こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「YouTube広告運用の外注を考えているのですが、費用相場やメリットなどを教えていただきたいです。」

確かにYouTube広告を外注したいけれど費用相場などがわからないという方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、YouTube広告運用代行を依頼するメリットや費用相場について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

この記事を読むことでYouTube広告を外注するメリットや費用相場を理解し、活用することができます。

現在KNOCKでは、動画ディレクター職YouTuberマネジメント職の募集を行なっています。

YouTubeマーケティングに興味のある方、インフルエンサーのマネジメントに興味のある方などはぜひご覧ください!

動画ディレクター職に関してはこちら

YouTuberマネジメント職に関してはこちら

YouTube広告を出稿するべき理由

YouTubeだけでなく、TwitterやInstagram、Facebookなど、広告を出稿する媒体は多岐に渡ります。

そんな中、どの媒体で広告を出稿しようか悩んでいるという方も多くいらっしゃるかと思います。

こうした動画広告の媒体の中で最もおすすめなのが、YouTubeです。

理由としては3点あり、1つ目が「YouTube市場の拡大」、2つ目が「費用対効果の高さ」、3つ目が「動画が持つ情報量の多さ」です。

これらの理由について、掘り下げて説明していきます。

YouTube市場の拡大

YouTube市場は近年拡大を続けています。

老若男女を問わず幅広い人々から利用されており、世界一の動画媒体であるといえます。

YouTubeは世界で毎日10億時間、視聴回数でいうと数十億回も視聴されています。

また、世界のインターネット人口が60億人存在している中で、3分の1にあたる20億人がひと月でYouTubeを視聴しています。

日本国内だけに限って見ても、約6200万人の月間ユーザーが存在しています。

こうしたデータからも、YouTube市場というものが現在どれほど大きなものになっているかというかということを理解していただけることでしょう。

費用対効果が高い

YouTube広告は費用対効果が高いということも魅力の一つとして挙げられます。

費用対効果が高い理由は3点あります。

1つ目は、ターゲティングが容易であるということです。

性別や年齢などから、職業や趣味嗜好、興味関心などまで詳細な要素でターゲティングを行うことが可能です。

細かくターゲティングすることで、よりコンバージョンに繋がりやすいユーザーに向けて広告を発信することができます。

2つ目の理由は、リマーケティングが可能な点です。

チャンネルに訪れたことがある、もしくはチャンネルの動画を視聴したことがあるユーザーに向けて広告を発信することが可能です。

一度でもチャンネルと関わりを持ったことがあるユーザーに向けて発信できるという点で、よりコンバージョンを獲得しやすくなっています。

3つ目の理由としては、安価で広告を出稿することができるという点が挙げられます。

YouTube広告の料金相場は1回あたりおよそ3~20円といわれています。

また、予算を設定することも可能で、最低1000円から設定できるため、導入のしやすさも魅力です。

先ほどもお伝えしたように、YouTubeは圧倒的なユーザー数を誇っているため、訴求できるユーザーの幅広さを考えた際に、費用対効果が高いといえるでしょう。

動画が持つ情報量の多さ

動画は、文字や画像と比べて圧倒的な情報量の多さを誇っています。

動画情報を文字情報に換算した場合、1分間の動画でおよそ180万文字分、Webページ3600枚分の情報量を有しているといわれています。

これだけ多くの情報を含んでいるため、短時間で伝えたい情報を伝えることが可能です。

YouTubeの広告は5秒程度でスキップされてしまうことも多いですが、その5秒の中で視聴者の心を動かし、コンバージョンに繋げることも可能です。

動画というものは、それだけの情報量と価値を有しているとご理解いただけますと幸いです。

YouTube広告運用を外注するべき理由

YouTubeで広告を運用しようと考えた際、自社内で広告を運用するか、専門の会社に外注するかの2つの選択肢があります。

この2つのうち、より確実に成果を挙げるためには外注する方がベターです。

理由としては2つあります。

1つは専門の会社に外注した方が質の高い動画が出来上がるということ、そしてもう1つはどのような動画が広告として訴求効果が高いのかというノウハウを持ち合わせているという点です。

