こんにちは、株式会社KNOCK動画マーケティング部です。

先日、弊社クライアントから以下の質問を頂きました。

「YouTubeに動画を投稿しているのですが、あまり視聴回数やエンゲージメント率が伸びません。どうしたら良いでしょうか?」

確かに動画の完成度とは裏腹に視聴回数やエンゲージメント率が伸びず歯がゆい思いをすることも多いのではないかと思います。

そこで今回は、視聴回数やエンゲージメント率を高めることができるYouTubeにおけるコミュニティ機能等、視聴者との交流方法について、 株式会社KNOCK動画マーケティング部がわかりやすく解説します。

※私たち株式会社KNOCK動画マーケティング部は企業様の映像制作のお仕事やYouTube運用のお手伝い等をさせていただいており、オーガニック検索(広告を用いずに)のみで500万再生以上/1本を記録した動画を制作した実績もあります。

この記事を読むことでYouTubeにおけるコミュニケーションについて理解し、自身のチャンネルに活用することができます。

コミュニティ機能等、YouTubeにおけるコミュニケーションの方法

コミュニティ機能

YouTubeにおいてチャンネル登録者数が1000人以上のチャンネルは、「コミュニティ機能」を作成することで視聴者と投稿者のコミュニケーションを行うことができます。

コミュニティ機能の特徴として、文字や画像、動画を使って告知を行ったり、アンケートを行ったりすることができるというものがあります。

活用法としては、新しく動画を挙げた際に視聴者に知らせたり、今後の動画の指針に関してのアンケートを行うなどです。

アンケートなどは視聴者からの意見が如実に反映されるため、積極的に使うようにしましょう。

プレミア公開でのチャット

YouTubeでのプレミア公開におけるチャット機能もコミュニケーションの一つです。

プレミア公開とは、投稿者が動画の公開日時を設定し、その時間になったら動画が公開されるという機能のことです。

このプレミア公開ではチャット機能が搭載されており、動画が公開されてから、リアルタイムで他のユーザーとチャットを楽しみつつ動画を視聴することができます。

また、視聴者だけでなく投稿者もこのチャットに参加することが可能なため、投稿者と視聴者間でのコミュニケーションも可能です。

フリートーク

フリートークは、YouTubeのチャンネル登録者数が1000人以下のチャンネルで使用することができる機能です。

コミュニティ機能との違いとして、画像や動画、アンケートなどを投稿することができず、文字のみ可能となっているという点があります。

SNSへの投稿

YouTubeで動画を投稿した後、SNSにその旨を投稿することは多くのユーザーにリーチするためにも重要となってきます。

現在、FacebookやTwitter、Instagramなどの様々なSNSがありますが、その中でも特にTwitterを活用するべきであるといえます。

その理由として、Twitterには「いいね」や「リツイート」などで情報を広範囲に伝えることが可能であるということが挙げられます。

YouTubeで自身のチャンネルを登録してくれている人たち以外にも動画を見てもらうためにも、積極的にSNSを活用するようにしましょう。

コメント欄

YouTubeに投稿した動画のコメント欄も、視聴者とコミュニケーションを取る方法の一つです。

動画に寄せられたコメントに返信をしている投稿者はあまり多くはありませんが、こうしたコメントに返信をすることで視聴者との距離を縮めてエンゲージメント率を高めることができます。

視聴者からのコメントを増やすためには、動画内でコメントを促すことが重要です。

また、ただ「コメントお願いします」というよりも、「~についてどう思いますか?コメントで回答お願いします」と質問形式で伝える方が、視聴者もコメントをしやすくなります。

YouTubeで視聴者とコミュニケーションをとることのメリット

視聴者に身近に感じてもらえる

YouTubeで投稿者が視聴者とコミュニケーションをとることのメリットとしては、視聴者に身近に感じてもらえるという点です。

視聴者に身近に感じてもらうことで、投稿者は様々な恩恵を受けることが可能です。

受けることができる恩恵の例としては、エンゲージメントを高めたり、YouTubeのアルゴリズムの最適化に繋げたりすることもできます。

具体的な内容については、一つ一つ解説します。

エンゲージメント率を高めることができる

視聴者に身近に感じてもらうことで、エンゲージメント率を高めることができます。

これにより、動画に対しての高評価やコメントを多く獲得することができます。

エンゲージメント率を高めることで、商品やサービスなどのPRを行うときにも明確な効果を得やすくなります。

また、こうしたエンゲージメント率の上昇はYouTubeアルゴリズムの最適化にも繋げることができます。

YouTubeアルゴリズムの最適化に繋がる

YouTubeにおいて、多くの高評価やコメントを受け取ることは、アルゴリズムの最適化に繋がります。

アルゴリズムを最適化することで関連動画に多く表示されるようになり、視聴回数の増加に繋げることも可能です。

YouTubeのアルゴリズム最適化の仕組みや方法については~

YouTubeで視聴者とコミュニケーションをとってみよう

今回は、YouTubeにおける視聴者とのコミュニケーションについて解説しました。

この記事を参考に、YouTubeで視聴者とのコミュニケーションをとってみて下さい。

KNOCKtimes‼を運営する株式会社KNOCKは、YouTube500万再生を達成した動画を制作するなどの実績を誇る映像制作会社として、企業専門のYouTubeマーケティングを展開しています。

お問い合わせ