こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「自社の製品やサービス等をYouTubeの動画で紹介したいのですが、YouTubeの規約などで何か気を付けておくべき事ははないでしょうか?」

確かにYouTubeの著作権やコミュニティガイドラインについて分からないことも多いのではないかと思います。

そこで今回は、YouTubeの商用利用について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでYouTubeにおける商用利用の禁止事項やペナルティについて理解し、YouTube運用に生かすことができます。

そもそも商用利用とは

Youtube 商用利用

商用利用とは「何らかのコンテンツによる作成物で金銭を得ること」です。

YouTubeにおいては、他人の作成物が含まれた動画などを商用利用した場合や動画を直接的に利用して収益を得ようとした場合にはペナルティが課せられます。

その他にも様々な点で注意すべきことが存在するため、この記事では詳しくその内容について紹介していこうと思います。

YouTubeで禁止となる商用利用とは

Youtube 商用利用

YouTubeの利用規約には様々な項目が存在しますが、YouTubeの利用規約の中でもサービスの制限を明記している箇所があります。

商用利用に関わる大部分を示した部分は以下の画像になります。

YouTube 商用利用

商用利用については(1)(5)(9)(10)が関わってくるので、この4つを読んでから以下のトピックを読んでいただけるとより理解ができると思います。

商品・サービスのPR動画

基本的には自社や個人の製品・サービスをPRする動画をYouTube上にアップすることは規約上OKです。

例えば、商品やサービスの説明をして概要欄のURLから購入してもらう、コンサルなどはコンタクトフォームに飛んでもらうなどの「YouTube以外への外部誘導」は規約違反ではありません。

しかし、動画内に違反コンテンツ(著作権、アダルト、暴力)などが含まれている場合はペナルティの対象となる事があります。

広告

動画を会社や個人サイトに載せることは大丈夫な場合とそうでないものが存在します。

自社や個人ブログなどのサイトに商品やサービスを紹介するための動画を載せることは禁止されてはいません。

逆にアウトになるのはどのような場合かと言うと、文章などがほとんどなく広告がたくさん存在するサイトに動画を載せて利益を得ようとしている場合は違反になってしまいます。

つまり、広告に直接誘導するようなものはダメであるという事です。

現在は明確な基準が設けられていないため厳しくチェックはされていませんが、グレーゾーンでもあるので自分が該当していると感じた場合は即座に削除するべきでしょう。

限定公開動画の利用

これはYouTube規約の「アクセスの販売」という部分に該当します。

例えば、限定公開してある動画をお金を払ってくれた人にのみURLを送り閲覧できるようにする行為や、オンラインサロンやセミナーで会員限定で動画を公開するなどは違反の対象となります。

このような手法を扱っている媒体も多く見受けられますが、かなりの注意が必要です。

動画を販売したい場合は、会員制動画サービスの「Vimeo」を利用しましょう。

YouTubeの商用利用の禁止事項に引っかかった時のペナルティ

Youtube 商用利用

YouTubeのペナルティには様々な理由がありますが、ペナルティであると判断する内容が明記されたものは公開されていません。

現在はペナルティのカテゴリーとしては主に2つであり、著作権違反(content ID ブロック)規約違反(コミュニティガイドライン違反)が存在します。

ペナルティは事前警告+違反警告3回の段階制度を取っており、段階ごとにペナルティ内容が厳しくなっていきます。

具体的な内容は以下の画像のようになります。

YouTube 商用利用

YouTubeでのペナルティ対策

Youtube 商用利用

正直なところ、YouTubeのペナルティ対策は難しい場合がほとんどです。

違反内容が不透明で細かく説明がなされず、何故違反したのかが分からないというケースもあります。

しかし、著作権違反に当たる音源や他コンテンツ動画についてはYouTubeは厳しい調査を行っています。

そのため、PR動画では音源や他コンテンツ動画を利用することは避けてオリジナルコンテンツで勝負することが大切です。

また規約違反(コミュニティガイドライン違反)についても、コミュニティガイドラインを一読しておきましょう。

自身の判断ではなくYouTube側が違反か判断するので、引き際はなるべく早い方が良いと思われます。

YouTubeの商用利用には気を使おう!

いかがだったでしょうか、この記事ではYouTubeの商用利用についての禁止事項やペナルティ、ペナルティの対策について紹介しました。

この記事を参考に是非YouTubeの商用利用をする際には気を付けてみてください。

YouTube運用を始めてコンバージョンに繋げたい、または自分たちで運用をしてみたけれど明確な方針が定まらず成果が出ない、リソースが足りないといった悩みを抱えている企業様も多いかと思います。

KNOCKでは、動画制作とマーケティングに精通したメンバーを擁して企業様に寄り添い、企業様の成果を第一に考えます。

そして、豊富な動画制作実績や蓄積されたYouTubeノウハウをもとに、企画・撮影・編集・投稿・分析をワンストップで行い、企業様の中長期的なYouTube運用のお手伝いをさせていただいております。

登録者や視聴回数だけでなく、その先の”売り上げや認知にコミットした運用”を行っています。

予算や目的に合わせたプランをご用意いたしておりますので、YouTube運用代行を考えている企業様は、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