こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。 先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「YouTubeで集客を行いたいのですが、方法が分かりません。何かいい方法はないでしょうか?」

確かにYouTubeを活用して動画マーケティングを成功させたい方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、どのようにしてYouTubeで集客を行っていけば良いかと言うことについて、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

この記事を読むことでYouTubeにおける集客とは何か、YouTubeで集客を行うメリット、集客を行う方法が理解できます。

KNOCKでは、企業様の予算や目的に合わせた柔軟なYouTube運用代行プランを用意させていただいております。

YouTube運用を検討しているという企業様はお気軽にご相談ください。

弊社実績やサービスの詳細については以下で詳しく説明しています。

YouTubeでの集客とは

YouTubeは最大規模の動画マーケット市場

近年、YouTubeの動画マーケットとしての媒体価値は上がり続けています。

多くの有名YouTuberの他、芸能人や企業までもが参入してきており益々人気を博しています。

その背景には、スマートフォンの普及や、多くの人々に動画の重要性が認識され始めたことなどが挙げられます。

YouTubeは世界中で人気の動画プラットフォームであり、毎月20億人のユーザー80以上の言語で動画を視聴されています。

そこでYouTubeを活用して企業PRや販促に繋げようと考える企業も増加してきています。

企業がYouTube運用を行うメリットとして挙げられるのが、高い広告効果がある幅広いユーザーが存在するため集客の際にターゲティングがしやすい半永久的なブランディングが可能である、動画による発信で訴求力が高まると言ったことなどです。

こちらに関してより詳細に触れていますので、興味のある方はこちらもあわせてお読みください。

あわせて読みたい
YouTubeのプロが語る!YouTubeの媒体価値とは?

 

YouTubeは大きな集客効果が見込める

先程も述べた内容と重複する部分がございますが、YouTubeには非常に多くの層のユーザーが存在するために潜在顧客が非常に多いことが企業にとっては大きなメリットになってきます。

YouTubeでの動画でのプロモーションは通常の画像広告よりもはるかに訴求力が高いのが特徴です。

動画では文字以上の情報を伝えられることができるので、ユーザーに対しての訴求力というものは非常に高まります

というのも、テキストや写真などの紙媒体が1枚あたり1,000文字分の情報量を伝えるとすると、動画は1分間で180万文字分の情報量を伝えることができると言われているからです。

また、広告費に関してもTVCMとなってくると動画の制作費に加え放映権などもかかるので、広告費がかからないYouTubeは企業にとってコストカットに最適であると言えます。

