こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

今回は、YouTube動画の離脱率低下について、 動画マーケティング部が紹介します。

YouTube運用を行っているけれど動画の離脱が多くて困っているという方は是非ご覧ください!

株式会社KNOCKはこの度、「YouTube運用を学びたい」という声にお応えすべく、YouTube動画講座の「KITEN.」をリリースさせていただきました。

所属・提携YouTuberの累計登録者数350万人月間視聴回数1億回以上を誇る株式会社KNOCKが日々YouTubeと向き合う中で培ってきたYouTubeノウハウを全てオンデマンド上で視聴していただくことが可能です。

また、現在、リリース記念として4月中にご購入いただいた100社様限定で、最大30%offの価格で販売させていただきます。

ご興味のある方は上のバナーもしくはこちらをクリックして詳細をご確認ください。 

YouTubeには再生回数が伸びやすい時期がある

YouTubeの再生回数は登録者、広告収益等の指標を左右する最も重要な指標と言っても過言ではありません。

その再生回数には、1年を通じて伸びやすい時期とそうでない時期が存在します。

この法則を理解することによって、効果的なYouTube運用、ひいてはチャンネルの拡大が期待されます。

そこで、この記事ではYouTubeの再生回数が伸びやすい時期について解説します。

YouTubeの再生回数の伸びやすい時期とその要因

YouTubeの再生回数の伸びやすい時期には主に2つの時期があります。

1つは8月、もう1つは12月です。

なぜこのような傾向があるのでしょうか。結論としては、夏休み(お盆休み)と冬休み(年末年始休暇)が主な要因でしょう。

まず8月は、YouTubeを視聴することが他の年代と比較しても多いことが予想される学生などの若年層が夏休みに入り、YouTubeを視聴する時間が増加します。

人によっては、1日中YouTubeを視聴して過ごすという学生の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、8月中頃には社会人もお盆休みにはいる方が多くなります。

上記の影響も相まって、8月は1年の中でも特にYouTubeが再生されることが多くなります。

続いて12月に関してですが、こちらも8月と原理は同じで、学生によっての冬休みと社会人にとっての年末年始休暇が同時に到来することにより再生回数が増加しやすくなります。

ここでは挙げませんでしたが同様の原理で、8月、12月には及ばないもののゴールデンウィークやシルバーウィークにも再生回数が増加することが頻繁にみられます。

YouTubeの再生回数が増えやすい時期をうまく活用するには

最後に、上記の傾向をうまく活用するための戦略をご紹介します。

まず最もシンプルな戦略としては、動画の更新頻度を上げることです。

上記の時期にはYouTube全体の再生回数が増加する傾向がある、いわばボーナスタイムなので更新頻度を上げることで再生回数の増加幅をさらに伸ばすことができます。

他にも、時期ごとのターゲットの状況を想定しつつ戦略を構築することも有効となります。

例えば、7月の末から8月の上旬までは学生が主な視聴者層になるので、学生をターゲットに据えた企画は伸びやすくなるでしょう。そのためには、7月のうちからそのような動画の企画、撮影、編集等を済ませて用意しておくことが有効です。

また、8月の中旬には社会人の視聴者も増えてくるので、その時期には社会人をターゲットに据えた動画を公開することも効果的です。

これは12月にも同じことが言え、要するにターゲットのその時々の状況を想定した企画を配信することが有効だと言えます。

YouTubeの再生回数が増えやすい時期をうまく活用しましょう

いかがだったでしょうか?

この記事では、YouTubeの再生回数に関する傾向とその理由、活用法について解説しました。

この記事がYouTube運用の一助になれば幸いです。

株式会社KNOCKはこの度、「YouTube運用を学びたい」という声にお応えすべく、YouTube動画講座の「KITEN.」をリリースさせていただきました。

所属・提携YouTuberの累計登録者数350万人月間視聴回数1億回以上を誇る株式会社KNOCKが日々YouTubeと向き合う中で培ってきたYouTubeノウハウを全てオンデマンド上で視聴していただくことが可能です。

また、現在、リリース記念として4月中にご購入いただいた100社様限定で、最大30%offの価格で販売させていただきます。

ご興味のある方は上のバナーもしくはこちらをクリックして詳細をご確認ください。