動画の平均視聴回数を底上げすることにもつながります。

YouTubeでお金を稼ぐための具体的な方法

質の高い動画を制作する

視聴者が見たいと思えるような質の高い動画の制作は必須です。

ここの「質」とは、編集技術などのクオリティ的な面ももちろんですが、いかにトレンドを抑えられているかといったことや、視聴者が飽きない工夫を施すことができているかといったことも含まれます。

視聴者が飽きないような工夫の例としては、BGMやテロップを挿入する、重要な部分は後の方に持ってくるといったものが挙げられます。

クオリティ面で例を挙げると、雑音が入っていない、演者の声がクリアに聞き取れる、最低限の画質を確保しているといったことが重要になります。

SEO対策を行う

SEO対策を行うことは、動画の視聴回数を増やしていくにあたって非常に重要となります。

ここでは、具体的にどういったことを行えばいいのかということをお伝えします。

YouTubeでSEO対策を施すべき要素としては、主に「タイトル」「サムネイル」「タグ」「ディスクリプション」の4つが挙げられます。

まずタイトルですが、文字数を32文字以内に収め、左側に重要なキーワードを持ってくるようにしましょう。

次にサムネイルです。

サムネイルは、「人+数字+タイトルとは違うメッセージ性」を入れることを意識しましょう。

タグに関しては一概にこれが正しいとは言い切れませんが、動画に関連するものを5~20個程度入れることが望ましいとされています。

ディスクリプションは、冒頭2~3行程度をタイトルとリンクさせた文章にし、チャプター化の設定もきちんと行うようにしましょう。

これらのことを意識して行うことが視聴回数や登録者数の増加に繋がるので、怠らないようにしましょう。

分析を行う

質の高い動画を制作し、SEO対策を行ったのにもかかわらず、公開後そのまま放置してしまうというのは非常にもったいないです。

動画の公開後は、YouTubeアナリティクスを活用して分析を行うようにしましょう。

分析すべきアナリティクスの指標として最も重要なのが「総再生時間」です。

この総再生時間を伸ばすことで、検索や関連動画で上位に表示されやすくなります。

逆にこの総再生時間が伸びていない場合は、動画を長い時間視聴してもらえていないなどの原因が考えられますので、視聴者が飽きるような動画になってしまっていないかなどを検証するようにしましょう。

他にも重要な指標をいくつかまとめたので、分析を行う際は以下の図を参考にしてみて下さい。

YouTube お金の稼ぎ方

チャンネルのファン形成を行う

チャンネルのファン形成を行うことは、チャンネル登録者数を増加させるために非常に重要な要素となっています。

ファン形成を行うために重要なポイントとしては、2つほど挙げられます。

コメントへの返信」と、「ライブ配信」です。

これら2つをしっかりと行うことで、チャンネルのファン形成、そしてチャンネル登録者数の増加へと繋げていくことができます。

YouTubeでのお金の稼ぎ方のまとめ

まとめ
・広告収入が主要な収益源
・視聴回数、チャンネル登録者数の両方を増加させる必要がある

株式会社KNOCKはこの度、「YouTube運用を学びたい」という声にお応えすべく、YouTube動画講座の「KITEN.」をリリースさせていただきました。

所属・提携YouTuberの累計登録者数350万人月間視聴回数1億回以上を誇る株式会社KNOCKが日々YouTubeと向き合う中で培ってきたYouTubeノウハウを全てオンデマンド上で視聴していただくことが可能です。

また、現在、リリース記念として4月中にご購入いただいた100社様限定で、最大30%offの価格で販売させていただきます。

ご興味のある方は上のバナーもしくはこちらをクリックして詳細をご確認ください。