こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。 先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「YouTubeの動画に字幕を付けたいのですがやり方が分かりません。どのようにすれば良いでしょうか?」

確かにYouTube動画に字幕を付ける方法が分からなかったり、字幕を設定すると得られるメリットが分からない方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、YouTube動画の字幕の付け方とそのメリットについて、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでYouTubeにおけるハッシュタグの効果を理解し、動画に生かすことができます。

YouTubeの字幕の種類

既に皆さんご存じかもしれませんが、YouTubeの字幕には2つの種類が存在します。

まずはその2つについて軽くご紹介します。

自動字幕

これは皆さんが一番良くご存じだと思います。

YouTubeのAIによる「音声認識技術」を使い、自動で音声を認識して文字起こししてくれる機能になります。

主な対応言語は以下の

対応言語は、

・日本語

・英語

・韓国語

・スペイン語

・フランス語

・ドイツ語

・オランダ語

・イタリア語

・ポルトガル語

・ロシア語

の10か国語になります。

自動字幕はわざわざ翻訳するという手間がかかりませんが、あくまでも自動翻訳なので正確さは保証できません

日本語の自動翻訳でさえ正確ではなく文法や語句が間違ったりしている事があるので、他言語は尚更間違っている事が多いでしょう。

しかし、設定しておくことで海外の方が視聴する際には多少の手助けになります。

編集字幕

こちらは動画を編集する際に自ら打ち込んだ字幕になります。

有名YouTuberの多くは自らの編集で字幕を打ち込んでいることが多いです

動画の編集に加えて字幕を付けることは手間ではありますが、動画で話していることや映像などを自分に伝えたい文章を正しく正確に届けることができるので間違いが減ることは明確でしょう。

この編集字幕は投稿者だけでなく、視聴者に依頼する形で編集字幕を付けることができました。

しかし、2020年7月31日にあった発表によると、2020年9月28日には視聴者による編集翻訳機能を終了するとして国内外で反響を呼んでいます。

YouTubeの字幕の付け方

①YouTube Studioを開き左の一覧から「動画」を選択

YouTube 字幕の付け方

②字幕を付けたい動画にカーソルを合わせ鉛筆マークの「編集」を選択

YouTube 字幕の付け方

③字幕に付けたい言語を選択し「編集」を選択

YouTube 字幕の付け方

④字幕の開始と終了の時間を指定して字幕を打ち込み、「公開」を選択

公開を選択すると保存がされ、工程が完了します。

YouTube 字幕の付け方

字幕を付けるメリット

字幕は動画の視聴者にとっては様々なメリットが存在すると言えます。

具体的には以下のようなものが挙げられます。

SEO対策になる

ウェブサイト同様、YouTubeの動画にもSEOは存在します。(これをVSEOと言います。)

検索エンジンが動画の質を判断する際には、動画に含まれているタイトル、概要欄、タグなどのテキストなどが判断基準になってきます。

その際には字幕というテキスト情報も含まれるため、検索エンジンはコンテンツの判断がしやすくなります。

YouTubeのアルゴリズムを理解して対策していきましょう。

YouTubeのSEO対策についてはYouTubeでもSEO対策は必要!動画を上位表示させるには?をご覧ください。こちらの記事をご覧ください。

また、YouTubeのアルゴリズムに関しても是非視聴者激増!アルゴリズムを理解しYouTubeで最適化を行う方法をご覧ください。記事をご覧ください。

動画の理解度向上や視聴者獲得に繋がる

字幕を付けることで、音による聴覚情報、映像とテキストによるダブル視覚情報が得られるため、視聴者は内容をより吸収しやすくなります。

また、聴覚障害のある方なども字幕によって動画の内容を理解する事ができるため、そういったユーザー層の獲得にも繋がります。

加えて、音を出してはいけない場などではミュートにして動画を視聴する方などもいますが、字幕付きの動画の方が無しに比べて平均視聴時間、再生回数、シェアなどの指標が上がっています。

こういったデータを考慮すると、字幕を付けることのメリットは明白です。

国外のユーザーにもコンテンツを楽しんでもらえる

日本語字幕以外にも様々な言語の字幕を付けることでより多くの視聴者や再生数の獲得が見込まれます。

特に英語はほとんどの国で通用する言語のため、一番最初に導入するべき字幕であるでしょう。

海外専用のチャンネルや特定の国の言語に対応したチャンネルを持っている有名YouTuberもいます。

今やYouTube市場も国際化が進んでおり、世界市場を視野に入れた動画マーケティング戦略を行っていくと良いでしょう。

YouTube動画に字幕を付けてみよう!

いかがだったでしょうか、今回はYouTubeの動画に字幕を付ける方法とそのメリットについて解説しました。

この記事を参考に是非YouTubeの動画に字幕を付けてみましょう。

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、企業専門のYouTubeマーケティングを展開しています。

お問い合わせ