加えて、TVCMでは放送期間が設けられますが、YouTubeではチャンネル上に動画が残り続けるので長い期間に渡って広告効果が見込まれます。

そのため、どこかのタイミングで動画の人気に火が付き拡散されることも予想できます。

つまり、YouTubeで動画を用いた集客というのは、低予算で非常に多くの層に効率よく効果的なアプローチができるということになります。

YouTubeで集客することのメリット

競合との差別化を図ることができる

業界のジャンルによってはYouTubeに進出している企業が少ないことも多いです。

自社の競合が進出していない間にYouTubeで集客活動を行っておけば、多くの利益を呼び込むことができるでしょう。

また、動画マーケティングを行ってはいるものの戦略的にうまく活用できていない企業も多く見受けられます。

つまり、しっかりとYouTubeについて学び、動画に多くの人を惹き付けるポイントを理解することができれば大きな差別化を図ることができるのです。

検索エンジンに引っかかりやすくなる

2006年にYouTubeはGoogleに買収されたことをご存知の方は多いかと思われます。

Googleでは検索をかけたときにワードに関連したYouTube動画を表示します。

また、ヤフー検索も同様です。

これがまさしくYouTubeを利用することのメリットになります。

最近ではVSEOと呼ばれる動画SEOに注力することで、Webサイトのみならず動画も検索結果の上位に表示されるように様々な施策を行っている企業が増えています。

記事の最後に詳しく述べますが、YouTubeのアルゴリズムアナリティクス機能を活用することでより効率よく上位を狙うことができます。

売り上げ向上に繋がりやすい

商品やサービスの紹介動画や使用方法を伝える動画では、潜在顧客や見込み顧客が自社の商品やサービスを購入する最後の一手になる可能性があります。

動画ではより多くの情報を伝えることができるということは最初にも述べましたが、より売り出したいもの魅力が動画では伝わるので販促に繋がりやすいです。

YouTube上に動画を残しておけば欲しいタイミングで検索をかけたユーザーに動画が宣伝してくれるので、余計な営業や広告をかける手間を省くことができます。

うまくユーザーに対してアプローチすることができればリピーターとなってくれることも考え得るでしょう。

ブランディング効果が高まる

そもそもブランディングとは各企業独自の「ブランド」というものを形成することを指します。

ブランドというものはどの企業と照らし合わせてみても完全に一致しない独自性に満ちたものであり、他企業と差別化を図るものです。

自社だけの強みや魅力を動画でしっかりと伝えて印象付けることができれば、ユーザーが比較検討する際に自社の商品やサービスが選択肢として頭に浮かびやすくなります。

動画ではコンテンツの内容や雰囲気などを一貫しておくとよりブランディング効果が高まり、視聴者にブランドを理解してもらえます。

YouTubeで集客を行う方法

YouTubeを運営するには動画がなくてはいけません。

そこで動画をどのようにして制作するのかということがポイントになってきます。

内製する

動画を内製化することのメリットは「スピードが早い」ということです。

自社内で動画が作れるのなら動画制作会社に依頼する必要がないので、動画の内容が決まり次第すぐに制作に取り掛かることが可能です。

YouTubeでトレンドに乗った動画を制作したいという場合にも対応する事ができます。

しかし、内製化を動画制作会社ではない企業が行うとなるとコストやクオリティに問題が出てくるというデメリットも存在します。

動画制作を行う上で撮影や編集のスキルがある人間がいれば問題ないのですが、ほとんどの企業にはそのケースというのは少ないでしょう。

そうなると素人で作る動画には限界が出てきてしまうので質の低いものになってしまいます。

また、一から内製することになるとスキルの習得や機材・設備費などのコストがかかっていしまい、結果的に動画制作会社に依頼するよりも高くなってしまうケースも考えられます。

そのため、動画制作の内製化を行う際には長期的に計画を立て、明確な内製化を行っていく必要があります。

YouTube運用代行会社に依頼する

YouTube運用代行会社に依頼することは内製するよりもメリットが多いことが特徴です。

運用代行会社であると動画に企画・撮影から編集・分析まで運用代行を行ってくれる会社が多いので時間的・人的コストを削減することもできます。

また、プロに任せることでYouTubeチャンネルや動画を最短で伸ばすことが可能です。

YouTube運用のノウハウを知らない企業も多いと思われるので、どうしても内製したい場合以外はその点においても運用代行会社に運用を任せることが良いです。

あえてデメリットを挙げるとなると費用が多くかかる場合があること、運用代行会社とのやり取りに時間がかかる場合があります。

しかし、内製をする明確な目標が無い限りは運用代行会社を利用することをおすすめします。

YouTube運用代行会社については以下の記事をご覧ください。

YouTube運用代行についてのおすすめ記事
【比較】YouTube運用代行会社の料金相場や特徴を徹底解説!
YouTube運用代行会社の費用や選び方について徹底解説!

効果的にYouTubeで集客を行う方法

YouTube運用を内製する、もしくは依頼するという以前にYouTubeについての基礎知識はある程度知っておかなければなりません。

そこで今回はチャンネルと動画を効率よく伸ばすための3要素を軽くご紹介します。

YouTube アルゴリズムを理解する

YouTubeのアルゴリズムはチャンネル登録者数視聴回数動画の評価視聴者維持率などに直接影響を及ぼします。

では、このアルゴリズムを理解して取り入れることでどのようなメリットがあるのかというと、関連動画に表示されやすくなる視聴回数やチャンネル登録者数が増えることでより広範囲に情報を届けることができるようになりリーチ力が高くなるということが挙げられます。

関連動画に表示されるようになれば、動画の視聴回数やチャンネル登録者数の迅速な増加に繋げることができます。

また、YouTube上でPRしたい商品やサービスがあるときにもリーチ力を生かして多くの人にその商品やサービスを知ってもらうことが可能となります。

具体的にどうすれば良いかと言うと、サムネイルタイトル動画概要欄ファイル名などに動画に関係するキーワードを含めることや動画にハッシュタグをつけることでYouTube動画を最適化することに繋がります

YouTubeアルゴリズムについての具体的な記事については以下をご覧ください。

YouTubeアルゴリズムについての記事
視聴者激増!アルゴリズムを理解しYouTubeで最適化を行う方法

YouTube SEOを意識する

YouTubeアルゴリズムと重複する部分もありますが、YouTube上位に検索表示されるにはYouTube SEOを意識することが必須となってきます。

例えば、動画のファイル名タイトル概要欄タグに動画に関するキーワードを入れる。

サムネイルをユーザーが惹かれるようなものにする、動画のカテゴリーを最適化するなどと言った要素を含みます。

これらを意識するだけで動画の伸びというものは大きく変わってきます。

YouTube SEOについての記事は以下をご覧ください。

YouTube SEOについての記事
YouTubeでもSEO対策は必要!動画を上位表示させるには?

YouTube アナリティクスを使う

YouTubeアナリティクスとは自分のYouTubeチャンネルや動画をデータで見ることができる機能です。

視聴者の実際のデータから視聴者の反応を読み取ることができ、各コンテンツからチャンネルや動画に関する重要な情報が得られます

YouTubeアナリティクス機能を使いこなし、分析結果に基づきコンテンツや動画制作における戦略をPDCAサイクルで回していくことで動画の伸びは飛躍的に伸びていきます

具体的なアナリティクス機能については以下の記事を是非ご覧ください。

YouTubeアナリティクスについての記事
YouTubeでのアナリティクスの見方、活用方法を紹介!

YouTubeで集客を行ってみよう!

いかがだったでしょうか?

この記事では、YouTubeでの集客方法について解説してきました。

KNOCKでは、今回紹介したYouTube上での集客方法など豊富なYouTubeノウハウをもとに、企画・撮影・編集・投稿・分析をワンストップで行い、企業様の中長期的なYouTube運用のお手伝いをさせていただいております。

企業様に寄り添い、成果を実感していただけるような運用を行わせていただきますので、YouTubeマーケティングをご検討の方は、お気軽にご相談ください。


    お名前
    会社名
    メールアドレス
    電話番号
    お問い合わせ内容

    ※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。
    ※お問い合わせは2営業日以内に順次ご返信いたします。