これら2つの理由について、これから詳しく解説します。

動画の質が高い

YouTube広告の運用代行を行っている会社の多くは、YouTubeチャンネルの運用代行も行っています。

その中には動画の撮影や編集などの業務も含まれており、専門の動画作成チームを有している場合が多いです。

数々の動画作成の経験を活かし、高品質な動画を納品することができるのが専門の運用代行会社の強みです。

自社内に動画編集のスキルを持った人材がいる場合は内製した方が費用も抑えられて良いというときもあると思います。

ただ、YouTubeの広告で成果を挙げたいと考えた時、やはりYouTubeに精通している会社に任せる方がより確実な効果を得ることができる可能性が高いです。

自社の予算や社内で割ける人的リソースなどを吟味したうえで内製するか外注するかを決めるようにしましょう。

YouTube広告のノウハウを持ち合わせている

YouTube広告といわれて多くの人が思い浮かべるのは、動画を再生しようとすると挿入される広告だと思います。

このタイプの動画は5~15秒で終わるスキップ不可なノンスキッパブル広告と、5秒経過した後からスキップが可能なスキッパブル広告とに分類されます。

多くの人は後者のスキッパブル広告を、5秒経過した時点でスキップしてしまいます。

そのため、短い時間でいかに視聴者の印象に残る動画を配信するかということが重要です。

そうした動画を制作するノウハウについては、やはり専門の会社に分があります。

最初の数秒にメッセージを詰め込むことで、訴求効果も高まりますが、ノウハウも何もない状態で「最初の数秒でインパクトを残せ!」といわれても難しいと思います。

そのため、やはり高い効果を得るためには専門の会社に外注する方がより確実です。

YouTube広告運用代行の費用相場

広告費+手数料の形が多い

YouTube広告運用代行を行っている会社は、YouTubeチャンネル全体の運用代行も一緒に行っている場合がほとんどです。

その場合、YouTubeチャンネル運用代行プランの中に広告運用代行も組み込まれているため、具体的にどれほどが広告運用代行の費用相場なのかということは把握することが難しいです。

広告運用を外注する場合はほとんどの場合手数料が発生します。

例えば100万円が広告予算で、広告運用の代行を依頼するとします。

手数料が20%の場合は、100万円+20万円の合計120万円を支払うこととなり、外注することによって追加で発生する費用は20万円になります。

YouTube広告運用を行っている会社の比較

様々な会社がYouTube広告の運用代行を行っています。

そこで、YouTube広告運用代行を行っている会社の特徴や料金感について紹介します。

株式会社KNOCK

KNOCKは2014年よりYouTubeに特化した動画制作やチャンネル運用のサポートを行っており、企業様の成果を第一に考えたYouTube運用を行っています。

YouTube広告運用代行は、チャンネル運用代行プランの中の一つに組み込まれており、広告手数料は20%もしくは15%です。

YouTube広告運用代行を含めたチャンネル運用代行サービスに興味があるという方は、ぜひこちらをご覧ください。

株式会社スナップレイス・タレント

株式会社スナップレイス・タレントは、現役YouTuberによる質の高い動画制作などが強みの運用代行会社です。

YouTube広告運用代行に関しては、「YouTube運用代行フルプラン」の中に含まれており、こちらは月額58万円で利用することができます。

YouTube広告配信のターゲット設定、広告クリエイティブ動画の作成、広告配信の配置設定、広告予算調整、広告出稿すべての代行を行っています。

株式会社GLOBAL LINK JAPAN

株式会社GLOBAL LINK JAPANはYouTubeを含めたSNSの運用代行を主に行っている会社です。

月49800円の基本料金を支払ったのち、追加料金を支払うことでYouTubeでの広告運用の代行も依頼できるため、YouTubeチャンネルの運用と合わせて広告も出稿していきたいと考えている企業の方におすすめです。

株式会社サムライト

株式会社サムライトも、ここまで紹介してきたほかの会社と同じようにYouTubeチャンネル運用代行を主要サービスとして展開しています。

具体的な広告運用のサービス内容については明示されていませんが、「YouTubeチャンネル運用支援」のサービスの中に含まれています。

こちらのサービスは、30万円~/月から利用することができます。

YouTube広告運用代行を依頼して成果を挙げよう

いかがだったでしょうか。

YouTube広告は専門の運用代行会社に外注することでより確実に成果を挙げることができます。

この記事を参考に、費用対効果が高く幅広い層に訴求できるYouTube広告を活用し、認知拡大や販促に繋げましょう。

株式会社KNOCKは、以下の事業を手がけています。

  • 企業×インフルエンサーのコラボプロデュース支援(インフルエンサーと企業によるプロモーション活動をワンストップでサポート)
  • 企業様のYouTube活用支援(YouTube運用代行・コンサル)

企業様に寄り添い、成果を実感していただける運用を行わせていただきますので、 YouTubeマーケティングをご検討の方は、お気軽にご相談ください。


    お名前
    会社名
    メールアドレス
    電話番号
    お問い合わせ内容

    ※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。
    ※お問い合わせは2営業日以内に順次ご返信いたします。