こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

今回は、YouTube動画のアップロードに時間がかかってしまう原因と、その対策について、 動画マーケティング部が紹介します。

YouTube運用を行っているけれど動画の離脱が多くて困っているという方は是非ご覧ください!

現在KNOCKでは、動画ディレクター職YouTuberマネジメント職の募集を行なっています。

YouTubeマーケティングに興味のある方、インフルエンサーのマネジメントに興味のある方などはぜひご覧ください!

動画ディレクター職に関してはこちら

YouTuberマネジメント職に関してはこちら

動画のアップロード時間の目安

YouTubeに動画をアップロードする際、その動画の長さはまちまちだとは思います。

ただ、目安としてはおおよそ5分~10分程度で動画をアップロードすることが可能です。

もちろん、長時間の動画や高画質の動画などは、容量が大きくなってしまうためにこれ以上の時間がかかることが考えられます。

そうした場合は、なかなかアップロードが進まない場合でも、一旦待ってみることをおすすめします。

YouTubeにアップロードできる動画のサイズ

最大で128GB、12時間

YouTubeにアップロードできる動画のサイズには制限が設けられているのをご存知でしょうか。

アップロードできる動画のサイズとしては、最大で128GB、時間にすると12時間までであればアップロードすることが可能です。

もしこのサイズをオーバーする動画をアップロードしたいと考えている場合は、前編・後編や、①・②・③などと数回に分けてアップロードするようにしましょう。

推奨は15分以内

12時間までの動画であればアップロードすることは可能ですが、推奨するのは15分以内です。

なぜなら、動画の長さが15分を越えると途端にアップロードに時間がかかるようになってしまうからです。

実は、デフォルトだと15分以上の動画はアップロードができないようになっています。

この問題を解決するには、別途で手続きが必要です。

解決策は以下の通りです。

パソコンでアカウントの確認を行う

パソコンで以下のリンクを開き、電話及びSMSによるアカウントの確認を行います。

https://www.youtube.com/verify

手順に沿って、Googleアカウントの確認手続きを行う

確認コードを受け取り、Googleアカウントの確認手続きを完了させましょう。

動画のアップロードに時間がかかる原因

動画サイズが大きい

動画のサイズが大きい場合、アップロードするまでに時間がかかってしまうことが多いです。

この問題を解決するためには、先ほども述べたように動画をいくつかに分割して投稿するという対策が挙げられます。

また、高画質の動画は容量が大きくなってしまいます。

アップロードする動画が4Kなど、高画質の動画である場合は少し解像度を下げることで問題が解決するかもしれません。

YouTube指定のファイル・サイズではない

YouTubeにアップロードする動画は、指定のファイル・サイズでなければなりません。

指定のファイルは以下の通りとなりますので、もし違っている場合はこれらのファイルに変換するようにしましょう。

  • .MOV
  • .MPEG4
  • .MP4
  • .AVI
  • .WMV
  • .MPEGPS
  • .FLV
  • 3GPP
  • WebM
  • DNxHR
  • ProRes
  • CineForm
  • HEVC(h265)

 

インターネットの接続が不安定である

インターネットの接続が不安定であるということも、動画アップロードに時間がかかってしまう大きな要因の一つになります。

Wi-Fi環境が整っているかどうかを、投稿する前に確認してみることを強くおすすめします。

また、スマホから動画をアップロード使用としている場合は、4G環境ではなくWi-Fi環境下で投稿してみる、通信制限されていないか確認するといった事で原因を把握することができるかもしれません。

この際、フリーWi-Fiに接続して動画をアップロードするよりも、パスワードが設定されているWi-Fiに接続した方が、より早く完了させることができます。

パソコン、スマホが重くなっている

ブラウザのタブを開きすぎている、そもそも使用可能な容量が残り少ないといった原因から、パソコンやスマホが重くなってしまっているかもしれません。

こうした場合は、開いているブラウザを閉じるといったことや、キャッシュを削除するといった対策を行うことで動画のアップロード時間を短縮できるかもしれません。

YouTubeとの接続がタイムアウトしている

YouTubeは、長時間同じ画面を開き続けていると、接続がタイムアウトしてしまうことがあります。

こうした場合はアップロードすることができないため、別のタブでもYouTubeを開いて何かしらの動画を再生しておき、接続がタイムアウトしないようにしましょう。

動画のアップロードに時間がかかるときの対策

動画を分割して投稿する

動画の時間が長くなってしまっている場合は、先述のように動画を分割して投稿することをおすすめします。

分割して動画を投稿するメリットは、アップロード時間を短縮すること以外にもあります。

それは、視聴回数が増加するということです。

本来1本のはずだった動画を4本などに分けて投稿することで、より多くの視聴回数を獲得することが可能です。

時間短縮及び視聴回数獲得のためにも、長い時間の動画は分割して投稿するようにしましょう。

YouTube指定のファイルに変換する

動画ファイルの形式がYouTube指定のものでない場合、いつまでたっても動画をアップロードすることができません。

そうしたファイルの形式の違いなどによる時間のロスを防ぐためにも、投稿前にファイルの形式がしっかりと指定のものになっているか確認するようにしましょう。

インターネット環境を整える

フリーWi-Fiを使っている場合や、4G環境から投稿しようとしている場合は、パスワードで保護されているWi-Fi環境下で動画をアップロードすることを推奨します。

自身のインターネット環境がどうなっているか、一度投稿前に確認するようにしましょう。

ブラウザのタブを閉じる、キャッシュを消去する

たくさん開いてしまっているブラウザのタブを閉じたり、キャッシュを消去したりすることでパソコンやスマホが軽くなります。

動作が重いことが原因でアップロードに時間がかかっていると推測される場合には、これらの対策を試してみてください。

アップロードに時間がかかる原因は様々である

いかがだったでしょうか。

今回は、YouTubeで動画をアップロードする際に時間がかかってしまう原因とその対策について解説しました。

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

株式会社KNOCKでは、以下のような事業を手掛けています。

  • 企業×インフルエンサーのコラボプロデュース支援(インフルエンサーと企業によるプロモーション活動をワンストップでサポート)
  • YouTube活用支援(YouTubeの基礎から学べる動画講座)
  • インフルエンサー及びクリエイターのマネジメント、育成事業

やりたいことを自分の仕事にしたい」「好きなことで生計を立てる」

このような夢を叶えるお手伝いをしております。

お気軽にご相談ください。

 


    お名前
    会社名
    メールアドレス
    電話番号
    お問い合わせ内容

    ※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。
    ※お問い合わせは2営業日以内に順次ご返信いたします。