こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

今回は、インフルエンサーの仕事と収入について、 動画マーケティング部が紹介します。

インフルエンサーの仕事について興味がある方、年収が知りたいという方は是非ご覧ください!

現在KNOCKでは、カメラマン兼動画ディレクター職美容関連のPR職の募集を行なっています。

YouTubeマーケティングに興味のある方、インフルエンサーのマネジメントに興味のある方などはぜひご覧ください!

カメラマン兼動画ディレクター職に関してはこちら

美容関連PR職に関してはこちら

インフルエンサーとは

インフルエンサー 仕事

インフルエンサーとは、世間に与える影響力の大きい人のことを指します。

具体的にはTwitter、instagram、YouTubeといったさまざまなSNSで情報発信をする人たちのことをいいます。

インフルエンサーが発信する情報は強い宣伝効果をもつので、最近では企業もインフルエンサーを活用した宣伝活動インフルエンサーマーケティング)に力を入れています。

インフルエンサーってたとえば誰?

各SNSの代表的なトップインフルエンサーを見てみましょう。

YouTube: HIKAKIN フォロワー数960万人

・Instagram: 渡辺直美 フォロワー数956万人

インフルエンサー 仕事

・TikTok:景井ひな フォロワー数750万人

インフルエンサー 仕事

どのSNSの代表的インフルエンサーも、世間的に知名度の高い人たちであることがわかりますね!

インフルエンサーの仕事は楽なの?

「写真や動画を投稿するだけなんてラクじゃない?」と思われがちなインフルエンサーですが、実際のところどのような仕事をしているのでしょうか?

インフルエンサーの仕事内容

インフルエンサーの仕事内容は実はさまざまあるんです。

①写真や動画の撮影

インフルエンサー 仕事

投稿として発信するためには、写真や動画を撮影する必要があります。

1つの投稿する写真や動画でも何テイクもとることが多く、人によっては納得のいく投稿のために何百回も再撮影をしたり、何時間も動画をとってその中から十数分を切りとって投稿することもあります。

➁編集・加工

インフルエンサー 仕事

撮影した写真や動画を、自身の投稿の雰囲気にあった加工したり、フォロワーにとってより見やすくなるように字幕やカットをいれて編集をしたりします。

特に動画投稿のインフルエンサーの場合、フォロワーにより長く動画を見てもらうために凝った編集をするため10数分程度の動画の編集に5時間以上かけることもしばしばあるそうです。

➂投稿の企画

インターン 仕事

投稿をするためには、どのような投稿をするかを決める必要があります。

フォロワーが飽きないような投稿ができるか、また新しいフォロワーが獲得できるような魅力的な投稿ができるかを考えなければなりません。

そのためには今までよりも新しい方向性の投稿にしたり、流行をリサーチし、取り入れた内容にしたりと、企画の考案が非常に重要になってきます。

④投稿の影響度の分析

実際に投稿をしたあと、『自分自身の発信がどのぐらい影響があったか』、

フォロワーからどのぐらい高評価を得ているか』を見ることでフォロワーのニーズに応えられているかどうかを分析します。

この結果から、フォロワーのニーズにどの程度応えられているかを分析し、今後の企画の参考にしていくことが必要です。

⑤人気の維持

インフルエンサーにとって、影響力を持ち続けるために人気の維持も重要な仕事です。

そのために現在の自分のイメージを壊さないよう言動に気を付けるフォロワーとのコミュニケーションを欠かさないようにする、などの心がけも重要になってきます。

また、投稿に大きく期間が空くとフォロワーが離れていってしまうので、高い頻度で投稿をし続けなければなりません。

インフルエンサーはラクじゃない!

インフルエンサーの仕事は『どうすれば人気を維持できるか』『どのようにして影響力を拡大するか』を常に考える必要があるとても大変な仕事です。

長年多くのフォロワーに愛されるインフルエンサーはとてつもない努力をしていることがわかりますね。

インフルエンサーの収入はどのくらい?

かなり大変な仕事であることがわかったインフルエンサーですが、果たして収入はどのくらいなのでしょうか?

インフルエンサーの収入は?

インフルエンサーの収入はフォロワー数によって大きく変化し、また公表していないインスタグラマーが多いため、一概にいうことはできません。

しかし、目安としてフォロワーが千人程度ならば数千円、フォロワーが数百万人ならば1000万円近くの月収を得ることができると考えられています。

インフルエンサーはどうやって稼いでる?

多くのインフルエンサーは広告収入を収入源としています。

広告収入は、実際に企業の商品を使ってみて感想を投稿するなどその企業のPRを行うことでもらえる収入です。

この広告収入はフォロワー数が多ければ多いほど増え、

例えばInstagramでは『1フォロワーにつき1円』といった形で一つの広告に対して支払いが行われることが多いようです。

インフルエンサーとして収入を得るためには目安としてフォロワー数が1万人程度

最低でも1000人以上いれば、企業の案件を受けることで収入を得ることができるようになるでしょう。

まとめ

今回はインフルエンサーとはどのような仕事をしているのか、収入はどのくらいかについてお伝えしました。記事の要約は以下の通りです。

・インフルエンサーの仕事は企画、撮影、編集、分析と多岐にわたるため、大変な仕事である

・インフルエンサーの収入源は『広告収入』で、フォロワー数によって収入は大きく変わる。

この記事を通して、インフルエンサーという職業に興味をもっていただけると幸いです!

株式会社KNOCKでは、以下のような事業を手掛けています。

  • 企業×インフルエンサーのコラボプロデュース支援(インフルエンサーと企業によるプロモーション活動をワンストップでサポート)
  • YouTube活用支援(YouTubeの基礎から学べる動画講座)
  • インフルエンサー及びクリエイターのマネジメント、育成事業

やりたいことを自分の仕事にしたい」「好きなことで生計を立てる」

このような夢を叶えるお手伝いをしております。

お気軽にご相談ください。

※恐れ入りますが、設定方法等のYouTubeのノウハウに関する質問は承っておりませんので、ご理解いただけますと幸いです。


    お名前
    メールアドレス
    電話番号
    チャンネルURL
    お問い合わせ内容

    ※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。
    ※お問い合わせは2営業日以内に順次ご返信いたします。